【81日目】利尻富士登山 -青と緑- 【後編】

空と海の青、山と大地の緑。
そのコントラストに心震える。








どうも、hina8maです。





長かった利尻の生活を終えて、今現在は恩根内という地域にいます。
台風接近中という事もあり停滞場所探しが難航していたのですが、運が良かった。
廃校になった小学校の校舎を手作りで改装したアートビレッジで現在宿泊しています。
そこがなんとも居心地が良く、共に行動する旅人と一緒に楽しく過ごしています。





とても素敵な場所なのでまたその日の記事に詳しく書きますね〜。
天候回復次第、層雲峡を目指して北海道の中心を東へ進む予定です。





それでは81日目の様子をどうぞ。




利尻富士登山の後編です




6合目を過ぎてさらに道は険しくなっていきます。
いつまでも見たくなるような雲海とお別れし先へと進みます。






用を足せると思ったら携帯トイレ専用だったw




逆に水分取り過ぎてたら大変だったかもしれないw





進むにつれてドンドン道が狭くなる…





7合目到着!




だいぶ疲れは出ていたけど、これならなんとかいけるかー!
時刻はまだ9時ぐらいだしいいペースに感じました。





この辺りで雲が徐々に晴れてゆきます




最初はすごく残念に感じましたけど、結果としては良かったと思います。
少しずつ利尻の町並みが見えてくるのは見応えがありました。






道の険しさとは対照的に、美しい草花に癒される




だいぶ雲晴れて来ましたね





足場というよりただの岩場みたいw




角度も急になってきたので両手を使いながらの登山。
ボルダリングの要領で少しずつ登って行く。





リタイアの女性も




一緒に登山している仲間をここで待っているようです。
やはり登山慣れしていないとキツく感じる山みたいですね〜。








標高も高くなり雪残りもチラホラと





雲を見下ろし、さらに高い位置の雲の影が




高い雲と低い雲の位置関係がなんともおもしろい。
地上から見るとどっちも高い場所にあるように見えるんだけどね。





相変わらず太陽の照り返しが熱い…





道もドンドン狭く歩きづらくなるし





時折足を伸ばして休憩を入れる




どこに目をやっても絶景でしかない




雲が晴れて来ると山の表情が少しずつ垣間見える感じ



7合目あたりはかなり松の群生がすごい感じがした。




頂上がだいぶ近くになってきたと感じる




この辺りは一度少し標高が低い位置まで下りてまた登り出す感じ。





まだ雲海の広がる所も




だいぶ雲海は晴れたと思っていたけど山を囲むように雲が発生しているので、
異なる方角を見るとまだまだ雲海が残っていた。
視界が広がって見通せる場所が増えて気付けた感じですね。






さあいよいよ8合目




このぐらいにくればあと少しかなと思ってた。
だいたい8割というとほぼ終盤なので頑張れると思ってたんですけどねー




ここからがしんどかったw





登山中の景色としてはここからの利尻富士が一番カッコよかった




青と緑のコントラストが美しく見蕩れていました。
雲一つない晴天のほうが以前は好きでしたが、利尻といえば雲。
ちょっと頂上に雲がかかってるのもご愛嬌って感じがしてますw






さらに狭くなる道を進むと…





足場が赤土ゾーンへ突入




ここがまあ歩きにくいのなんのってね。
砂利やら瓦礫やらでまあとにかく滑る滑る。






なにやら見慣れない花がいくつか



これが噂に聞く高山植物なんだろうかね。
名前はよく分からないけど、新たな花を発見出来ないか見るのも楽しかったなー。




8合目を通過ししばらくすると「山小屋」もあります




普通にシュラフとマットぐらい持ってくれば寝れそう。
山頂で星撮りしたいと思っていたのでこういうのあると助かりますよね。
色々と日程やら装備の関係で断念してしまったけどw




