かやぶきの里へ - 後編 -

普通に歩けるってこんなに幸せな事なんだ。
いつもいつも後になって気づく大馬鹿者のお話。








どうも、hina8maです。





まず始めに自分の脚についてTwitter、Facebook経由でご心配おかけして大変申し訳ありませんでした。ならびにアドバイス頂いた方ありがとうございます!
おかげさまで現在は痛みも引いて普通に歩けるようになりました!




お話していた通りツーリングから帰って来た翌日から仕事でした。
朝はめちゃくちゃ筋肉張ってるなーって感じでヨロヨロしながら通勤してたんですが、会社について昼間ぐらいから脚が疼き出して帰る頃にはうめき声上げながらじゃないと歩けなくなり、挙げ句の果てに帰宅した頃には大声で喚かないと着替えすら出来ないような状態になってしまいました…。




最終的に患部を冷やす事で痛みが引いたので行くか迷ったんですけど、次の休みに入ったので整形外科に行った所、腸脛靭帯炎と診断されました。
長距離ランナーやサイクリストがよく故障する箇所みたいです。




腸脛靭帯炎の主な原因はオーバーユース(使い過ぎ)が多く、元々の人体構造上なりやすい人もいるようです。例えば太腿の裏側の筋肉(ハムストリング)やアキレス腱が硬かったり、太腿の筋肉自体が弱かったりする人もなりやすいみたいです。
僕の場合、元々成長期に両脚のアキレス腱断裂しているので人よりかなりアキレス腱は堅く、当日はかなり太腿が張ってましたし痛めてしまったようです。







この症状の怖い所は完治まではしっかりと休養を取らないといけないのはもちろんの事、負担のかかる動きをしている場合、それを改善しないとまた再発してしまうらしいんです。
俗にいう癖になるというやつでしょうか。
医師の診断では1ヶ月ほど極度に不可のかかる運動は控えなさいとの事。
痛みが出た場合は患部を冷やし、日頃からストレッチをするように指示されました。



皆さんは大丈夫だと思いますが無理しないようにしてくださいね。









それでは本編にいってみましょう。
京都美山町のかやぶきの里を目指すツーリング二日目。
往復160kmの行程なので半分は進んでおきたい所だったのに、前日50kmほどしか進めていなかったので朝から焦っております。




 起床は4:30頃
やっぱり朝方は冷え込みますね…。

 道の駅が完全に消灯するまでの時間にはもう就寝していたので気づきませんでしたが、あたり一面真っ暗で何も見えませんでした。ランタンの灯りがこんなに明るく感じるとは…

グローブの中にカイロを仕込みます。

 まだ月が出ております。

ちゃんと学べよって話なんですけど、時間がないので朝飯代わりに糖分摂取。


5:30頃出発です!


 道の駅から出るとすぐに雪景色へと変わってゆきます。

 真っすぐと伸びる木が多い気がします。

 川が綺麗ですね〜。

 こんな格好で走ってました。
うーん、今思えばやっぱり薄着だったのかな…。

 ダラダラと坂が続きます。
今朝起きた段階では太腿が張ってるなーぐらいで漕げる事が嬉しくてなんとか軽い登りも自転車に乗ったまま来てたのですがこの時点で力入りなくなり断念。

 しばらく進むとトンネルがあり

 ログ喫茶の看板が…
このペースだとかやぶきの里では食事は昼ぐらいになりそうだしここで食事を頂こうと考えます。



すぐそこ左って書いてあったのでこの道かー!って曲がったら…


 鹿!?

 見づらいかもしれませんが実は2匹ほど画像の中に隠れてます。見つけれますか?
曲がったらいきなり2匹道端まで下りてきてて、僕を見つけるは否やすごいスピードで山の中に入っていかれたのでまともに撮影できませんでしたw
やっぱり走行中はズームレンズ付けたほうがいいですね。


しかし京都にも鹿いるんだなぁ。
ちなみに後で調べた所、数年前にかやぶきの里周辺での出没例もいくつかあると知って、帰ってから恐怖に震えました。

 凍ってるよ…一体何℃なんだろう。

 結構頑張ってきたおかげで残り16km!
この道を曲がってからより一層雪景色。

しばらく歩くと結局ないじゃん!って思ってたログ喫茶を発見!!

