【101日目】ある日山の中の湖畔沿いで熊さんに出会った

立った…。
ヒグマが立った!!








どうも、hina8maです。





毎度RH "ヤドカリの家" より更新作業でーす。
なんだか更新捗り過ぎてひさしぶりに楽しいなーと思いつつ更新してます。
個人的にはこの北海道の内陸の話は記事にするのをとても楽しみにしていました。
燃えに燃えた内陸編、楽しんで頂ければ幸いです。





それでは101日目の様子をどうぞ。




流星・銀河の滝の駐車場にて起床





そっぴーさんのマスコットに占領されたBrooksちゃん。
いつもプー太くんは出てくるけど、ピンクの子は久しぶりに見たw
チャリダーの中でもだいぶマスコット愛に溢れる人、それがそっぴーさんね。
 





沢の音が心地良いねー!




ほな朝飯にしましょーねー。




麻婆おおおおおおお






Dooooooooon!!!!




うんま。




お米が余ったのでおにぎりにして入れてみた





しかもマエダさんに桃カルピスもらったーww
こうやって籠にいれてるとなんだかピクニックみたいでウキウキ。





まあ実際今日も峠越えなんでそんな気分じゃねーけどなww







今日も相変わらず険しい岩肌してんなー






かっけえわ…





この駐車場から少し登った場所にいい感じで見れる場所があるらしい。
出発前にみんなで見に行ってみる事に。





ちなみにその登り口の一番最初にデカデカと




”熊出没注意”と書いてますのでご注意を。
(看板撮影してたはずなのに…アップロードの時に写真消し飛んだか…?)







少し見晴らしが良くなったポイントで撮影







うーん、素晴らしい




銀河の滝(左)、流星の滝(右) 
個人的には銀河がいいな。






やっぱここは縦位置でしょー





双瀑台からの眺めです。
かなりの遠目ですが、なかなか壮大な眺めです。
人工物の遮りがないのでやっぱいいですねー。




ちなみBlogレイアウトの関係であんまり縦位置の写真UPしなかったんですが、
なんか元サイズのままにすればいい感じに表示される事が判明。
これからちょくちょくあげていこかな。






徐々に日差しも出て来て気持ちいい





これなんて木だろう





所々葉っぱがピンク色になってて、可愛らしい。
豚の脚裏みたいに見えるので僕は勝手に豚の木って呼んでますww





下り際にもまた撮影ー





うーん、やっぱ銀河だわ




ド迫力って感じのドバドバーってよりも
流れ落ちるような滝の方が僕は好みみたいです。




麓に下りてからは撤収準備して、いざ出発!





バイバイ層雲峡





いつか大函、小函はリベンジしてみせるぜ…。





最後に一言。








柱状節理ぱねえ。









なんだか壮大な名前のトンネルを越えます





ここがめっちゃ長いんですよ…。



確か3000mぐらいあってしかも後半、道ボッコボコなんだわ。
むしろ溝の中走ってんじゃないかってぐらい怠かったww





トンネルを抜ければ綺麗な湖畔が見えます






ここは "大雪湖"





うーん…、まあ普通かな…w
特に大した感動もなかったんだけど何枚か適当に写真撮ってると…














「そこ、ヒグマいるから気をつけてな」








隣にいたパトロールのおっちゃんが言った。
サラっとすごい事言うなこの人。





指差す先を見ると確かにゴソゴソしてる…。
距離にして約30mほど。近い。アレヤバくない?
おっちゃん曰く、さっきまで道路にいたらしい。
キョロキョロして割と興奮状態で危なかったとの事。




そっぴーさん、マエダさんは先に行ってたはずだが大丈夫だろうか…。
というか、このおっちゃんなんか見た事あんな…

そう思ってたらおっちゃんに言われた。








「苫小牧行きのフェリーの中にいた子だよね?」








あああああああ、あんときのおっちゃんか!?w

実は秋田⇄苫小牧フェリーの同室になったおっちゃんでした。
なんかパトロールの仕事がどうのって言ってたような気がするww
既視感はずっとあったけど先に気付けなくてごめんなさいww




盛り上がる二人。
そして談笑を初める二人。





すぐそこにはヒグマがいるのに。









そしてもう一人のパトロールのお兄さんが口を開く。






「時速60kmで走るから気をつけてね」



「道路で立ち上がったヒグマと遭遇したら死んだと思った方がいいよ」



 「もうちょっと早かったら危なかったね」



 「その荷物だと逃げられないねw」







さっきから何を言っているんだこのお兄さん。






そうこうしていると警察の方も来られて様子を伺ってると…






あ…
















ぎゃああああああ!!!






