【62日目】日本最北端の地へ辿り着く

立った…
俺は日本の一番北に立ったぞー!







どうも、hina8maです。




毎度の事ながら利尻島フェリーターミナルで更新作業です。
一日来なかっただけで懐かしい感じがするのが怖いww




当初考えていた昆布干し作業以外にも、ロープ切りという別のお仕事もさせて頂いてます。
完全出来高制の仕事で沈めていたロープに括り付けている昆布の根っこや、
重りや浮きを解く作業なのですがこれがまたおもしろい。
第一次産業を体験出来る事は非常にいい経験になると思っています。




それでは62日目の様子をどうぞ。



鏡沼海浜公園のライダーハウスにて起床


前回記事でお話したらくがき帳にらくがきしとくw


製本が楽しみだなー!


ベッコベコに凹んだ頂き物のカップラーメンと昨日の余り物の缶詰でサクっと朝食




写真の整理も少しだけやっとく




準備完了


実は稚内にひょくさんとかじくんが到着していて、
今日の昼から日本最北端の地である宗谷岬へ向かうとの連絡がありました。
なので一緒に行けたらいいなーと思って朝は大急ぎで準備しましたw



まあそれでもちと寝坊はしたんですけどねw




8時前に出発!




しばらく市街地を進む




天塩川にかかる大きな橋を越える




するといつも通りの真っすぐな道で視界の遠くになにやらおもしろいものが…


大量の風力発電が立ち並んでいる。



ちょっと下りてみた




ここから先へは進めない。



ズームレンズで寄ってみた




一体何基あるんだろうか…20以上は確か並んでるなー

と思って後でちょっと調べてみたw


ここは「オトンルイ発電所」という場所らしい



合計28基の風力発電機が立ち並ぶ場所

角度を変えて撮影するとその数が分かりやすい



すごい数だよね。



先を急いでたけどこれは経ち止まらずお得ない…



電柱邪魔wwwwwww消えろwwwwww




と、少し進むと立ち入り禁止と書かれていない区間を発見



すぐ下まで行けそうだ。



すげえ…



近くで見るとこの迫力…



よくこんなにデカい物体がくるくる回るもんだよね。




太陽に照らされたプロペラはまるで花びらのようだ



いい物見せてもらったぜ!


颯爽と愛車を迎えにいきます。




少し進むと北緯45℃を示すモニュメントがありました



あー、ここも見た事あるw
なんか数人でここに来るとこの斜めってる所に寝転んだりしてるよね。



ひたすら北上する







そうすると道中、乗用車と軽トラックが1台ずつ止まっていた。





乗用車の前方は酷く凹んでいて…




すぐそこには鹿の死体がありました…。




身体は綺麗な状態でしたが、ちょうど鹿の後頭部辺りがえぐれていました。
削げた後頭部からは脳みそが生々しく見えていて、その目はまさに生きているようです。




北海道入りして初めて見た鹿がまさか死体の状態だとは…。




「鹿注意」という看板は何度も目にしてきたけど実際に事故が起きるもんなんですね。
職員の方は慣れた様子で「近づいたら臭いから気をつけてwww」なんて言ってたけど。




まざまざと死に様をみるとやっぱりクるものがありました。




職員の方はお仕事中という事もありましたので自主規制。




先へ進みます。


かなりの向かい風



日本海側なのでかなり横風やらキツイ時はあったんだけど、
今日はすげー向かい風で心が折れそうになったww



そんな中前方から歩いてくる人が。





それが彼、新井くんである。




笑顔なんだがなんだ困ってる顔に見えるww
歩きだと疲れるよねー。




ご覧の通りTシャツには「日本縦断」の文字
北海道スタートで歩いて南の果てまで行ってしまおうという猛者である。
久しぶりにBlogを覗いてみると「ゴミ拾いをしながら」というのが追加されてる。
みんな手段や目的が色々と違ってて、それぞれの旅があっておもしろいよね。




お互い良い旅にしましょう!



ゴミ拾い日本縦断 徒歩の旅 



 彼のBlogです、みなさん是非見て下さいねー!


またずーっと真っすぐの道を進んで行くと…




左手にうっすらと利尻富士が…



すげえ綺麗だー!


でも山?もう富士山過去に登ってるし十分だろwwww


とかこの時は思ってましたww




稚内まで後30km



ちょっと遅れ気味だ…


というより風がwwwwwクッソ風やんでくれwww



何やら山に突入しそうな道を発見



稚内市街地の手前でキツい坂があると事前に情報を仕入れていたので、
ここが正念場だーと気合いをいれてみる。



うん、キツいwww



けどなんとか漕いで登れるし行けるぜ!