しかし看板を見ると営業日が毎週金土日、よしクリア!
営業時間は…9:00から…か…。現在時刻が8:15。うーんここで動かず45分はキツイ。
断念しようとした所、なんと車でこのログ喫茶の関係車と思われる男性が!



なんか食べたいん?と聞いて下さり、はいと答えると、じゃあ営業開始まで中で暖まっていいよと行ってくださいました…。ご厚意に甘えてお邪魔させて頂きました!

 こちらのログ喫茶を実際に作られたお父さん!(名前お聞きしてませんでした…)
ちなみにご子息様と二人でこの立派なログ喫茶を立てられたらしいです…すごい。
調理はお嬢様が行われるようで、出勤されるまで薪を焼べる様子を見学させて頂きます。


 とてもあったか〜いです。
暖を取るとはまさにこの事。

開店までは最近の林業のお話や、建てる時の秘話なので色々と楽しいお話を聞かせて頂きあっという間に時間が過ぎて行きました。

 店内に置いてある小物や照明が可愛いですねー♪

 このテーブルの天板っていくらだと思いますか?
これは現在の相場だと5000円程度になってしまうそうです…。
昔は何万円もしていたのに売れないから、どうしても安くなってしまうそうです。


山を持っている人は昔は大金持ちのイメージがあったそうですが、木を切っても最近は全然値がつかないので大変だと仰ってました。中には現在でも高値で取引されている木材とはもあるらしいので一概には言えないらしいですが。

これは建てた後チェーンソーでぶった切ったらしいですw
すごいですねぇ。





 店内もとても可愛らしいですね〜
ちなみに外の建物ですが4名以上の団体用の座敷だそうです。
全部二人で作ったのだからすごいですよね。



さてそろそろ9:00 開店です!

 お客さん(また名前を…)
奇遇にも、同じ軟式テニスをずっとやってきてて意気投合しました。
ずっと実業団でやってこられたらしく僕なんかよりだいぶ長いキャリアです!
僕はインハイで負けて大学の特待取れなかったので中高の6年程度ですが、今思えばどこかで続けていればこんなに体力がなくなる事もなかったんでしょうかねw
それにしても30年以上続けてこられたというのはすごいですね。

 モーニングセット
トーストにサラダフルーツゆで卵がついてきました。

 ゆで卵半熟とか最高でしょ。
固ゆでだと思ってたので嬉しい誤算!

 1日15食限定のワッフルが名物らしいのでワッフルパフェを注文!


うめえ…もううますぎて無言で黙々と食らいついてました…。
ワッフルとフルーツの上にブルーベリーソースがかかっててうんまい。

 ワッフルも焼きたてでサクサクしてました。
あまーいのもいいですが控えめの素朴な味もいいですねえ。

 先ほどのお父さんのお嬢様、この店を切り盛りされている方です。
16年間開店してからずっとお店に立っておられ、開店から今に至るまでの歴史をお話頂きました。





元々このかやぶきの里に続く道はお店の開店1年前に開通したそうです。
それまでは別の道でしかいけなかったらしく、その道は非常に交通便が悪かったそう。
当時、街一丸となってこのお店の開店祝いのイベントがあり、とてもキラキラした目でお話されているのを聞いてなんかほっこりしましたw





開店してすぐだったのでご飯が炊けてないけど、炊けてたらおにぎり握ってあげれたのにね、って言って下さって嬉しかったなぁ。




身体も暖まり腹も満たされたので、10:15 出発です!

 本当にありがとうございました!




ログ喫茶かぐら



 とても良いお店でした。
また来たいなと思ったのですが、ここまででこの有様ですしまた来ます!とは言えなかったのが残念でした。夏のかやぶきの里も素敵でしょうし、もし来られる方は是非立ち寄ってみて下さい。昼間であればカレーやハンバーグ定食なども頂けますので。
バイク乗りの方は特にオススメです!




さてここで嬉しい?誤算が。
どうやら進んですぐのトンネルを抜けたら後はずーっと下りみたいなもんと聞いていたので一気に行きたい所です。もしずっと下りなら帰り…は今は考えないでおきましょうw



 このトンネルですね。

 下りだぜー!