立ったあああああ!!!!!






ヒグマが立ったああああああ!!!!!!!











クララもビックリの立ち上がりっぷり。
え?なになに、本気出しちゃうの?





ここで警察の方から避難勧告発令。
どうやらホントにヤバいらしい。






ま、結局は湖方面にノソノソと去って事なきを得ましたけどねw









それにしても…























怖かった。





ぶっちゃけ、熊見てみたいって話良く聞くし、
俺も見てみたいと正直思ってたけど近くで見たらそんな事言えなくなりますわ…。
その気になればすぐ距離詰められるだろうし、内心ヒヤヒヤでした。





自分一人ではなかった事、パトロール、警察の人が一緒にいた事、
最悪の場合すぐに車に逃げ込める環境があった為観察してたという感じですね。





単独で遭遇してたら…うん、間違いなくヤバい。
真っ昼間の国道沿いに平気で出てくるもんだからビックリしたわ。
何十年も北海道に住んでて見た事ないって人もいれば、
北海道童貞捧げたばかりの俺でも遭う時は遭う。





皆さんご注意を。
でもやっぱり見れて嬉しかったなw







そしてやってきた 登 坂 車 線





今日のお相手は ”石北峠” というちょっとしんどい坂でございます。






途中ゼエゼエいいながらも休憩いれつつ…






制覇!





あー楽勝だった。すげー楽勝。もうあっという間だったよ。
気付いたら頂上だったよ。意識失いかけてたから。





途中緩やかな部分もあったけど大体5%前後で割とキツかったw
でもこの峠、久しぶりに脚をつかず登り切る事が出来て成長を感じました。
内陸走り出して徐々に進化を遂げております。





あとみんなが頂上で待っててくれた、というのも力に変わりましたね。

 



「思ったより早かったねー」と言ってもらえてニンマリ。






ご褒美にアイスを頬張りやす







頂上で待ち構えているクマー




こういうのみてすげー見てみてーとか言ってたんだよね。
リアルクマー見てからはこれすら怖いわ…。
冷静に考えるとこれ作るのに熊の腹掻っ捌いて、
中の臓物全部えぐり出して作ってるんだよなぁ…。






頂上の売店で空き缶で作ったなんかクルクル回るやつに萌える





欲しいなー自転車に取り付けたいなーとか思ってたけど
500円しますって言われて、やっぱイラネってなったwww
自分で作れるらしいんだけど、誰か作り方教えてくれw





峠のてっぺんからなのでここからは一気に下りー。
下りだけドヤ顏ガンガン飛ばすヤツwwww




私です。





道中お馬に萌えつつ






平地も快調に飛ばす




俺以外。




そしてこのルートで割と楽しみにしていたのが…







”くまがい北きつね牧場”でございます。





なんとここ、飼育されているキツネをもふもふできる施設なのです!
こりゃもう行くしかないってんで、来て見たんですが…









ぎゃああああああ!!!






立ったあああああ!!!!!






ヒグマが立ったああああああ!!!!!!!








え?もういいって?

俺ももうゴメンだよ。
なんできつねの牧場に来てこんなデカい熊の人形置いてんだよ。
しかもなんでこんなボロボロなんだよ。よくわかんねーよ。





敷地内に入るとそこには…











イヌかお前は






はい、ご覧の通りのキツネちゃんですw
なんか牧場って聞いてたからてっきり柵の中にいるんだと思ってたけど,
よく考えたら繫いでないとそら逃げるからしゃーないよねー。





中には毛並みの整ったキツネたん





可愛い。
とてつもなく可愛い。
でもこいつには触れなかったw
やっぱりキツネって警戒心が強いんだなー。





そして僕のお気に入りの子が…









タヌ…キ…?





いいえ、キツネです。
なんだかキツネっぽくないけどこの子がとっても可愛かった///






この牧場ではエサを上げる事も出来ます







旨かったかー?