現実逃避の意味も含め左右を眺めながら登って行きますw



登り切って下ったらまた海岸沿いに出た



ここがもうヒドかった…



旗がなびきまくり。

強風なんてもんじゃねー、この旅に一番のキツい向かい風。



ちょっと昼までは厳しいっぽいのでひょくさん達に連絡いれとく事に。
お昼過ぎぐらいまでは普通にいる予定なのでゆっくりで大丈夫との事。
ありがてええ…。



もう写真も取る気も起きないぐらいの暴風。
気になって調べてみたらこの辺り風速5mほどだったみたい…。



ん?でも風速5mって大した事ないのかな。

いや、それでも体感では軽く25kmぐらいは出てそうなぐらいペダル踏んでるのに、
実際は15kmも速度出てなかったからかなり風強かったはず。きっとそうに違いないww




するとまた峠道っぽいとこに…



ああ、ここの事だったのか…w



正直漕げなくもない斜度だったけど、風強いし押して歩く事にw

以外とすぐに登りは終わっていざ下り坂へ!




スピード出ねえええwww



結構な下り坂だったのに20kmぐらいしか出ないww
普段なら絶対に40kmは出てるはずなのにwwww



爽快感もさほど感じられず市街地へ向かう。



坂を下ってすぐのセイコマに待ち合わせするも、
二人が宿泊してるライハの近くのセイコマはまた別の場所だったみたいw



1kmほど先にある別のセイコマへ到着すると…




はい、かじくんとひょくさん



ひょくさんが躍る大走査線の室井さん見たいな顔してますねー。
かじくんは同じライハに宿泊していたバリーさんという外国の方に、
赤いジャケットをもらったみたいでご満悦な様子w



ここのセイコマは3割引商品がたくさんあるみたい


晩ご飯はここで調達しようかな。


二人と合流しライハへ向かいます。





道中というよりもうすぐそこなんだけど、目の前には凄まじい激坂が…


「この先ですよ」なんて二人が言うもんだから


「じゃあ押して歩いてみる?」


 この自転車で渋峠を体験してみよう的なノリで。




そしたらすぐ左に曲がる平坦な道に行きやがったwwww



「やった、渋峠制覇だー!wwwww」とかぬかしながら、
平坦な道を積載した浅葱さんを押して歩くひょくさん。いやそれ渋峠ちゃう。




車庫に自転車を収めてー



ライダーハウス「みどり湯」へ到着!



ここもよく旅人が利用する宿ですねー。
とある催しで超有名な施設ですが、それは追々紹介致しましょうw


相変わらずおもしろい顔してんなw



手に持っているのは宇宙食の「おもち」
さっき二人で作って食べてたやつの余りをくれましたw




なんというか普通にきなこ餅しててうまい!



なんか元々カッチカチらしんだけど、水かけた瞬間すぐふやけるらしい。
宇宙食ってやっぱりすごいですよねー。



セイコマで買い込んだ食材達



100円パスタと思い込んで買ったザンギ焼きそばが154円だった件


なんてこったい。



まあうまいけど、このザンギ2個で50円だと考えると泣きたくなるww



甘いもの食べたくて3割引商品を狙って買ってみた


糖分が身体に染みるぜ!



相変わらず手の動きが早いかじくんwwww


何者だよwww



浅葱さん無積載モード!



最北端へは積載無しで向かおうと思います!
まあ、やっぱり一番地図上の”上に行く”訳ですから空高く掲げてやろうかと思いましてw



積載してたら持ち上がらんからね。
ウェイトリフティング的な事して身体壊してもいけないしw



さあ二人とともに宗谷岬を目指しましょう!




かじくんを先頭に暴風の中を突き進みます




道中綺麗な海岸沿いに到着したのでみんなで下りてみます




カメラ目線辞めて下さいwwwww



海岸沿いから宗谷方面を見るとたくさんの風力発電機がありました



勢いよく回ってますねー。
なんで岬ってこんなに風が強いんですかねー。
みんな積載してないのに風の強さに翻弄されてますw



少しの間自転車交換タイム!



僕→かじくんのチャリ
かじくん→ひょくさんのチャリ
ひょくさん→俺のチャリ



そんな感じでちょっと乗ってみる。


パーフェクトバディッ!



気合い十分である。




そしてまた交換してみる



俺→ひょくさんのチャリ
かじくん→俺のチャリ
ひょくさん→かじくんのチャリ


 
かじくんやっぱ俺のチャリ似合わねえwww



しかしかじくんはぶっちぎりで先頭へ



やっぱ自転車がどうのじゃないんだなーと実感。
走るやつはどんな自転車でも走るから俺も負けてられんなと奮起する。
しかし追いつけないwwかじくんwww人間辞めてるwwww早すぎるwwwww



それぞれの自転車が一番だという結論に達し元に戻す。



やっぱり俺にはお前しかいないぜ、浅葱さんよー。




と、ここで一気にひょくさんが前に出た!




それを見つめるかじくん…




追いつくかじくん…




抜去るかじくん!



