【10日目】橋杭岩の日の出…そして旅中断へ

この日人生で一番泣いたかも知れないです。
旅に出るととても涙もろくなる気がします。








どうも、hina8maです。





ようやく実際に旅をしていた期間と、Blogの記事更新が追いつきました。
中断を余儀なくされた事はとてもしんどい出来事でしたが、ここで中断した事は良かったと思えるように頑張って行きたいと思います。





それでは10日目の様子をどうぞ。



道の駅「くしもと橋杭岩」にてかなさんとともに起床

夜明け前に起床

空の青色と水平線の紅色のコントラストが綺麗です。
ちょっと補正かけました。
そして…

日が昇ってきました

丸い丸い太陽です

徐々に昇ってゆくに連れて辺りが照らされていきます

鳥も気持ちよさそうですね

改めて紹介するとここは「橋杭岩」

道の駅の目の前なので夕日、朝日の撮影もしやすくいい場所だなと思いました。

ひさしぶりに良い構図だと思えた写真です

太陽の光が海に反射して真っすぐの道のようになってます。
手前の岩や、船のシルエットがより太陽の色を強調してくれてる気がします。
無加工、無補正です。

別写真ですが軽く補正かけるとこういう絵になるのでこれはこれで好きなんですけどね


今回の記事の冒頭にも使っているこの画像は編集ありの写真を採用してみました。
みなさんはどっちが好きですか?


僕はやはり極力いじらない方が好きだなと旅に出て改めて思いました
でも後で見返すとこんなに色だったかなぁと思う事も多々あります。


記憶色という言葉があるそうです。
空は青、桜はピンク、りんごは赤、この辺りはよく使われる例えですが
イメージを元に記憶する事みたいなもんらしいです。
人間は目で見た後、記憶するのは脳ですからね。


僕の脳内ではすごく感動的な景色として記憶されているので実際カメラが捉えた絵を見ると違和感を感じる事が多々あります。これが記憶色の影響なのかなと思ってます。


僕は補正を加えた時点である程度綺麗な写真に作りかえてしまう事が出来ると感じてしまったので、手を加えずに良し!と思える写真撮影を頑張っていきたいと思いました。
たまに時間に余裕がある時とか、補正をかけるとより映える写真だなと思ったらちょくちょくお遊びでやるとは思うので、手加えた時はその都度そう書くと思いますー。


長々となりましたがそんな感じで今後も撮影していきますので宜しくお願いします。
旅が終わる頃には使いこなせてるといいなぁ、D200。





朝日に照らされて橋杭岩がようやくしっかりと見えてきました

天然記念物だけあってすごい存在感ですね

かなさんも撮影に夢中

名前なんだったかな?かなさんがこれ食べれるよって教えてくれました

採ろうと思ったらすごくへばりついてて無理でしたw

旅人の天敵発見
 
朝朝食の準備に取りましょう

僕が元々チーズを持っていて、かなさんがいちごジャムを持っていました
これを組み合わせるとうまいっすよとかなさんが言う。


まさかーと思って作ってみたんですが

これがまた最高なんですよね

うまいの一言
とろーりチーズにイチゴの甘みの組み合わせがなんとも良いマッチング。

ハムチーズも

安定してまっす。

太陽もだいぶ昇ってもうすっかり朝です

かなさんの自転車

すごくすっきりとしたカッコイイ自転車

ビンディングシューズかな

かなさんはとにかく装備が走る事を目的とした装備に見えました
出会うチャリダーさんがガチっぽい人ばかりで頑張らねばと気が引き締まりました。

僕も違う意味でガチな装備になってきました

今日から荷物の積み方を変更です
以前の積み方だとリアの荷物が荷台の前方へはみ出るような状態で積載していたので、ペダルがかかとでしか踏めずにかなり漕ぎづらかったんですよねー。
これでなんとか普通に漕げるので疲労が溜まりにくくなる事を期待!

かなさんとお別れした後はバナナをむさぼりながら、道の駅でまったり

パシャパシャと橋杭岩を撮影

さあ、出発しようか
が、その前にやらないといけない事がある

Twitterでつぶやいてたんですけど、実は昨晩寝袋をどこかで落としてしまいました
春先とはいえ、和歌山の夜はかなり冷え込むので正直かなりキツかったです。

かなさんが持っておられたエマージェンシーシートを頂く事ができ、
なんとか身体を包んでテント内で震えながら就寝しましたが、目が覚めまくりました。
もう思い当たりの場所言えばあそこしかありません。

昨日潮岬を目指して一度荷物を下ろしたこの場所ですね

4kmほど戻りこの場所まで戻ってきましたが、残念ながらありませんでした…
情けない事に疲労困憊状態だったのでどこでなくしたかの記憶が一切なく、さらにテントと寝袋は雨に濡れてしまわぬように、バイク用のカバーの中に包んでいたので写真とか見返すだけではその中に寝袋が入っているのかどうか判別が出来ないんですよね。