後日紹介しますけど、利尻の星はすごかったですよー。




時折どころか10分置きぐらいに休憩を挟むw




階段状で多少は足場になってるから歩きやすくなると思いきや、
傾斜がかなりキツいので足に来る。





そしていよいよ9合目





ご丁寧にこんなものまでw




ここからがまさに正念場でした…




おいおい…w




雲がほとんど晴れて来ていた



あの山の先に見えるのはいつも世話になってるフェリーターミナルw
あんなに大きく見えたペシ岬や港がすごく小さく見えた。
特にフェリーなんてアリンコぐらいの大きさで笑っちゃいましたw





頂上まであともう少し…



最後の最後…ここからが本当に大変でしたw





赤土でゴロゴロとした石が転がってる




これがまた滑るんだよw





さらにロープ伝いでないとキツいこの傾斜…





さらにさらに途中にロープすらない場所もww




道の端にロープがあると言えばあるけど、
道を登るためというより登山道の区切りとしてあるだけなので、
そこを持って歩けるほど強度がないという…。





二人ともかなりヘロヘロw






しかし山頂まであとわずか…




そして…












利尻富士頂上へ到着!





標高1721m…すげー疲れたー!
まさか後半があんなにしんどい道だとはw





そしてここから見える景色がこちらー!





 見渡す限りの真っ青!

 


そしてわかりづらいかもですが、
ロシア連邦の樺太島が見えます。いやゆるサハリンですね。
行ってみたいんですけどパスポート持ってなかったw
そもそも日本一周とは関係ないので今回はパスw




 
 水平線にちょうど雲が発生




ちょうど稚内方面は上空に雲に覆われていました。
あの辺りはオロロンの名所とか、サロベツ原野って感じですね〜。





360℃どこを見ても絶景!




頂上付近にも少し雲が発生しすごく近くに雲を感じました。





礼文島もくっきり





頂上でキャンプサイトで少しお話した女性と再会




この方はいっちさんという方なんですけど、
ちょうど前日にせっかくだから登りなーとオススメ頂いてたんですよね。
で、本当に二人してサンダルで登ってくるもんだからビックリしてましたw





いっちさんが補給食がない自分たちに分けてくれました!



本当今思えば無謀だったよな…w




絶景を眺めながらの談笑




いっちさんは長旅ではありませんが、
仕事のお休み期間を利用して北海道を色々と回っていらっしゃるとの事。
北海道にお住まいの方なのでオススメの場所を聞くとちょっと面白いなと思いました。
メジャー所もありますけど、結構聞いた事のない場所もたくさん教えてもらいました。




いっちさん、崩落寸前のアレ見に行く事にしましたよー!
自転車ではかなり危険な場所らしいので移動手段は色々と検討中ですがw







名残惜しいですが時間の都合もあり下山開始





かじくんはバイト先に用事があるとの事で急いでるらしい。
それぞれのペースで下りる事にしましたが、2時間で下山しないと間に合わないとの事。
どう考えても3時間以上かかりそうな道のりだが頑張るらしいww





気をつけてなー!
お互いケガのないよう約束し一旦別れます。






この下りマジ地獄…




まあズルズルズルズルとすべるすべるw
何回尻餅ついただろうな〜。





下りながらの景色もまた絶景




登りと違い雲もだいぶ晴れた状態で麓を見下ろしながらの下山。
急ぐ理由もないのでまったりと…と言いたい所だが…







喉が乾いたwwww
水がないと死んじゃうwwww
かじくんに分けてもらった水は登りきった段階で終了w





そして天使現わる。






アミノサプリくれたー!





先ほど頂上でお会いしたいっちさんが!
何から何まですいません…w





次からは登山前にちゃんと情報収集して装備も整えますw





まあ俺はアホなのですぐに飲み干すというね。
3合目近くの甘露泉水まで水を求めてひたすら黙々と下山しましたww





湧き水キター!!





水を補充して復活!




