【13日目】尾鷲の峠はやっぱりキツかった

長かった紀伊半島。
もうすぐ終わりと思いきや最後の最後でドン引きしました。



 




どうも、hina8maです。





写真アップだけしといて更新に間が空いちゃいましたね
もっと手軽に更新出来るかと思いきや、なかなかうまくいかないもんですw
「今」を楽しむ事を最優先にと、最近は思っているので更新が滞る事が多くなってます
更新が遅くなる事が手を抜いてるとか妥協している訳ではないですし、充実した日々の記憶は期間が空いても浅せる事はありませんからね。



今現在は「パブレスト100万$」という喫茶店で更新してます。
というか、泊めて頂いています。人の巡り合わせというのは不思議なもんですよね。
今日の出会いでより強くそう思いました。おもしろいお店なのでまた後日更新する記事を楽しみにしておいて下さいね。






それでは13日目の様子をどうぞ。



道の駅「なち」で抹茶ピンさんとともに起床





昨日購入したニラが余っていたのでもやしと卵で炒めて焼き肉のタレで味付けです
なんか水っぽくなって微妙でしたが、焼き肉のタレは万能ですからなんとかなりましたw


補給食としておにぎりっぽいのを拵えておきます

この笑顔




いや〜、前の記事でも言いましたがすごくワイルドで気持ちのいい方でした
お互いマイペースな人間だと思うんですけど、それぞれがそれぞれで好き勝手やってても不思議と気を遣う事なくまったりと過ごす事が出来ました。
まずは東京を目指して進行し、1ヶ月ほど東京へ滞在されるみたいなのでまたその時お会いしたいですね〜。よい旅を!




抹茶ピンさんとお別れした後、ほどなくして僕もスタート
そろそろ紀伊半島も終わりが見えてきましたので今日はガンガン進みますよー!


天気も良く気持ちよかったので快調に飛ばし新宮市入り





R42をずーっと進み、先を急ぐつもりでしたが標識に
「世界遺産 浮島の森」とか書いてあったから気になるじゃないですか…
もうすぐ開く時間だし寄って見る事にしました。





朝9時開園だったんですけど、受付のおばちゃんが早めに開けてくれました
この浮島の歴史や、生息している植物についての説明をして頂き、いざ中へ


様々な種類の植物に囲まれ回りが住宅街だと感じさせない雰囲気です





と言いたい所ですが、割と森の中に入らないと雰囲気台無しでしたw
順路で進むと周りを囲まれた遊歩道に出るんですけど、思いっきり住宅街の中にあります
いざ森の中に入れば雰囲気が良い場所だったんですけどねー。




後、大型台風の影響で周りの池の水が淀んでいて汚いまま放置されてるみたい
市と交渉して工事もらうように話してるみたいでなかなか進んでないみたいですね
本来は透き通った水でもっと綺麗なんだとか…。
それでも入場料100円なので行ってみる価値はあるかなぁと思いました。

 その他の写真はコチラから↓

【和歌山】浮島の森

外に出ると一人の男の子と遭遇します




彼の名は「カニエ」くん
蟹江って字で合ってるのかな、カニエくん。




もう見た通りヒッチハイクしてる子ですw
名古屋の人なので四日市方面に向かう車を捕まえたかったみたい
日本一周中の看板見て話しかけてもらいました
Facebookで繋がりを持ち、お互いの旅の健闘を祈りお別れです。



受付のおばちゃんの勧めてらった「神倉神社」を目指します
ゴトビキ(新宮の方言でヒキガエルの意味)岩という巨大な岩が祀られている、なにやら結構有名な神社らしく、神社大好きっ子である僕からしたらこれは行くしかないよね。



ちなみに僕は行きたい所そこまで綿密に調べてません
結構現地で話かけて頂いた方にいいとこないですかー?って聞きまくってます。


なんだこの崖




お兄ちゃんなら元気だし大丈夫よーwwwww
っておばちゃん言ってたじゃん。




登り出してすぐの石段がハンパじゃないです
下りは画像の通りすごく怖いです、健脚な方なら大丈夫でしょうがかなりキツイです
行く方はお覚悟を。バランスを崩さないよう震えながら下まで行きます。




ちなみに一番頂上から見た景色が新宮市を一望出来てとても素晴らしい景色でした
湧き水もとても綺麗でおいしく、柄杓で掬って飲んでみました
便所水を名水として頂いている僕でもさすがに違いが分かるぐらいおいしかったですよ。

その他の写真はコチラから↓

【和歌山】神倉神社

一旦補給




おにぎりだけじゃ足りないので抹茶ピンさんの影響でピーナッツクリームを塗ったくって食してみるが甘い。いいですね、コレ、気に入りました。


その後、先へ進んでいる道中で巨大な草餅を頂きましたw




こんなにデカい草餅初めてみたし、どうやって食おうか悩みました
後日ちゃんと焼いて頂いたけどおいしかったです。

進んで行くと…




三重だー!