意気消沈で進行方向である道の駅「くしもと橋杭岩」へ戻ります

紫芋ソフト300円

気落ちしてしまってたので奮発して甘いものを購入します
ああ…チャリダーさんがソフトクリーム食べるの分かるわ…うまい。


もう今日は気が乗らなかったので停滞する事を決めました
橋杭岩の夕日も撮れるしと思い、休憩室でBlog更新作業してたんですが
あまりにも疲れがたまっていていつの間にか寝てしまってました。



その後、昨晩にお会いした男性とたまたま再会しまぐろの串焼きをご馳走になりました

この出会いがなければ僕の旅の再会はもっと先延ばしになっていたと思います…。

元気いっぱいの子供達ともふれあい頑張ろうと思っていた所でした
 
ご厚意で潮岬まで車で連れて行ってあげると仰って頂きました

先日いけなかったし、すごく嬉しくて気分がすごく晴れてたんですが…
ここで貴重品を手元にちゃんと持っておくようにと言われまして、なかなか見つからなかったので結局荷物は自転車以外全部車に乗せて頂ける事に


ただすぐ見つからなかった事が妙に嫌な予感がしてかばんを探すも見つからず…
お詫びし一度戻って頂き、道の駅の周辺や、従業員の方に聞いて回っても見つからなかったので本格的ヤバいと思い始めます。


先ほどソフトクリームを購入した時には確かにありました
間違いなく休憩室で寝てしまっている間だと気付きました。


一度雨天走行で濡れてから札が全部濡れて使い物にならなくなってしまい、それが嫌で防水のポーチに入れてたんですよね。少しサイズが大きめだったのでポケットとかにも入らないのでフロントバッグの中に入れてたんですがこれがいけませんでした。


もちろん自席の椅子にバッグを外して持ち込みはしてたんですが、後から写真を見返すとかばんの口が閉まりきっていなかったので、あれでは簡単に抜く事が出来たでしょうね
もう自分の管理体制が甘過ぎて情けない限りでした
最近すごく暖かい方と触れ合って来ていたので気持ちが緩みきっていました。


現金はもちろん痛いですが、それ以上に身分証類がすべてなくなってしまったのがどうにも困り果ててしまい、ひとまず警察へ届け出て、カード類の停止手続きを取り再度休憩室へ戻ります。お世話になった男性とはここで別れ休憩室で途方に暮れました。


現時点では手元にあるお金は0円。スタートした兵庫からここまでの距離が約400km。
どんなに急いで自転車で帰っても1週間は僕ならかかるでしょう。
手元にある食材だけで戻れるかギリギリの状態でした。
それでももう自走で帰るしかないと思っていたのですが、もう一度串本まで戻って来れるまでに時間がかかり過ぎて、正直旅の再会自体厳しいかもとこの時には思っていました。
猫の預かり期間なども予め決まっていましたので…。


ひとまず故障したソーラー発電の機会を送り返すと約束していたHYさんへ電話した際に励ましの言葉をもらい、情けないのですが泣いてしまいました。その後からもうずーっと下向いて泣いてしまってたと思います。悔しかったり情けなかったり、これからだというタイミングで寝袋もなくして、お金もなくしてどうしようって頭が真っ白でした。


その時電話の会話内容を聞いていた、若い男性と女性のグループが1万円を差し出してくれました。本当に頂けるとありがたいタイミングで、喉から手が出るぐらい欲しかったけど反射的にどうしても受け取れないとお断りしてしまいました。断り方が失礼だったかなと申し訳ない気持ちになっていました。


するとお金が無理なのであれば…と食料を頂きました。
本当にその気持ちが嬉しくてまた泣いてしまいそうでした。



とにかくもう自走で帰るしかないと準備を進めていた時に、
潮岬へ連れて行ってくれようとした男性が戻ってこられ、お金は貸してあげるから電車で一度戻りなさいと行って頂きました。お金を借りる事自体もちろん良い行いではありませんが、もうご厚意に甘えさせて頂く事にしました。



道の駅の目の前にある民宿の方にも話を通して頂き自転車まで預かって頂ける事に。

坂田さんという方です

この方がお力添えがなければこんなに早く再出発に向けて動くできませんでした
連絡先を交換し、戻ってきた際にはご連絡をしてお金はお返しする予定です
もしお仕事中で連絡が撮れなくても、自転車をお預けしている民宿の方へ渡しておいてもらえれば良いと言って頂けました。昨日今日会ったばかりの僕みたいな素性も知れない人間を信用して頂けてとても嬉しかったです。



順調に行けば今頃一緒の場所でテントを張ってお話出来たであろう五十嵐さん

かなさんから日本一周チャリダーさんがこちらに向かっていると聞いていたので、お会いできるのを楽しみにしていたのですが、もう兵庫へ向けて戻る直前だったのであまり話が出来なかったです。


五十嵐さん日本のどこかでお会いできたらまたその時にゆっくり話しましょう!