水飲んだ瞬間から元気になりルンルンで麓までw




やっぱり人間の身体のほとんどは水で出来てんだなーw



で、麓のキャンプ場に戻るとかじくんがパズドラやってたw
どうやら用事は終わったらしく,俺らが下りてくるのを待ってたみたい。
2時間で本当に下りたらしい…無理しやがって…。




ほんで毎度のとしまさんへGo!!




よく考えたら食事らしい食事はまだだったのでなんか食べる事に。
かじくんは今日の最終便で稚内へ戻るらしい。




アイスを頬張るかじくん




利尻に渡ってもかじくんがいた事ですごく安心感がありました。
今日は誘ってくれてありがとうね。





余談ですが俺はどん兵衛食いましたw




分かりますかね?





関西で発売されているのと若干だしの色が違います。
どん兵衛に限らずですが、北海道のカップ麺は利尻昆布を使っているものがあります。
ちゃんとレビューしたかったけど味の違いよく覚えてないww




食べ比べすれば分かるはずだけど、ひさしぶりに食べたしなぁ。
まあたぶん北海道バージョンのがうまく感じたはずw
普段どん兵衛よく食べてる人は是非北海道のも食べてみてくださいなー!




いっちさんも稚内行きの最終便で戻るらしいので、
最後に二人を見送る為にフェリーターミナルへ向かいます。





そしたらいっちさんがミルピス奢ってくれたw




なんか利尻島でしか販売されていない乳製品として有名らしいんですけど、
クッソ高くて買うかかなり迷っていたのですごく嬉しかったー。
ちなみにお値段400円也。




味は牛乳風味のカ○ピスって感じ。
俺はカルピスでいいやwwww




みんなで最後に乾杯!




いっちさんビールwww



色々とよくして頂いてありがとうございました!





外に出て二人を見送ります





あの真ん中ら辺にいるのがいっちさんとかじくん




船が見えなくなるまで手を振りました




ずっと動かず利尻で停滞している訳ですが、
こうやって誰かと出会って、見送る立場になるとは思ってなかったな。
これもバイトがなかなか始まらないおかげ?になるのかな。




二人とも楽しい時間をありがとうございました!
あ、ちなみに礼文からの帰りのテラ熊さんも乗船されてましたw
なので3人ともありがとうございました!!
また日本のどこかで会いましょう〜。




そしてついに明日から昆布干しが始まると連絡がありました。
寂しがる暇もなく明日からは慌ただしい日になるのかな。




明日に備えてキャンプ場に戻りましょうかね。





ちなみにこのミルピスの瓶を返却すると1本50円に変えてくれますw




あいにく漁業組合ストアがお休みだったので返せませんでしたがw
販売だけならこの漁組ストアやフェリーターミナルでも売ってるみたいですが、
島の外周を回ると裏側ぐらいに本家のお店があるみたいなので、
余裕がある方は是非そちらのお店に寄ってみてくださいな。





キャンプ場に戻り自炊!





適当に竹輪と白菜をキムチで炒めて〜




ラーメンにぶち込んで食べました〜





竹輪は保存効きやすいし、何よりうまいので大好き。
ごま油で炒めたらそれだけで御飯何杯でもイケるぜ!
サクっと済ませて明日の初出勤に備えます。





ずっと雨で悶々としていましたが、今日はカラっと晴れての利尻富士登山。
壮大な景色に感動し、雨続きで溜まったうっぷんをしっかりと吐き出しました。
明日から始まる昆布干しバイトは一体どんな仕事だろうか。




期待と不安入り交じりつつの就寝となります。




それではまた!




使用金額:1152円
走行距離:未計測
累計距離:未計測






<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. どうも~ぺ天使です(^^♪
    無事に旅を続けているようで何よりです。
    羆に遭遇したあとに更新途切れたので少し
    心配しましたよ・・・
    これからも綺麗な写真楽しみにしています!

    返信削除
    返信
    1. >いっちさん

      お返事遅くなってごめんなさい(汗
      熊遭遇の後はしばらく電波圏外の場所だったもので…w
      まだまだですが、自分の納得出来る写真が撮れるように頑張っていきます!!

      削除