 あれ…?

それほど下りばかりでもありませんでしたw
ほぼ平坦な道ですが山里へ向かう訳なので若干登りなんですよね…。
ひーひー言いながら進みます。

 うん、後少しだ!

 畑でしょうか、一面雪です。

 除雪して頂いているおかげで道には積もってません。
道端はすごい事になってます。

真っ白な雪山もいいですが、木々に積もった感じもまたいいですねえ。

 空気が澄んで気持ちいい。

淡々と語ってますが、割とこの辺不安でした。
さっきの看板以降全く看板がなく、1本道進んでるつもりだったんですがクソ方向音痴な僕は不安になる訳ですよ。なのにこの時点で携帯の電話なくなってたのでもう怖くて怖くて。



それでも道なりだろうと信じて進みます。
そして…


 11:45 かやぶきの里 到着!!!!!

うえええええ、疲れたー…。


 一面雪です!

 かやぶきじゃない家も趣がありますねぇ。

 既に雪だるまがw

 かまくらまで。

 お店までかやぶき屋根!

 観光案内。割とアバウト。

 ちっちゃw
火に弱い建物なので万が一火災発生した場合、この放水銃は非常に重要らしいです。

 当たり前ですけど、普通に人が住んでる民家なんですよねー。

 ほうほう。

 ほう。この緑色のってなんでしょう。苔?

 こういう建物って雨漏り防止の為急勾配に作られている事が多いらしく、そこまで屋根には雪は積もってないですね。

 寒いのによく頑張るね。

 この時間帯は日が出ておらず非常に寒かった。

つ☆ら☆ら


たぶん人生初めてじゃないかなぁ。
ちっちゃいつららでしたがこの時一時的にテンション急上昇↗

 ぽつんと立ってる枯れ木は存在感がありますね。

 川も流れ

 橋もあります。

 結構積もってる家もありましたねw
雪の重みは大丈夫なんでしょうか…。

 なんだろうこれ。
地元の事聞ける方がほとんど外におられずわからずじまい。

 しっかし積もってますねぇ。
事前に電話したら50cmぐらいしか積もってないですよーとか言ってたんですがもっとあるんじゃねーかな。

 よう、サンタ。
忘れてたわ。

 お望み通り沈めてやるぜ!
サンタはほっといて観光観光。

 えーと神社に続く道です…。
おそらくここは階段なんでしょう。

 え…。

転倒に注意しつつ登りやす。

 帰りはここを下りるのか…。
こえー。

 これ神社や寺でよく見かけるんですけど、要するに関係者の名前が並んでるって解釈でいいのだろうか。

 そして八幡神社へ!
雪、趣のある建物、木々、素晴らしいマッチングです。

 こいつはどこにでもいるなw

 oh…

もうべちょべちょです。
しかも替えの靴下持ってないし、ああつらい。

 なんか封印でもされてるんでしょうか。

 神社に一人、空気も澄んでて少し気持ちが落ち着きました。

 まあ案の定帰り尻餅ついて落ち着いた気持ちはぶっ飛んでいきましたがねw
ここでケガはほんとシャレにならんw
慎重に下ります。
 
 ここで立派なつらら。
きれいだなぁ。
 再びかやぶき屋根を愛でる作業へ。

 黙祷っ…!

 道はそんなに広くないですね。

 雪の中にあるとなんでもない木や切り株も特別に見える気がします。

 この三角部分は妻飾といういうらしいです。

 あれはなんだろう。
農作業につかうものでしょうか。
帰ってから気付いたんですけど、美山民俗資料館に立ち寄れなかったんですよね…。
時間的にもカメラの電池的な意味でも。

まさに山里にふさわしい景観です。

 当然こういう生活配線もあるんですね。
てっきり地下配線でもしてるのかと思ってました。

 これで夜は照らすようです。
これが非常に心残りの一つです。やっぱりライトアップされた家屋や町並みを撮影したかったってのがあったので当初は前日中に到着したいと思ってたんですよね…。

