【3日目】由良要塞&友が島探索

焦らずマイペース。
分かっていた事だけど難しいですね。






どうも、hina8maです。




現在温泉博士掲載の”リヴァージュスパひきがわ”さんにてBlog更新。
ここホント綺麗な所だし、フロントさんが優し過ぎて泣けます。
そんな優しさに支えられてこの記事が更新出来ています。



それでは3日目の様子をどうぞ。



道の駅とっとパーク小島にて5時に起床。
3時間ほどしか寝ておらず少し身体のだるけを感じます。
海沿いで風が強く少しでも遮れる場所を探しここにテントを立てました。






初めて洗濯物を干してみましたが、一気に旅人っぽくなった気がしましたw

海沿いの道の駅という事もあり釣り人がいっぱいです。

昔二度も日本一周された経験があるという男性に話かけて頂きました。
この先の道を教えて頂き、お別れ。ありがとうございました!


朝食作りに取りかかります。





和風ポトフにしてみました(肉無し)

お米もいい感じに炊きあがりまして

ボールによそいます。

卵としょうゆをぶっかけて卵掛けご飯!
しかしそれだけではなく…

韓国のりをのっけて、韓国風たまごかけご飯!
まんまの名前だなw

そしてこれがまた旨すぎるんです…
でもほんの少し何か足りない。
 
入れてみましたごま油。
最高にGoodです。


ちなみにマルコスと過ごした2日間のおかげで微妙に独り言に英語が混じるようになりました。長島茂雄かルー大柴みたいになったと思ってて下さいw

昨日購入した野菜の状態を確認。
まだこの季節ですし大丈夫そうですね。

1、2日目で感じていた事ですが、移動最中という事もあり
昼食を自炊する事の難しさを感じていました。
早めに起床した事もあり、こんな感じでジップロックに入れてみました。
保存は出来るけどなんか、もっちもっちになっちゃいました(汗

味気がないのでこれを混ぜて

混ぜ込み鮭わかめご飯にしてみました。
相変わらずもっちもちですが…。

ガスの充填もしときます。
ほんとこれ便利だわぁ。

そうこうしてる間にポトフが完成。
うん、美味しくできたね!

しかしこれで終わりにはしません。

余ったポトフをジップロックへ
そして…

あったかいうちにカレー粉をひとかけら投入。

そしてジップロックの上からぐにぐにして溶かしてカレーの完成。
これをいつ食べるか…はまた後ほど。

なぜだか荷物が入らなくなり、アレコレ頭捻って載せてみます。

うーん、いい天気だ。

結局営業中、隅っこで調理してても何も言われませんでした。
本当は営業開始する前に出て行くべきなんだけど…、申し訳ない。
9時に道の駅とっとパーク小島を出発。

加太港を目指し進み、和歌山へ突入!

ウェミダー

このネタ分かる人結構いますよね?
そっぴーさんが確か使ってたと思いますw

鳶?

微妙な登り坂に翻弄されつつトンネルへ
しばらく進むと…

本日の目的地の一つ加太国民休暇村残り1km!
由良要塞に用があるのですよ。

何この坂…

これ写真じゃ伝わりづらいと思いますけど、もう即自転車押していくのは諦めましたw
すぐ目の前に公園があるので1kmはカメラだけ持って歩いて登ります。

公園に入ると猫が。
可愛いね〜。



浅葱さんお留守番しといてね。
ちなみに看板がいきなり一部破損して、タイヤチューブで無理やり押さえつけてます。
それがあんなことになるとはなぁ…それはまた後日のお話。

テクテク歩いて進みます。



なんだよこの坂www

ここはホントヤバい坂なのでもし由良要塞行く人は気をつけて下さい。
もしここを日本一周用の荷物を積載した状態で自転車に乗って登れた人がいたらご一報下さい。全力で賞賛致しますw