坂田さんが二人に暖かいうどんをご馳走して下さいました
本当にありがとうございます。

民宿の大将

自転車を快く預かって頂いてます
もう色んな方にご迷惑おかけして申し訳ない気持ちでいっぱいです。



この後は帰りの電車の中で盗難にあったとの事で保険が適応出来るだろうからと友人が連絡をくれたり、兵庫に着いてからは知人が寝る場所を提供してくれたり、先輩がおいしいご飯をご馳走してくれたり、綺麗な銭湯へ連れて行ってくれたりと色んな方の手助けを頂きました



今現在は先輩宅でお世話になってこのBlogの更新中です。
中断中の事も記事にしようかとも思いましたが、実際の旅には関係のない事が多いですし、かなり精神的に参っていたのでこの期間の話は無しにしておきます。
世の中色んな方がいますが、ほとんどの方にとても優しくして頂いてもう一度前向きに、旅を頑張ろうという気持ちにさせてもらえました。




この後荷物をまとめて、大阪での用事を本日中に済ませた後、
明日4/14に、旅を再開しようと思っています。




応援して下さった方々本当にありがとうございます。
また明日から元気に旅して行きますので今後とも宜しくお願い致します!




 <最後に>
最後までご覧頂いてありがとうございます。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになりますのでご協力頂けるととても嬉しいです。
スマホの方はお手数ですがBlog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。 

21 コメント:

  1. 寝袋や財布の紛失は災難でしたね。でもその後素晴らしい出会いに恵まれ旅の再開にこぎつける事が出来たようで、本当によかったですね。拝読していてこちらまで心が温かくなりました。
    ここまでの旅で荷物の積み方や管理、気の持ちようなども含めかなり引き締まった感じになったのではないでしょうか。
    仕切り直しの今度こそきっと最高の旅になると確信しています。応援しています。

    返信削除
    返信
    1. >ビート★さん

      そうですね。かなり精神的にキツい出来事ではありましたが、暖かい方々のおかげで再開を迎える事が出来ました。

      10日程度とは言え大分感覚は掴めて来ました。この停滞期間に考えた策も合わせて講じて、良い旅にして行きたいなと思います!

      削除
  2. こんばんは。きっとできるです。
    明日の再開ということで本当におめでとうございます。
    これまでの事を活かして良い旅をされることを心より願って楽しみにしております。
    僕は修正有り無し関わらず、hina8maさんの写真はセンス良く温かい感じが良いと思いますよッ!
    今度、撮り方教えてくださいねッ(^^);
    特に食べ物の写真はメッチャ美味しそうに見えるッ!!←アッそこ違ったかなぁ
    明日から体力限界にならない無理しないペースで楽しい旅を過ごしてくださいねッ。

    返信削除
    返信
    1. >きっとできるさん

      Twitterではルートの助言や励ましの言葉をいただきありがとうございました。

      そんなにお褒め頂けるとは恐縮です。お教え出来るほどではないですが、写真やカメラの話は好きなので是非是非(*^^*)

      食べ物の時だけ実は単焦点レンズに変えてたりしますー。
      ただ無駄にぼかし過ぎる傾向にあるのでこれからの課題ですw

      大分自分の身体の事もわかって来ましたし、無理せず頑張りますねー!

      削除
  3. こんばんは、前職で若干お世話したK北です♪
    ほんの数日で、酸いも甘いも濃いぃ実体験したようで。
    でも、いい顔して旅をしてるから、みんな助けてくれるんだろうね。
    人はいつでも再出発できるんだー! 気を付けて、素敵な旅を続けてね。

    返信削除
    返信
    1. >K北さん

      おはようございます!
      当時は本当に色々とお世話になりました!!

      その数日間でかなり心を揺さぶられました。でも暖かい人のおかげで気持ち新たに頑張ろうと思えました。

      これからも頑張って良い旅にしていきたいと思います!