 道中みかけましたがこの地域担当の郵便局員さんは大変ですね。

 周りに足跡ないよね…。どうやったんだろう。
以前作ったものがそのまま残り続けてるのか。

 そろそろ帰りましょうかね。

 藁でしょうか。
 ベンチにも積もってたので座って休む事もできませんでした。





さあ帰ろうか。




この時点で13:00
1時間ほどの滞在でした。
ちなみに前日までにかかった時間を計算すると本当にヤバイんじゃないかと焦ってました。





割合でいうとたぶん下りが多いとはいえ、 この時点で帰宅は0:00過ぎる事を覚悟しておりました。




それにしてもこんな寒い時期にここまで来れたんだなぁ。
これはどういう内容だったにしろ自信になりました。




とここでこの記事は終わらせます。
ちょっと長くなり過ぎちゃったので最後は-帰宅編-と銘打ってこの京都美山町のかやぶきの里を目指したツーリング記事完結とさせて頂きます。ある意味反省編とでも言うべきか。
とにかくこの後からは地獄でした。
お見苦しい内容が続くと思いますが宜しければ次回記事も一読頂けると幸いです。





それではまた!




<最後に>
最後までご覧頂いてありがとうございます。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになりますのでご協力頂けるととても嬉しいです。
スマホの方はお手数ですがBlog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。

10 コメント:

  1. こんにちは~\(^o^)/

    完治まで1か月って大丈夫ですか?でも、ケガのクセがついては走れないのでお大事にしてください。
    旅の途中に会いたいですし、名刺も欲しいですしヽ(^o^)丿

    やはり美山町は雪がすごい!50cmくらいって”くらい”って単語を使う積雪量じゃないですね(笑)
    雪が乗っている状態のかやぶき屋根を写真上だけですが楽しめました。ありがとうございます。
    帰宅+反省編も楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. >たけもさん

      もう痛み自体は引いているので大丈夫ですよ♪
      お医者さんに状況お伝えした所ちょっと無茶し過ぎだから同じような事は1ヶ月ぐらいするなと言われただけなので、癖付かないようにだけ注意ですね〜。

      うん、僕も50cmくらいとかちょっと感覚が違うなと驚きましたww
      夏は夏ですごい景色良さそうなので興味わいたら是非行ってみて下さい!

      ほんと次回はひどい内容になるので恐る恐るup致します。

      削除
  2. 初コメントです!!

    かやぶきの里、美山までのサイクリングお疲れ様でした。
    かやぶきの屋根と雪景色、1度訪れたくなっちゃいました(笑)
    日本1周までお体のケアも大事にして、準備も頑張ってください。

    ブログリンクさせていただきました。
    自分は4月末から愛知県から自転車日本1周予定なので旅先でお会いできたら嬉しいです(●^o^●)


    返信削除
    返信
    1. >ゆーたさん

      初めまして!
      アキラさんのBlog通じて以前から存じ上げておりました。
      道中でケガに見舞われ大変だったようですが…同じ2014年組として日本を回れる事を嬉しく思います。

      お互い身体には気をつけて是非元気な姿でお会いしましょう♪

      リンクありがとうございました!
      当方のBlogにもリンクさせて頂きましたので正しく反映されているかご確認願います。

      削除
  3. こんばんは。
    やはり冬の美山町は大雪ですね。  
    日本一周中で近く通る事があれば、今度はゆっくり訪問してください。

    膝の具合はいかがですか?
    長丁場が控えているので、無理なさらずゆっくり直しましょう。
    痛みの原因はさまざまですが、僕なりに分かる事お伝えします。

    原因1.ポジションの問題(サドルの高さ)
    --
    サドルの高さを確認してください。
    低いサドルの高さでは、膝に負担がかかりやすくなります。
    その状態でペダルをこぐ運動を繰り返すことで、膝に痛みが出てきます。
    膝にかかる負担を少しでも小さくするため、サドルに座った状態でペダルを一番下の位置にした時に、
    膝が少し曲がっているくらいのサドルの高さだと痛みがでにくくなります。


    原因2.ギアの選択
    -- 
    平地を走る時に重いギアでこいでいないですか?
    太ももが張ってくるくらいの大きな力でペダルをこぐと、膝に大きな負担がかかってしまいます。
    すすむ距離は遅くなりますがそんな時は、一段軽めのギアを選んで足をクルクルと回すようにすると、
    膝への負担がかなり軽減されます。坂道走行はもちろん、平地走行でも少し軽めのギアを選択する
    ことが大切です。