登りきったら加太休暇村へ到着!
要塞へ向けて歩きます。


いきなりそれっぽい道になるんですけど、ここの道がすっごい綺麗だったんですよねー。
歩いて行くとすぐに要塞へ。






とても良い雰囲気です。
なにやらバイオハザードだのドラクエだの称される事がある由良要塞ですが、
すごく物悲しく感じました。



 そして砲台跡へ

あまり歴史的背景とかには興味を示さない人なので、
どういう事を誰がなんの為にやってたか、とか全然調べてなかったんですけど、
弾薬庫の中とか砲台跡を見ていると切ない気持ちになりました。



陳腐な言い方ですけど、ここに人を殺す道具があったんですよね。



うーん、ここに来てみたらなんとなく言いたい事伝わると思います。
写真や文章下手でゴメンナサイ。


ちなみに全体的に写真が暗いと思うんですけど,
僕は一応自分の目で見た感覚に近い明るさで撮ろうと思ってるので、
かなり暗く感じる事があるかも知れません。
一部明るめで撮影したものも今後混じらせてますので予めご了承下さい。


展望台へ




和歌山の海が見渡せる場所です。

一通り見終わったので浅葱さんの元へ帰ります。
下りキツかったー。



この子はこの辺りに住み着いてるっぽいですね。
バイバーイ。


さて続いての目的地へ向かいます。
ここからもしばらく山の中の微妙なアップダウンに脚がやられていきます…。
マジで貧脚過ぎて泣ける。



橋をぐーんと渡ったら…

加太港へ到着!!


いや、どこが加太港だよっていうね。
ここら辺りめちゃくちゃ焦ってましたw
確か11時ちょうど発の舟に乗ったと思うんですけど,
自転車停める場所が全然分からなくてwww



加太港来る方は手前の橋を渡った後、右手にすぐ加太港とか友が島汽船の乗り場が見えるんですけど、しばらくスルーして進んで、左手に駐車場があるのでそこを突っ切ってUターンするようにしないと船着き場に自転車停めれないのでご注意を。



そこから浅葱さんから荷物を一部ひっぺがして、大慌てで舟へ乗り込み。
そして行きたくて仕方がなかった友が島へ!



舟の中からもちょくちょく撮影。
和歌山ってすごい形した岩みたいな海岸が多いですよねー。

ほんで20分ほど乗船し、友が島へ到着!

到着するとすぐ目の前に広場があります。


何やらこの時点で脚に違和感があり、休憩しようかとも思ったんですが、
友が島事務所の事務員さんから全部回ろうと思ったらすぐに行かないと。
という話を聞かせてもらったので、探索へ。



でも腹減ったな…。
あそこで飯にしよう。



朝仕込んだ弁当?を食べます。
ちなみにサーモスに入ってるのは、朝のポトフです。



QRコードですねー(棒)
すっごいですね、今の木の紹介にはQRコードがついてるなんてー



ここ友が島なんですが、もう普通に山です。
島だなんて言ってますが、道悪いし、斜度キツいし脚がががががが


ちなみに弁当食べてる時にカップルに挨拶交わしたんですが、
ここの島ね、リア充の巣窟ですよw


めちゃくちゃカップルまみれでしたw
もう恋が島か、友が山にでも名前変更しといて欲しいですねー。


普通に崖っぽいとこもありますし、落ちたらヤバいですね。

ここか!?と思いつつも先に一番高い所へ行っときます。

こんな登らすなよ…脚がもう…。

なにやらバルスしちゃいそうな台。
この場所も和歌山の海を一望出来るいい場所でした。



あ、ここ別名ラピュタの島と言われてる場所です。
何がきっかけでそう言われ出したのかなぁと思ってたんですけど、
一応ここがきっかけでという場所があるんですよね。



後で話しますが、一眼レフの充電がなくなって後半の写真ほとんど撮れてないんですよ。
撮ってたとしてもiphoneでちょっとだけ。一応撮った写真をズラっとご紹介。



いかがでしたでしょうか?