風とか一切関係がない様子。
かじくんはもはや人外扱いなのでこの時にはさほど驚きはなかったw




二人してアホな会話やコントで弾むw



それを端からみてケラケラ笑う俺。
ひさしぶりのみんなと再会して一緒に走るのはとても楽しかった。




途中いい感じの砂浜があって愛車を撮影したくて下りてみた。




で、ひょくさんが撮ってくれた写真がいい感じだったのでもらったので載せてみる。



いいよね、コレw



まあ自分が載ってる写真な時点で普段はあんまり興味ないんだけど、
これはホントにいい絵になってると思う。ひょくさん人撮るの上手です。



自転車を肩に担いだ姿を自分で撮る事はなかなかないので新鮮でしたw




お返しにひょくさん撮ってみた



煌めくオホーツク海をバックに颯爽と走るひょくさん
黙っておけばかっこいんだけどね、彼は。



オホーツク海は岩がないらしい



確かにボコボコしてなくてもなんだかとても綺麗。
風が吹いた時に海面にビューって線が走るのがすごくかっこ良かった。



しばらく進んで、ここで自分が通りたかった場所を見つけた。



二人に声をかける。


気付かず進む二人…w



風が強過ぎて全く声が届かない。
まあどうせ宗谷岬で合流出来るし、僕はこっちへ行こうかな。



「宗谷丘陵」



海岸沿いをグルっとでも宗谷岬には行けるんですけど,
ここからの景色がなかなか絶景らしく以前フォロワーさんからオススメされてました。
どこにあるんだーとか思ってたらこんなとこから入れるのね。



俺はこっちが見たいので、二人には先に宗谷岬に行ってもらうように連絡を入れる。




なかなかの登り坂ですが積載無しなら楽々でしたw



それなりにしんどいかとも思ってたのですが、全然でしたねw
やっぱり普段あれだけ載せてたら楽に感じるもんですわ。



登る最中周りを見合わして



うんうんいい感じー♪とか思っとりましたが…



もう少し標高が上がった時点で…








見渡す限りの絶景が待っていました



広大な大地と広い空。

多少重い荷を積んでいたとしても十分登る価値のある場所だと感じました。





砂利道を進む道を発見



麓に愛車を置いて歩いてみます。




すごい…



時間を忘れてシャッターを切ります。
日の傾き加減で自分の影が徐々に長くなっていきます。



この景色の中に自分の影が映り込むのがなんだか嬉しかったりね。





食用でしょうか





牛がいましたw



俺が来るなり一斉に向きを変えて




こちらにやってきますwww



なんもやらねーよ?ww



こっちくんなwww






向かい風と登り坂を物ともせず進みます



気付けば日がだいぶ落ちてきました



さきほど連絡をいれておいたひょくさんとかじくんから連絡がありました



「3人で到達しないと意味がないです!ゆっくりでいいので待ってますね。」



そう連絡が来た。



胸が熱くなる事言ってくれるじゃねえか。


 

この道を下るといよいよ日本最北端



思えば色々とトラブルもあったけど北海道に入ってからは、
様々な旅人と行動を共にし、絶景を目にする毎日にすごく幸せを感じていました。




強風吹きすさぶ中、心が折れず到達出来たのは二人のおかげ。




いざ、二人の待つ日本で最も北に位置する場所へ向かいましょう。




そして…









日本最北端到達!!




高々と浅葱さんと天に掲げる。
その重量や22kg、重てえええよwww



幾日もの雨風に負けず、重量に耐え切れず後輪がイカれた時も見事に復活。
無事この地まで俺を運んでくれた事に感謝!これからも頼むぜ!相棒!!






その後はみんなで記念撮影の準備w




俺は密かに日本最北端の地のさらに裏側にいたw




厳密に言えばここが本当に最北端だと思うw
どうやら後日この裏の海に半裸で飛び込んだ猛者がいるらしいので、
そいつが本当の最北端到達チャリダーだと思いますwww



記念撮影が終わったら、寒さに震えながら帰宅ww



本気で漕ぐと言い時速50kmほどでぶっちぎるかじくん




そして僕はひょくさんとまったりと話ながら帰るw




あんな人間バズーカと一緒に帰ったら身体イカれちまうぜw
半分以上進んだポイントでかじくんがお菓子ポリポリしながら待ってたw
冗談で話していたカニを採って食べるというのを真に受けて待ってたらしいww





最後はみんな仲良くセイコマで晩飯の調達




今度こそ慎重に100円である事を確認し100円パスタを手に取るw




ちなみに今日は今までの最高距離更新の137.86km走行しましたが、
積載無しだったので今回の最高距離はノーカンウントとしますw
いずれ…というより北海道にいる間に積載有り200kmは是非達成したいな。




この日はあいにく僕ら3人しかいなかったので、
あの有名な催しは開催されずみんなでぐだぐだしながら夜が更けて行きました。




目標だった日本の最端の一つ、宗谷岬を制覇しました。
いよいよ明日からはバイト探しという名の沈没ライフの始まり始まり〜w





それではまた!




使用金額:2263円
走行距離:137.86km
累計距離:3383km




<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

0 コメント:

コメントを投稿