ビワイチ後編。

どもども〜hina8maです。


実際にビワイチ達成してから1週間近く経ちましたがようやく最終日の記事です!
残りわずかな琵琶湖一周を達成すれば後は帰るだけの日なのであまり見所はないかもなのですがお暇な方は是非ご覧になってくださいまし〜。

では最終日行ってみましょ〜。どうぞ!


道の駅びわ湖大橋米プラザにて起床。

寝袋ありゃとりあえず寒さは凌げるし寝れるだろう~って思ってたんですけどね…
もうね、体中むっちゃ痛かったですw

こりゃマット必須ですわ。

 うむ。よい朝日だ。

 お散歩マダムと談笑後バイバイ。

 さあぐるっと回り切りますか!
琵琶湖大橋を横切り…

 市街地へ。

当初は素直に半時計周りに最後まで回ろうと思ってたんですけどこの通りつまらん道なので琵琶湖大橋を渡って、湖東方面に向かい、時計回りでスタート地点に戻る事に。

事前に調べてる時に北湖一周で十分、南は街中で走るのはオススメしないってのをよく見かけたんですけど、その通りでしたねw

大阪方面からの自走ビワイチだと必然的に南湖もちょっと走る事になるからどうせなら全部周ろうぜ〜って思ったけどどうせなら気持ちいい道を走りたいので変更する事にしました。

 いざ渡ります。

 微妙に登り。

 ひゃっほおお。

 渡り切った所で朝食。
またもやピルクル。

 コンビニにこういう用意があるのはさすが琵琶湖。

 さあ初日走った道の反対側を通って進みます。

 雲行きが怪しい。。

 風車。

 こういうまっすぐな道見つけると進みたくなる。
残念ながら進行方向ではないです。

 ひたすら進みます。

 そろそろゴールが近づいてきましたが…

 ここで雨が降って来たので雨宿り。
他の方のブログを見ながら時間つぶし。

今回ほぼ雨具無しの状態だったので都合良く高架下があり助かりましたw

 雨が弱まったので進みます。

 ずっと行きとは逆の反対車線を走っていましたが、ここで湖沿いへ。

 ああ、ここ通ったなあなんて思いながら。

 行きでくぐったトンネルを超えて。

 あと少しだあああ
そして…

 ビワイチ達成!!!

最初にスタート地点に選んだ琵琶湖ホール裏に到着。
たかだか200kmほどの距離でしたがちょっとした達成感に浸り休憩〜。

 さあ帰るまでが遠足なんて言葉がある通り、”自走”ビワイチが目標なので家迄気を抜かず帰りましょう。京都方面へ。

 山間へ。微妙な登りがきっついw

 1号線を進みます。

 俺はもちろんビアンカ派。

 ハァハァ

 ゼェゼェ


し ん ど い

 無事登りきり、下りヒャッハー。
しかしここで事件が…。

泥  ま  み  れ


下りに調子こいて泥の水たまりの上にライドオーン。

こりゃフェンダーも欲しいな…。

 早急に掃除したかったのと、腹減ったのでマクドへ。

 テリヤキ最強だと思うの。

 あら、さっぱり♪

 帰りは観光って気分でもなかったので

グーグルマップ先生に最短ルート検索を依頼。

自転車のルート検索はないので徒歩のルート検索ですが…
無茶なルートで定評のある先生ですが信じて進みます。

 予想通り道幅が狭いw

 が、なぜかここの道ひたすら下りでめっちゃ楽でしたw
そういえば京都から滋賀に入るまで街中も微妙に登りだったの思い出したり。

 トンネルくぐり〜。

 喜びも束の間、登り。

 道端の花に癒されーの。

 これ見ると京都だなぁって思う。

 そして鴨川へ。

 スイスイ〜と川沿いを走り。

 ひたすら道なりに。

 カメエエエェェェェェェ。

 こういう周りに何もないバス停っていいな。

 グイグイ進み。

 大阪が見えて来ました。
しばらく進んだ後は…。

 川沿いへ。

 淀川まで戻って来ました。

 このツーリングのおかげで高槻=電波塔というわけわからん印象にw

 そして何もなくなりましたw

 ひたすらまっすぐな道なので角度を変えて撮影してみました。

 ごろーん。
疲れたので休憩。

河川敷に寝そべるとか青春って感じしません?w

 進んで…。

 さらに進む。
そして…

 市街地へ。
さらにさらに進んで…。

 神崎川沿いへ!
もうちょいだああ

 飛行機見ると兵庫って感じ。
空港が近いですしね。
ほんでほんで…。

 ここをまっすぐ進んで…。

ここを曲がって…。


帰 宅!!


