【35日目】ヒガシヘヒガシヘ

静岡県。
横に長すぎです。









どうも、hina8maです。





引き続き北海道稚内市のRH「みどり湯」で更新作業。
なんかここに来た時はWifi接続出来なかったんですけど、パスワード忘れてただけだったみたいで、現在接続可能な状況になりました。





ヒャッホー!!!!

Wifi接続まで可能になるとか夢の国じゃねーかー!
て、事で非常にハイペースで記事作成作業が進んでおります。
下書き保存しとくので公開は少し先になると思いますが、一記事一記事丁寧に更新は心掛けますので是非是非ご覧下さいませ。




それでは35日目の様子をどうぞ。



道の駅「川根温泉」にて起床




ハイ、今日も寝抜き飯でーす。
なぜだかここら辺は米炊いてるだけでなんか自炊してる気になってる怖い。
とにかく時間が惜しかったので、手早く調理。




が、朝からサイクルグローブやらサポーターやら紛失している事に気付く。
激凹み。




温泉の方に聞いても忘れ物として届いていない…。
昨日足湯に入った時にベンチに置き忘れたんだ…、グローブはすごく気に入ってたのでかなり凹む。

でも見つかりましたー!!!



温泉の方には届いていなかったのですが、道の駅の売店の方に届いていたようで無事見つかりました!しかも「頑張ってね」とみかんまで頂きまして…。
本当にご親切にありがとうございました!


道の駅「川根温泉」からはほとんど下り基調だったので一気に麓町まで到着。

そして藤枝市へ

走っている最中に車の助手席から手巻き寿司の差し入れを頂く。

笑顔で声援を頂きとても元気を頂きました。

しばらくすると眼前に山がやってくる。




旅に出て1ヶ月も過ぎてますしね、こういうのはもう慣れた。
問題はどれぐらいの長さと斜度かだ。



情けない話だが斜度5%ぐらいで距離が長くなってくると相当にキツくなる。
例え登れたとしても、疲労感に見合った距離ではないので歩くほうが楽なぐらい。



 

ここは宇津ノ谷峠




いわばしょぼい峠ですねw

が、かなーり個人的にはギリギリな坂で何度も下りて自転車押そうかと迷いました。
でも前日からもっと走りたい。そう思うようになっていたのでとにかくここのトンネルまでは頑張ってペダル回してやろう。そんな気持ちで漕いでました。

トンネル越えたらすぐに静岡入りでずーっと下り



何気に旅に出て初めて足をつかずに峠を登れた瞬間。
この短い間の下りだったけど、なんとも言えない爽快感があった。
自転車に乗ったまま登って下った。これだけですごく嬉しかったんですよね。


道の駅「宇津ノ谷峠」に到着




すると、なにやら旅っぽいチャリを発見。
僕はてっきり装備見てテラ熊さんっぽいなーと思って、Twitterでテラ熊さんだー的な事言っちゃったんですが、中を確認すると全くの別人だったww

 
えーと、名前忘れちゃいましたw

さるのサイクリングツアー ~Everyday、フローシャ(浮浪者)~

↑こちらのBlogの方ですね。






実はですね…



寸又峡を自転車で登った人物が僕以外にいたという情報をGetしていたのですよ。
現地に行った時にソフトクリーム食ったんですけど、そこの売店のおばちゃんが「あんた昨日の人かーい?」って聞いて来て、「いや、違いますよー」なんて答えたら



「あんたみたいに大荷物積んだ自転車の子だったからてっきりあんただと思ったよー」だなんて。いるんだそんな人。俺も行ったけどさ。あそこは電車とトロッコ列車乗り継いで行くべき場所だと思うんだ。あそこに自転車で行こうとする人がいるなんて。


で、色々道の駅の前でくっちゃべってた道行くおばさま方とも談笑がスタート。




話している内に「ご飯食べて行きましょう」と二人揃ってご飯をご馳走頂きました。
静岡はとろろも有名だと聞いていたのでとても嬉しかったです。

本当にありがとうございました!

とても美味でしたー!!

せっかくなのでうちの愛車に乗って頂く事に。

すごいバランスが取りづらいみたいですが、さすが超人。


なんか様になってます。

でも下りるなり首かしげて笑ってましたww

バランス悪くてサーセンww

記念撮影!




ちなみにこの方いわく




「寸又峡はそれほどしんどくはなかった」




俺「え…(何言ってるの…?)」





なんかそれなりにしんどいけど、飴とか舐めてテンション上がってればガンガン登って行けるらしいです。マジすか。




俺がおめおめと逃げ帰った寸又峡から静岡方面に抜ける道も通ったらしいですが、




「あれもたいした事なかった」








まあ消えて無くなりたくなったよね僕ちん。
上には上がいるとは良く聞くが… まあ、そもそも僕は上ではないかw
下に上がいるのは当たり前だよNE☆





ただこの人はなんだかぶっ飛んでる気がした。
こういう人に会うとすごく刺激を受けますよね。
みんなやっぱり自転車いっぱい漕げるんだ、俺も頑張ろうなと思いました。




ダラダラ談笑してバイバイしましたー!
お互い良い旅をー!!