    原因3.荷物の重量とバランス
    --
    自転車の前輪が持ち上がってるぐらいですからかなりバランスが悪いです。
    後ろが重いので漕ぐとき前側の膝にきます。Fキャリア付ける予定なので前後バランス比重を
    均等にしましょう。全体が重くても楽に漕げる様になります。

    後、できれば引き足が使える様、ペダルにトゥクリップか何か付けた方がいいかと思います。


    返信削除
    返信
    1. >HYさん

      いやー、すごい雪でした。
      でも本当にひどい時は道すら積雪状態で進めないよとログ喫茶のお客様に言われてまだマシだったのかなぁって感じです…w

      歩行する分に関してはほぼ痛み無しですがストレッチの際に捻る運動になると違和感がありますね。脚組むのとかしばらくしないほうが良さそうです。


      原因1.ポジションの問題(サドルの高さ)
      --
      これついては全く疑いもなく乗ってたのですが、もう一度改めて調整した方が良さそうですね。サドルポジションでどれぐらい変わるかももう一度ちゃんと確かめたいと思います。

      原因2.ギアの選択
      --
      初日前半の平地は割と重いギアを選択してましたね。気付いてそこから軽いギアにしても時既に遅しといった感じでした。初日は全体的に適切なギアを選択する意識が欠けていたように思います。二日目の疲弊しきった段階で色々試行錯誤した結果大幅に改善されて時間短縮が出来た為、なんとか目標時間までに帰宅出来たのですが、その時点での身体状況を無視して進行したため故障に繋がったのかなと思いました…。


      原因3.荷物の重量とバランス
      --
      これも僕の想像以上に膝への負担に繋がっていたみたいです。荷をまとめる際は体積が小さく重量が重いもの等は積極的にパニアに入れるようにしてバランスよくしてみます。

      転倒を恐れてとりあえずビンディングは今回辞めとこうと思ってたんですけど、多少なりとも引き足が使えたらいいなと思うシーンが何度もあったので前向きに導入検討してみます。


      たくさんの助言ありがとうございます!
      帰宅編はおそらく自転車の漕ぎ方について生まれて初めて真剣に考えた一日になったと思います。

      削除

    2. ビンディイングもどきでいいのがあります。
      2014年組さんのブログのコメントで紹介されていたPowerGripsです。
      僕自身、これを付けて乗っていますが、
      SPDなみに引き足が使え着脱も簡単で転倒は皆無です。
      それに、特別な靴を用意する必要がなく、普通の靴が使えます
      。デメリットはベルトなので靴の大きさによって調整が必要なことぐらいです
      SPDが普及する前は結構つかわれたんですけど,今は風前の灯です。
      でも、サイクリストにはもってこいです
      物があるので一度お試しあれ、UNPEUさんに届けておきますね。

      削除
    3. >HYさん

      PowerGrips良さそうですね!
      これならば今履いている靴でも気にせずに引き足が使えそうですし。

      本当に色々とお力添えありがとうございますm(_ _)m
      今週か遅くとも来週中にはUENPUさんへ足を運ぼうと思っていたのでその際に一度試してみますね!

      削除
  4. こんにちは~(*´▽`)ノ

    どうやら帰ってきた後とても大変だったようですね…
    旅の出発に支障が出ないことを心より祈ります。

    冬の美山町はとても美しいですね。
    hina8maさんの写真の腕もあってさらに綺麗に見えます。
    ベンチにも雪が積もって休めないってww
    こんな冬の中に山に入る根性が自分にも欲しいです(≧▽≦) 

    返信削除
    返信
    1. >タリジさん

      いやー自業自得ですが色々大変でしたw

      読者の方に美しい町並みは伝わったのか心配です…。
      正直後で見返すとあまり納得いっていないのが本音です。
      広角寄りの写真が苦手みたいでまだまだ勉強が必要です…。

      まさに根性だけで往復しましたが、余裕がなさ過ぎたので、
      タリジさんは是非計画的な楽しい旅を送ってください♪

      削除