いや〜もう最後はしんどくて写真撮ったり、ゴールを演出したりする余裕がありませんでしたw

返ってシャワー浴びたい、寝たいそれだけでしたww

まあなんにせよ無事自走ビワイチ達成です。


ではではこの旅のまとめ!




走行距離:350kmぐらい。
合計金額:7000円ぐらい。




ワー、ホント適当だーw
マジゴメンナサイ。


まとめるほどデータがないw


とまあすごいグダグダな締めでホント申し訳ない。


以下反省会
および言い訳タイム。


今 回は自炊が出来ない時点で金額については正確なデータ取ろうと思ってなかったのですが、走行距離についてはGPSロガーアプリ使ってました。ログ取って保 存すれば走行データや総走行距離、平均速度やらなんやら色々数値が見れてブログにルート軌跡もサクっと添付出来ると思ってたんですけどん~自分には出来な かった。my trucksというアプリでログ保存してたんですけど、なんていえばいいのか分からないけどすごい使いづらかったな~。
たぶんだけどGoogle Mapとかと連携しようとすると有料版使わないといけないものだったっぽい。しかも1300円高っか。

後々気づいたのですがMy trucksという類似したAndroidアプリと混同してたみたいですw


今回使い勝手一切分かってなかったのでGPSロガーアプリを停車する度に一時停止して、目的地検索する場合Google Mapを起動してと二度手間で電池消費もハンパなかったですw


合計の走行距離や使用金額はまた別ですが、正直その日どのぐらい走ったとかいくら使ったとかブログの読者さんって気になるもんなんですかねぇ。少なくとも僕 は他の方のブログ見てる時にそういうのあんまり気にならない人なので必要性をあんまり感じてないのが正直なとこなんですよね。


ただ走行データのまとめやその日の支出管理はどのみち必要だと思うので僕が楽しく運用出来そうな方法をこれから模索してみます。今ちょっと気になってるアプリがいくつかあるので使ってみてよさそうなら正式に採用、紹介したいと思います。



この通り自分が興味ない事にはすごい適当で、自分が関心のある事には異常な迄にこだわる人です。なので見て下さってる方は温かい目で見守って頂けると幸いです〜。


今回の自走ビワイチをした事により自分にとって必要なもの、不必要なものというのが少し見えて来た気がしますので価値あるツーリング経験になったと思います。


ブログ更新に関しても自分のスタイルだとリアルタイム更新は厳しそうだなぁ…。
次回ツーリングではPC持参してやってみよかな。何事もチャレンジすな。



ブログランキングに参加しています。
応援して頂ける方は是非クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

4 コメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは、お久しぶりです。
    琵琶湖一周ことビワイチ達成おめでとうございます&お疲れ様でした!
    いちいちコメント残すより最後に残そうかなと思って後編が投稿されるのを待っておりました。
    実は、僕の行ったビワイチは国道中心でビワイチした感が薄いのです。あれは多分モドキです。本格ビワイチいいないいな~!
    あと、琵琶湖大橋って何気に斜度がキツイと思うのですよね。琵琶湖周辺がイージーな地形なので琵琶湖大橋が一番しんどかったです(ー_ー)!!
    カメエエエェェェェェェといい、ビアンカの件といい話が合いそうです^^
    これから寒くなっていきますが、スタートに向けてお互いがんばっていきましょう!!

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: b393d0eb33996dce6e1136055dd21669
    ビワイチ達成おめでとうございます。
    自分も以前に京都まで自転車で行った際に琵琶湖の南側を少しだけ走った事がありますがその大きさに驚いた覚えがありますね。
    そして自分もどこか、練習兼ねてツーリングに行ってみたくなりました。

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >たけもさん
    ありがとうございます〜!
    更新が遅くなって申し訳ないです〜。
    たけもさんもビワイチ達成されてたんですね〜、やっぱり近県にお住まいの方やりたくなっちゃいますよね♪
    琵琶湖大橋斜度ありましたね〜(汗)周辺は横風で煽られまくりましたw
    小学校の頃スーファミRPG全盛でしたからね (´ー`*)
    急激に最近寒くなりましたし、たけもさんお身体を気をつけてくださいませ!

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >マエダさん
    ありがとうございますー!
    僕も実際に走ってちょっと驚きました、そして舐めてましたw
    自分は来月も泊まりでツーリングを計画しておりますので、是非マエダさんもチャレンジして見て来て下さい♪
    あのカッコいいランドナーの旅の様子見てみたいです!

    返信削除