別に対して用事ないですけど、県庁前に行くと…


Twitterのフォロワーさんのリビラさん!




わざわざお越ししてもらってありがとうございました!
何度かチャリダーさんを迎撃した事があるそうです。
今年は確か俺が初めてだったかな。



色々と餞別のお品までご用意頂いてありがとうございました!!
せっかくなので「三保の松原」を目指す僕に着いて来て頂ける事に。

ひさしぶりの太平洋側の海沿いを走る



まーっすぐな道をリビラさんと爆走〜
たぶん普段なら20kmぐらいでタラタラ走るのですが、リビラさんの30km近いスピードになんとか食らいついて走りドンドンと目的地に近づく。

なんかネギしょったチャリダーがいました。

なんだろう、パニアにさりげなく白ネギが刺さってらっしゃる。

初音ミ(ry


「三保の松原」に到着



日本三景?だっけ。
割とガッカリという話も聞くんですけど、どうでしょうな。
問題は富士山見えるかどうかだよね。


「天女に会えそうな気がする」



エラい大きく出たなw
いなかったよ、天女。

リビラさんの後をてくてく

ここが「三保松原」

ご立派な松ですな。

なんか太い枝がこんなに反り返った松は初めて見たなー


これは素直に感動。

なんかさっきのは二代目らしく、これが初代?


ご苦労様でした!

そして砂浜に到着。

うーん



見えませんねwww
富士山が見えてこその「三保の松原」と僕も知ってたのでまあしゃーないですねw
一応この後何度も見るチャンスがあるだろうと納得してみる。


鳥が気持ち良さそうに飛んでおりますー

サクっと見て回って、寝床へ向かいましょう。



途中スーパーに寄ったので、リビラさんとはそこでお別れー!
一緒に走ってくれてありがとうございましたー!!

暗くなった市街地を駆け抜けていきます。



そして、始まる1号線の恐怖。




バイパスうぜええええええええええ




ちょくちょく、1号線通ってるとバイパスブロックに引っかかって迂回させられてたんですけど、ナイトラン中にやられるとすげーウザいんですよねww


歩行者用の階段しか見当たらない…


と思ったら…

ありました!



正直迂回すると10kmぐらい距離が伸びるので寝床変更しようかと迷ってた所だったので非常に助かりました〜。


て、事で道の駅「富士」に到着




こちらの画像の品々ですが、到着して一息ついている所に興味を持って話かけて下さった男性から頂きました。今日の晩ご飯はその中からいくつかパンとおにぎりを食べました。

ちなみにその方も車で日本一周とまではいきませんが、お仕事を退職されて、旅に出て結構なハイスピードで色々と回ってこられた方でした。




自転車で何度も「すごいねー」と行って頂き、元気づけられました。
決してすごい事をやっている訳ではないんですけどね。
その方は僕よりも年上の方でしたが、目をキラキラさせて色々と質問されていたのがとても印象的でした。




なにやら気恥ずかしい気持ちもありましたが、素直に嬉しかったですw
色んな方にお会いしてこうやって色んな感情が湧いてくるのも旅の良い所ですね。




 
今日はひたすら東へ東へ。横になげーんだ静岡は。

そして今日…初めて走行距離100km越え!!

本当にこれは嬉しかった。すごく嬉しかった。
数字なんてたかが数字な訳ですけど、何か一つ壁を越えれたような。
元々スポーツやってたので届かなかったラインに届くのはやっぱり嬉しいんですよね。









なんか当初予定してなかった…というか最初からあんまりよくルート考えてなかっただけなんだけど、富士山の周りグルっと回ろうかなーっていう気分になったので明日から富士山の外周回ります。北上する形になるけど、ちょうど富士山の西側になる道。

噂によるとずーっと登りだとか。




頑張っちゃいます。
気合い入ってます。





それではまた!




使用金額:511円
走行距離:107.76km
累計距離:1591km





<最後に>
最後までご覧頂きましてありがとうございました。
当Blogページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリック頂ければより多くの方に見て頂けるきっかけになります。お手数ですがご協力頂けるととても嬉しいです。

スマホで閲覧されている方は、Blog最下部の"ウェブバージョンを表示"を押して、ページを読み込みし直して頂ければ表示されますので宜しくお願い致します。

0 コメント:

コメントを投稿