憧れの場所だった事もありとても有意義に過ごせました。
ただこの写真までが主に一番有名な第三砲台への道すがら撮った写真なんですけど、
ここで一眼レフのバッテリー切れ。


しかも予備のバッテリーパックが破損していて、
フル充電した単三電池入れても即電池切れ表示で使えなくなってしまいました。



この時点でテンションだだ下がり。
さらに蓄積された脚の痛みがこの辺りでひどくなり、もうこれ以上の撮影は厳しいと判断



やむなく船着き場近く迄戻りどうするか考える。
申し訳ないなとは思ったんですが、事情を説明し充電させて頂けないか聞いた所快く快諾頂き、しばらく充電出来る迄待機する事に。



ここからがまた驚きの展開なのですが、
友が島事務所の事務員さんのお一人がトイレ清掃で車で島を回るから乗って行くか?
と聞いて下さいました。とりあえず有名な見所の場所まで連れて行ってやるから乗れとの事で、二つ返事で乗り込みました。



これがまたすっごいのなんの。
荒れた友が島の道をすごい勢いでのぼって行きますw
先ほどお話しましたけど、普通に柵とかないから崖みたいになってるので落ちたら終了なんですけど、気にする様子もなくガンガン進んでいきます。



これはもうすごい貴重な体験だーって事で写真ではなく動画撮影しました。
本当はポケデジで撮影したかったんですけど、これも電池切れで撮影できず。
思うようにいかない事にほんの少しだけ凹みましたが、それでも今起きてる状況を精一杯楽しみたかったので、iphone片手に動画撮影しつつ、事務員さんに友が島についての話をお聞かせ頂きながら進みます。



ラピュタの島という観点では一番有名な場所も車で通って教えて頂いたんですけど、
動画に収めているので写真がないんですよねー。その場所によくパズーとシータのコスプレした人らが来るみたいですw



ある程度登りきって、後はこう回ればちゃんと全部見て戻ってこれるから。
そう教えて頂き別れたんですよね。それから撮った写真がこんな感じです。


友が島で調べたら、第三砲台の写真ばかりだったので違った雰囲気でいいですね。
さあ戻るかーって思ってたら、先ほどの事務員さんが来られて、もう全部見たか!?と。
はい!って答えると別にお前の事見に来た訳じゃないけど、もうトイレ掃除は後でええわと思ったから見に来たらおったから乗せていってやるわ、乗れや!と。



どう見てもツンデレですw
トイレ掃除に来た癖になに辞めちゃってんのw
仕事してくださいw



いやー、ほんとすっごい優しい人なんですよね。
言葉遣いは荒いし、運転も荒いし、でもあったかい人でした。



そこからは帰り道に第四砲台に寄って頂きます。
そして入り口にはロープが張ってあり一般人は入れなくなっているはずなのですが、
特別に中を見せて頂ける事に…。すごいドキドキでした。



ただ残念ながら中は水が溜まっており長靴じゃないと濡れてしまう状態でした。
だから戻ろうと言うのかと思ったら…。



乗れ!



いきなり何言い出すんすか!?w
いいんですか?って何回も聞いたんですけど、いいから乗れ!
お言葉に甘えて乗せて頂きました。こんなに育ちきっておんぶなんていつぶりだろうか。



なんか気持ち悪い事言うみたいですけど、すごい背中が暖かかったです。
普通会ったばかりの人間にここまでしてくれるもんだろうか。
相変わらず荒い歩き方で揺れまくりましたけど、揺り落とされないように捕まってました。



この第四砲台の写真公開するか迷ったんですけど、一応控えさせて頂きます。
言葉で説明すると中は普通の弾薬庫と違って唯一の"螺旋階段"があります。
もうこの時は事務員さんの勢いのすごさに圧倒されっぱなしで、ただ言われる通りついていき夢中でiphoneで撮影してました。