俺にもよこせ





お前はもうちょっと待て。
もう少し愛嬌を振りまけ、話はそれからだ。







お前もめんこいのぉ




ウリウリウリウリ
あご撫でてたら…







どうもすいませんでした




クッソ痛い。

顎の力どうなってんだ、その辺りの小型犬より余裕で殺傷力高杉
キツネに萌えキュンしてた感情が一瞬で消え去りそうになったwww
katsuさんに絆創膏もらってしばらく凹んでましたw








新たなキツネちゃんを餌付けして







弄ぶww





外に合計4匹いたんだけど、こいつが一番犬だったww






この子にも餌付けして







ちょれーもんだぜwwww







仲睦まじいこの二匹





最初結構な勢いでケンカしてんだと思ったらじゃれてただけだった。
思った以上にキツネって気性が荒いのかなーと思ってみたり。







売店ではやたらキツネグッズ売ってた





そしてマエダさんがキツネの毛で出来たベストを本気で買おうか迷ってたw
結局買わなかったけど、また欲しくなれば来ればいいやとか言ってた。
そんなに欲しかったのか…






最後までこの子は警戒心バリバリでござんした




バイバイ
無料だし、それなりに楽しめましたー。
噂のエキノコックスは持ってないキツネだという話だったけど、
冷静に考えたら外に繫いでたらどっかからもらったりしないのかな。
俺ガッツリ噛まれたんだが。





数年後、肝機能障害で逝ったらおそらくコレが原因だな。





先へいきますー!






誰の恋人だよ…






2
"道の駅おんねゆ温泉" へ到着





色んな売店が立ち並んでて、アイス屋さんへin




そっぴーさんがサツマイモ、マエダさんはそばだったかな?





ご満悦ですw






こちらの道の駅、有名な鳩時計があります






”果夢林” と名付けられたこの鳩時計




1時間毎にどうやら動くらしい。
ちょうど時刻は14時。ちょっと見てみよう。






ワクワク






!?(おっさん出て来たぞ…)






…(ガキまで出て来た…)






…(揺れてやがる…)







ハトなんか想像と違うww




しかも出番一瞬wwww






愉快な音楽とともに微妙に躍る爺、子、鳩




針が示す通り5分ほど愉快な音楽とともになんか動いてた。
うん、まあ色んな意味でおもしろかったよw






お菓子で糖分補給〜





いつもみんなに色々もらってるので分けっこしましたー。
凍ったままで中のクリームがシャリシャリいって微妙でしたw





さてすぐ近場のキャンプ場へ移動する前に買い出ししましょー。















この街大丈夫か…?
軒並みなんか知らんけど閉店してて買い出し出来ず。




とりあえずキャンプ場へ先に移動する事に。






”つつじ公園キャンプ場” へ到着〜





駐輪場の近くにいたおじさんがマスの切り身があるので夜食べにこいとの事




ご厚意に甘える方向でテントを立てに移動〜






浅葱さんの間違った使い方





後ろに乗せるのは女子だけって決まってんだよ!!!!!
二人乗りバージンを奪われた浅葱さん。可哀想に。
そんなマエダさんと、後そっぴーさんの2人組で買い出しに言ってもらえる事に。




そしたら…





突然降り出す雨…




案の定二人はズブ濡れになってしまいました。
しかもそっぴーさんのテントのポールが折れてたみたいで中もびしょ濡れ。
こりゃやってられんとの事で、近くのホテルで一泊される事に。
マエダさんも一人には出来ないと漢気あふれる感じで一緒に行きました。






僕とkatsuさんは約束しちゃってたのでマスおじさんにご馳走してもらいました





二人には悪いなーと思いつつも、厚意を無下にする事も出来ず。
なんだか複雑な気持ちで食事を済まし、雨の降る中テントに戻りました。
二人は元気になっただろうか。まさか雨降ると思っていなかったので、
ズブ濡れになった二人を見た時なんだかとても申し訳なかったな。





明日はみんな揃って寝れると嬉しい。
そんな事を思いつつの就寝です。





それではまた!





使用金額:162円
走行距離:66.20km
累計距離:4148km





<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

0 コメント:

コメントを投稿