ホント長かった…ちょっとこの辺り少し感動してウルっと来ました
出発して大阪はかるーくマルコスと超えましたけど、和歌山はホント苦しかった
紀伊半島に脚やられまくって、財布紛失してと厳しい状況が続いてましたが、
なんとか抜けたなぁと少し安堵しましたね。

気を良くして先をドンドン進みます。

また君か!w




本日二度目のカニエくん
この笑顔である。いい顔してるよね彼
そんな彼はとても行動力のある芯の通ったメンズに僕には見えましたねー
とても気さくに話かけてくれて人との壁を感じさせない好青年です。




あれから少し進めたけど、なかなか四日市方面の人が見つからないみたい
位置取りとかも悪くなく大通りで、立ってアピールしてたんですけど、なかなか見つからないようで、大変だな〜と思いつつもここで再度お別れ

道の駅「ウミガメ公園」へ到着




写真撮れませんでしたが、ここへ来る途中にカニエくんを乗せた乗用車に颯爽と抜かれましたww



窓から声をかけてくれて「見つかりましたー!」との事
やっぱり人の幸せって嬉しいもんだ。同じ旅人となるとなおの事
愛知在住の彼は、近くに来たら連絡くださいと言ってくれた
ホントにいい漢です。


カメと一通り遊んで撮影し次へ

こちらも世界遺産「花の窟」



ゴメンなさい、ぶっちゃけ聞いた事ありませんでしたw
看板にまたもや「世界遺産」の文字、そして溢れる観光客のおばちゃん
看板見て話かけてくれたおばちゃんにどういう場所なのか聞いてみる
良さそうだから言ってみる。もうずっと今日はこんな感じ。



どこからどこだよと言いたくなるぐらいの巨石の磐座がご神体みたいです
まあ、そんな歴史的背景を知らなくてもとても綺麗で素敵な神社でした
やっぱり神社好きですわ

その他の写真はコチラから↓

【三重】花の窟・花窟神社


またもや世界遺産「獅子巌」



三重って世界遺産のバーゲンセールやってますね
まあみた感じのとこです


んでまたもや世界遺産「鬼ケ城」




これはかなり有名で行ってる人も日本一周してる人、結構多い場所ですね
海岸沿いで、もうすごい形した岩で囲まれたなんとも言えない場所ですね
画像の通り、人がこんなに小さく見えるほど大きな岩肌
ここは是非行ってもらいたい所ですね

その他の写真はコチラから↓

【三重】鬼ケ城


そして再出発後、初お披露目の「ミニ細川くん」




ちゃんとマスコットするんですよ、たまには
ハードな荷物の積み込み状況に耐え切れず首がへし折れていたこの子ですが…
季節感完全無視したマフラーを装着する事により復活しましたw
一時帰還した際に、持ってるなら出せと脅され修繕してもらいましたー
ついでに言うと、忘れてる事あるだろ?とまた脅され、なんとなく伸ばしていた髪を切ってもらう事にし、さっぱりして再出発してますw


再発防止の為、綿棒ハウスに入れて保護してます



そこからの目標ですが、地元の方に尾鷲の峠はキツイぞーって何人もの人に聞いていたのでなんとか今日中に超えたいと思っていたので先を急ぎます。


登り出してすぐきっつーと思ってたんですが、なにやら小さな滝を発見





ここ地図で見ても名前とかも出てこなくて詳細は不明なんですけど、すごく綺麗でした
こんな綺麗な場所を見たら、頑張れちゃう!





とかその時だけは思うんですよねぇ…。


分かります?コレ




これここから先2.1kmは登山道って表す標識です
最初は200mとか300mとか可愛らしいもんだったんですけど、途中からなんだか開き直りやがって、長距離ずーっとグネグネ山道を登ってました。しかも斜度がここまでの比ではなかったですね


まあ、画像じゃよく伝わらないと思うけどずっと登りですよ




何kmぐらいだろう、たぶん5kmほどかな?
一切平坦にも下りにもならずひたすら登りが続く坂道
紀伊半島の中でもここだけはひたすら登ってて一番キツかったです。



人それぞれタイプが違うと思うんですけど、僕は多少なりともアップダウンならなんとかなる場所もあるんですけど、ひたすら登られるともうどうにもならないです。
まあ、それでも終わらない峠ってのはないもんでなんとか登り切りましたw


ちょうど登りきった所にイタチですかね?





変なフェレットみたいな生き物が側道歩いていたので撮影しようとしてたんですが、なかなか顔出さないし、「おーい」って声かけて目が合った瞬間すごい勢いで逃げられましたw


ほんで本日の寝床、道の駅「熊野きのくに」に到着





本当はもう少し先の「海山」という道の駅まで進みたかったんですけどギブアップ
ちょうど下り終わった辺りからすごーい田舎っぽい山の中の、村?って感じの景観に
道沿いには透き通った川が流れて、すごく気持ちがよかったです




道の駅に営業時間お聞きした際に売店のお姉さんがテント張りやすい場所を教えてくださり、そこまで案内して頂ける事に。しかも営業中だけどもうテント張って好きにやっていいよとの事。こんな道の駅もあるんですね…、ありがたい。


それがココ




大きな軒下に、ベンチとテーブル
自転車にテントも軒下の中に入るし、調理スペースも広々です
車通りも少なく、川のせせらぎを聞きながら暗くなる前に就寝準備も完了


晩ご飯は卵丼




尾鷲を目指す道中の峠でまさに発狂してましたけど、終わり良ければすべて良しじゃないですけど、最後は綺麗な場所で美味しいもん食べて、早めに就寝する事が出来て良い一日で終わりました。
予定より進めていないので明日は早起きして、ドンドン進むぞー!




それではまた!





使用金額:870円
走行距離:54.94km
累計距離:?km(計測忘れ)





<最後に>
最後までご覧頂きましてありがとうございました。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになります。お手数ですがご協力頂けるととても嬉しいです。

スマホで閲覧されている方は、Blog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、ページを読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。

0 コメント:

コメントを投稿