砲台跡も見るように言われ、場所を教えて頂き走る走る。

ここですね。
鍵穴のような形をしています。

そして待ってくれているその車に向かって戻ります。
これにてすべての場所を見て回る事が出来ました。



この後、船着き場へ向かう途中に一人の女性を乗せてます。
兵庫から来られたヨーコさん。元彼女と同姓同名でかなーり焦りました。
どうやら元旅人の方で、バイクで日本一周した事があるそうです。


僕はずっと助手席に今迄乗っていたんですけど、二人で荷台に乗せてもらってなにやらド派でなゴーカートのよう。大笑いしながら船着き場に戻りました。



ちなみに今回入った第四砲台の内部写真ですが、普通にググったら出てきます。
もし興味がある方がいたら調べてみて下さい。
どうやら禁止にしていても許可なく立ち入る人が結構いるらしく、事務員さんも島のすべてを常に見て回れる訳ではないので防ぐ事が出来ないそうです。



廃墟マニアさんじゃない限りはルールを破ってまで入る価値があるかというと正直微妙だと僕は思います。僕の場合はこういう一連のご厚意がとても特別なものと感じただけですので、 どうしても見たい方は自己責任で立ち入るよう願います。




ヨーコさんと事務員さん達の記念写真



どの事務員さんのご厚意かは伏せさせて頂きます。
お名前を聞いて、名刺もお渡して頂き、旅の道中でのこの写真をこの友が島の事務所へお送りする事を約束しました。北海道辺りでまた写真送りますね。



本当に良くして頂きました。日本一周という肩書きがなければこういう体験も出来なかったのでしょうか。もし少しでも自分の人柄に感じるものがあっての事ならばとても幸せな事だなと思いました。だからこそ、今後旅の肩書きがなくなったとしても愛される人になっていきたいなと思いました。


親方の写真も撮影させて頂きました。てかめっちゃ暗くてゴメンなさいw
最初めちゃくちゃく怖かったんですけど、途中からすげーいっぱい話してくれて優しい人でした。


事務員さん3人と僕の4人でこれからの道はここがキツいぞーとか、ここらへんで泊まれるぞーとか色々教えて頂きとても幸せでした。



こんな感じでお別れする事となりました。


舟に港についてからも、カップルさんや、親子連れ、ヨーコさんにがんばるんだよーって声をかけて頂き、本日の残りも頑張ろうと走り出します。



教えて頂いた細い道を通り

これ無理だろって道に突っ込んだりしながらも進んでいきます。

途中でダイソーでお買い物

今後の旅で必要なものを買いそろえます。

実はマルコスが同行している際にドリンクボトル紛失してしまっていたので、新しくペットボトルの飲み物を購入しました。まあ、結局このペットボトル、ボトルゲージに形が合わず買った意味がなかったんですけどねw

どうせ買うならと甘いものを購入。
ついでに晩飯食えるか不安だったのでお菓子で腹を満たします。



今回お世話になった事務員さんが教えてくれていたポイント近くまで来ました。
確かトンネルの手前を右に入って行けば、屋根付きで寝れる場所があるとの事。
この時点でかなり遅くなってます。たぶん21時は過ぎてたかなぁ。いや、もっと遅かったか。2日連続のナイトラン。



恥ずかしながら旅3日目にして脚が限界に来てしまい、
ここら辺りで自転車支え切れずなり転倒。そこから持ち上げようにもなかなか持ち上がらず、真っ暗な道の中、呻いてました。
ファイトーいっぱーつってCMあるでしょ?あれのうめき声バーションだと思って下さい。


自転車が持ち上がった瞬間思わずガッツポーズしましたもん。
そこからなんやかんや迷いつつも…

浜の宮ビーチ海浜公園へ到着

周りがものすごく真っ暗で、灯り一つもありません。
でも屋根付きのベンチ有りなのでここなら寝れますね。
結局お菓子が晩ご飯になり、ちょっと凹みました。
この時点でもう明日は停滞を決め込むほど身体がヤバかったです。
明日はどうなるか不安な気持ちになりながらの就寝です。




それではまた!