      削除
  4. こんばんは~(`・ω・´)ゞ
    寝袋紛失、盗難と立て続けにトラブルが起きてましたが、無事旅の再開ができるようで本当によかったです!!
    本当にやさしい方に出会えてよかったですね。
    坂田さんは潮岬周辺で自分も会ってお世話になりました。
    まさかhina8maさんとも出会っているとはw
    橋杭岩の朝日はとても綺麗ですね。
    自分は補正ありの方が好きですね

    返信削除
    返信
    1. >タリジさん

      再開出来る運びになり僕も嬉しく思います(*^^*)

      その話を聞いて思い出した!
      どこかでお見かけした顔だなと思っていたのですが、タリジさんのBlogでしたw
      世の中狭いですねー。

      優しい皆様のおかげでまた笑顔で旅が続けられそうです。

      補正ありがやはり良いと思う方が多いですよねー。
      んーやり過ぎない程度にこれからもやってみようかな…。

      削除
  5. 寝袋と財布か、今後の課題になるよね(・ω・;)
    財布肌身離さすで、寝袋は…
    ってか寝袋とってどーすんのと言いたいね。

    このブログ見ていると、日本人もまだまだすてたもんじゃないってのがよくわかる。
    課題は多いけど、すこし

    返信削除
  6. づつ前進して目指してほしいなと思う。

    あと、写真は補正ありのがいいかなぁ

    返信削除
    返信
    1. >有角幻夜さん

      財布は常に肌身離さずで寝袋はそのまま自転車に括りつけたりは極力しないでおこうと思います。

      ホント出会う人はあったかい人ばかりでした…。

      これまでの経験を生かし少しずつ確実に前に進みたいと思います!

      補正あり派多いですねw

      削除
  7. いよいよ明日再開ですね
    開始してすぐに嫌な出来事もありましたが
    多くの優しい人に出会った事もいい思い出になるでしょうね!

    これからまた素敵な旅が出来る事でしょう
    (^3^)/頑張っていきまっしょい

    返信削除
    返信
    1. > そっぴーさん

      今現在串本に向かう電車の中になります。という事でいよいよ今日からですねー。

      ホント心優しい方々のおかげで今日を迎えられてるんだと実感しています!

      素敵な旅になるようこれからも頑張ります♪

      削除
  8. 旅再開ですねー!
    辛い事があった分これからの楽しい事は何倍も楽しく感じられると思いますよ!
    防犯しないといけないって事もhina8maさんの事件を見た僕を含めたたくさんの人が改めて認識したと思います。
    前向きに日本一周に向かっていきましょうねー(`・ω・´)

    返信削除
    返信
    1. >ひょくさん

      そうですねー。
      苦い経験でしたが、これも必要な経験だったと思えるようにこれから頑張ります!

      今年の旅人さんが盗難などの被害に遭われない事を願います。

      頂いた寝袋のおかげで夜も乗り越えれそうですし、ひょくさんのおかげで不安が解消されました!
      ありがとうございますm(__)m

      削除
  9. こんにちは
    大変なことがあったのですね。事故とかで体にダメージが出たというわけではないのでよかったですね。気を取り直して頑張ってください。

    返信削除
    返信
    1. >ひさつぐさん

      一時はかなり落ち込みましたが今はもう大丈夫です。確かに身体が無事だったのは何よりな事でした。

      本格的なスタートは明日からになりますが引き続き頑張って行きたいなと思います!

      削除
  10. 大変でしたね、窃盗した人は恐らく和歌山の人、同じ和歌山県民として恥ずかしく思います。ごめんなさい。

    和歌山の人は、イイ人とワルい人でクッキリ分かれます、もちろんイイ人の方が多いんでしょうが、やはりワルい人もチラホラといます。

    もし、また和歌山市内に戻るのであれば
    昼時に和歌山駅近辺でうろちょろしてみてください、僕の母親が日本一周してる人を見つけたら飯を奢るそうなので、運よく見つければたらふく食わして貰えると思います。


    これからの旅、ますますのご発展をお祈りいたします。

    最後には、この事件も笑えるぐらい良い旅になりますように。

    返信削除
    返信
    1. >トムキャット2011さん

      同じ県にお住まいの方なら気を遣ってしまいますよね…ゴメンなさい。

      和歌山でお会いした方は皆さんとても暖かく、優しい方ばかりでしたよ!こんな事があって当初は凹んでましたけど、今はすっかり元気になりましたので(*^^*)

      なんともパワフルなお母様ですね!残念ながら僕は市内に戻る事はなかったので、これから紀伊半島に突入するチャリダーさん達に是非お力添え頂けると嬉しいです〜。

      最後は笑っていい旅だった!って言えるように頑張りますね♪

      削除
  11. うーん…
    財布が盗まれてしまうなんて…
    なんで旅をしてる人から盗るなんて考えられるんだろ。

    どちらにせよ、再出発できることになって良かったです!
    これからの旅に幸せが待っていますようにお祈りしてます!!

    返信削除
  12. >べーすけさん

    こんなに貧乏人の財布なんて盗っても対したお金入ってないのにねえ…w
    とはいえ自分からしたら相当キツイ額だったのでしゅんとしましたが(´・_・`)

    これからどう旅をするのか。
    これが一番大事な事かなと思いましたし、いい旅に出来るようまた頑張ります!!

    返信削除