【81日目】利尻富士登山 -雲の上- 【前編】

雲に覆われる事が多い利尻島。
利尻富士に登り雲を突き抜ける。









どうも、hina8maです。




ついに利尻島を離れ移動を開始しました。
とある旅人と同盟を結びこれから北海道を攻略していきたいと思っとりますw
それぞれがみんなの足りない部分を補って進んで行く感じがたまらなく楽しいですw




ちなみに今回の記事は初めて1日の出来事を分割して前後編でお送りします。
単純に写真が多過ぎたのもあるし、ちょうど分割したほうが収まりがいい気がしまして。




それでは81日目の様子をどうぞ。



「ファミリーキャンプ場ゆーに」にて起床




前回記事の最後にお話したと思いますが、
かじくんが晴れたら利尻富士登山、雨なら海へ釣りに行くという話でしたが…。
非常に微妙な感じですがひとまず晴れてはいますねw




そして宣言通り5時過ぎに俺を起こしにくるかじくんw
ぶっちゃけこの後どうせ雨降るだろうと思ってたのでウダウダやってましたw
それでも誘ってくれたのでせっかくだし行ってみる事に。






ちょうどキャンプ場の前の道から登山口まで続いています




両サイド木々に囲われた道を歩いていると…





木々の間から陽が差してきました!



あまり期待していませんでしたが、
これはかなり晴れてくれるのではと期待が高まる。





まさにその通りです




緩やかな登り坂を登っていると…





北麓キャンプ場を通過




ちょうど僕が泊まっているキャンプ場から2kmほど登った所にあるのがここ。
初めて見ましたがこちらも設備が整って綺麗なキャンプ場でした。
どちらに泊まられても登山はしやすいと思います。




登山口には銀の鳥がお出迎え



いってきます。




所々お日様に照らされた葉っぱがキラキラしてます





利尻山山頂以外にも姫沼やポン山といった場所にも行く事が出来ます




甘露泉というのは利尻富士登山の道中にある湧き水の事ですね。





かじくんと共に歩きます





とても緩やかな道で歩きやすい




失礼ながらさすがおじいさんおばあさんが多いだけの事はある。
それほどキツい道でもなく、これなら楽勝だなと楽観視していた。






「甘露泉水」へ到着




ここ利尻島は害のある野生動物はすべて駆除されています。
熊を始めキツネもすべて駆除されていますので、安心して湧き水を飲む事が出来ます。




そして看板に書いてある通り…これより上に水がありませんw
今思い返してもアホだと思うんですが、朝飯抜き、補給食に水も持たずの登山でしたw
なのでこの辺りで内心すごく焦ってましたww




で、この看板見て二人して笑うw




あれ、もしかして結構大変な山じゃないのか…?w




でももう3合目か!



やっぱり大丈夫だろうと言い聞かせるw



順調にかじくんとともに進んで行きます




しかしこの辺りから徐々に草が左右から生い茂って歩きづらくなる





さらには以前からの雨の影響か地面が泥濘んでいる





道中にはこんな感じの所も




少し足を止めて見渡すと美しい植物達に癒される




既に楽勝という感じではなく普通にしんどかったけど、
気になると足を止めて、レンズを変えてみてどんどん写真を撮ってみる。





しかしかじくんはたくましいな〜




彼もそれほどキツい山だと思っていなかったようで靴はクロックスw
俺もサンダルで二人して「山舐めてるって怒られそうだね」と笑ったのはいい思い出w
僕は途中で写真を撮る為、度々足を止めるので進むスピードに違いがある。




一緒に登ろうという事だがそれぞれのペースで登って行く事に。
かじくんは少し進んで休憩がてら俺の事を待っていてくれた。





ん?やっと4合目かw




二人してこの時点で確信する。




(この山キツくね…?)




4合目過ぎた辺りは笹の葉が茂る道が面倒だったw




徐々に通行中の障害物が増えて行く。
しかし少し進んだ先でかじくんが声をあげるw



なにやらすごいらしいw







ん…?こりゃまさか…




二人して一気にテンションが上がる!





5合目到着!




雷鳥がなんなのかもはやどうでも良かったw
もっと拓けた所で見てみたい!




先を急ぎたいが…




今度はもっと足場が悪くなる…




しかし慎重かつ先を急ぐ。




そしてまた少し前を歩くかじくんが叫ぶ。




声を上げるどころかなんか叫んでるwww






かじくんの視線の先には…

























一面に広がる雲海だー!





細かい発生条件をよく知らなかったので、
雲海が見れるものだと期待しながらの登山ではありませんでした。
それがまさか5合目を越えた場所で見れるとは…




これにはすごく感動しました。

特に俺は天候でいう”曇り”に悩まされ続けました。
いつも空を見上げれば雲ばかり。
その雲より上にいる事が無性に嬉しくてニヤニヤw





かじくんもとてもご満悦な様子w




この雲海を見てからというものの、
この日何度もかじくんにはお礼を言いました。
誘ってくれてなかったら今日山には登らなかっただろうなと。




で、後日談になりますが仕事始まったら登る暇一切なかったですw
この日このタイミングで登れた事が後々本当に良かったなと思ってます。



空を見上げればくっきりと太陽が輝いてます




これだけはっきりと見たのはいつぶりだろうか。
雲の上に来てみた太陽は最高でした。




でも上ばかり見てはもったいない。





せっかくの自分の目線より下の雲を見下ろす




やっぱりニヤニヤw



青い空と緑の山、白い雲に輝く太陽



たまらんぜい。
疲れが出て来たがこの景色のおかげでまた元気になった。
ありがとう利尻富士。




甘露泉水で汲んだお水




「これはhina8maさんの分です」




そういってかじくんが渡してくれました。
なんて優しい子なのっ…。




二人で水分補給挟みつつ引き続き登って行きます




6合目を越え、松に挟まれた道を進んで行きます




ここからさらに険しくなる山道。
飯抜き補給食なしで、手元にはわずかな水のみ。
果たして無事山頂へ辿り着く事が出来るのだろうか!?





後編へ続く!


 


それではまた!





使用金額:1152円
走行距離:未計測
累計距離:未計測





<最後にお願い> ご覧頂きましてありがとうございました。 より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

0 コメント:

コメントを投稿