使用金額:3490円
走行距離:28.12km
累計距離:140.85km





<最後に>
最後までご覧頂いてありがとうございます。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになりますのでご協力頂けるととても嬉しいです。 
スマホの方はお手数ですがBlog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。

8 コメント:

  1. 日本一周の旅、素晴らしい出会いに巡り合い、順調に進んでいますね。私もいつかはしてみたいな~と思いながら、現実的にすることができたとしても定年後なんだよな~と、思いを重ねながら楽しみに見ています。頑張ってくださいね^^
    燃料にOD缶メインで使っているのですね。CB缶も使えるストーブもいっしょに持って行っているのかな?
    由良要塞、かなり綺麗に残されているのですね。私も見に行きたくなりました。
    たしかに人を殺す道具があったことは間違いないかと思いますが、ただ、それは一方で人を守る道具でもあったことだけは忘れないでくださいね。
    では、続きを楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. >ゲンジさん

      そうですね、出会いの連続で素晴らしい体験の毎日です。
      このコメント返信が10日目の事ですが正直順調なのか?と頭をかしげざるを得ないです。
      思い通りにいかないのも旅だろうとなんとか納得しようとしていますw
      CB→OD缶へ詰め替えするアダプタを持っているので、実質使っているのはOD缶だけですね〜、ストーブになるのも正直今の時期はあった方が心強かったかもです…。
      なんせ毎晩寒いです…。

      人を守る道具でもある。
      こういった思考は少し欠けていたかもしれませんね、やはり対極的なものですね。
      当事者でない分どちらからの視点でも考えられるようにしないとですね!
      素敵なご意見ありがとうございました^^

      削除
  2. 要塞の細部まで撮られたり、砲台以外の場所も逃さなかったり素敵なフォトをありがとう!

    しかし、今回の記事は「乗れ!」の一言に尽きますね(笑)
    たしかに日本一周は魔法のような響きですが
    その肩書と「乗れ!」はイコールではないかなと思います(笑)
    hina8maさんの人柄がそうさせたか、世話好きのツンデレでしょうか(´∀`)

    旅を初めて一週間ですね、疲れもでて栄養のバランスもしっかり取りにくくなると思います。
    お菓子だけになるのはしょうがないかもしれませんが、果物なども食べてね~

    「いいから乗れっ!」(笑)
    良い人だね(^◇^)

    返信削除
    返信
    1. >北狼さん

      出来るだけ有名な場所以外も紹介出来たらと思って写真UPしたので、そう言ってもらえると更新したかいがあったなぁと小踊りしてしまいそうですw

      僕の人徳などミジンコにも等しいものです。あの人がただのツンデレなだけですよw
      仲良く話ししてもらってその日だけは父親が出来たような気分でしたね。

      10日目現在それがもろに出て来ております。やはりすべてをバランス良く運用するのは相当大変だなぁと思っています。お菓子だけでなく現在はバナナや、まだ食べてはいませんが、果物の缶詰を備蓄しています。

      苦しい時はあの人の笑顔を思い出しながら頑張ろうと思っています!

      削除
  3. 友が島、去年の夏に僕も行きました!
    自然満載な中に要塞があって、なかなか感じることができない異様な雰囲気ですよね。。
    今は無人島ということで人にいじられることも少なく、より昔のまま残っているからそんな雰囲気なのかもしれませんね。
    にしても本当に綺麗な写真ばかり、勉強になります☆

    返信削除
    返信
    1. >テニスこぞうさん

      友が島いいですよね〜!
      やはりあの場所特有の雰囲気や佇まいのようなものを感じます。

      この記事を通して興味を持ってくれる方が増えると嬉しいですね〜♪

      削除
  4. 日本一周もう終わりですか??

    楽しみにしていたのに、財布盗まれた程度で電車乗っちゃうなんて。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      楽しみにして頂いていたのに期待に応えられず、申し訳ありません。


      終わりではないとだけお伝えしておきます。

      削除