【102日目】下調べしていないからこその

何も知らない。
時に、感動を生む。








どうも、hina8maです。





RH ”ヤドカリ” の家に更新作業でーす。
お前はヤドカリか、というぐらい動かず毛布被ってカタカタカタカタ。
お盆を開けてシーズンじゃなくなったからなのか、人減りましたねー。





と、ここまで書いてて夜になったら急激に人増えててワロタw
やっぱバイカーさんはこの時期たくさん旅してるんですねー。
動きたくてうずうずな今日この頃。





それでは102日目の様子をどうぞ。



”つつじ公園キャンプ場” にて起床




大きな木の下でいい感じに撮影したいというだけの為にここにテント貼ったw
そしたら朝起きてテント撤収作業しているととある事に気付く。




どうやら木の根っこの上に立ててしまってみたいで…
グランドシートが樹液でベタベタになってて泣いた。






昨日の雨が嘘のような晴れ空




そうこうしていると昨夜ホテル組の二人が帰って来た!








いつも通りで安心したw





昨夜はお楽しみでしたね^^
アッー





朝から焼き肉w




みんなで食べましょうって言ってた食材なので二人と合流してからの調理。
少しずつ分け合いっこして軽く朝食を済ませましたw




今日はそれぞれ別行動とし、宿泊予定の道の駅で合流という話に。





適当にコンビニで補給入れていざ出発!






と言ってもまたマエダさんとすぐ合流しちゃったw




よく考えたら今日の道の駅の周辺にはスーパーなんてなさそうな雰囲気。
なのでここで買い出しを済ませてから進む事に。




そっぴーさん、katsuさんはそれぞれ同じルートを通過してるみたい。
俺はというと…最短ルートを通る為に山の中を通るルートに決定。
直前に知りましたが、どうやら湖と滝が道中ある模様。
大した距離でもないので写真でも撮影してまったり行こうかなーと。





で、マエダさんもそっちがおもしそうだ!
という事になり一緒に行動する事に。






いきなり登ってますねぇ…






ヒイコラ言いながら登ったら安定の片側通行





なんか北海道ってやたら片側通行の道多いよねー。







それなりにしんどい道ではありましたが良い景色に癒されてトントンかな






ちょっとだけかっこいいマエダさん




前から思ってたんだけどカメラ肩掛けはロマンだと思うんだ。
防水効いたフロントバッグへ収めるのは機能的で便利だし、
ぶっちゃけ羨ましいけどww




やっぱ気になる風景があったらすぐ撮影できる肩掛け最強だよね。
いや、フロントバッグに入れてても同じぐらいの手間かも知れないけど、
やっぱりロマンある。そこにカメラがあるという事が大事な気がする。






車通りも少なく気持ちいい






しかしねー




この道ねー






無駄にアップダウンが多かった。






標高ほとんど上がらずプラマイゼロなのにやたら勾配もキツかったww




何度も「何やってんすか!先輩!!」




とマエダさんから煽られる。




いやー、俺についてくるのが悪い。
俺がまともな道走る訳ないじゃなーいwww
地図見てもよく分かんねーんだもんw






メジャーじゃないと思われる道だけどやたらいい景色!







相変わらず坂はエグいけどな!





頻繁に7%前後の坂がちょいちょい出てくるので吐きそうw
短い区間だけですぐ下りか平坦になるので別にいいけどww







そして徐々に雲行きが怪しくなる…





どうやら予報だと15時ぐらいから雨が降る予報みたい。
katsuさんが雨雲レーダーを駆使して良く調べてたので朝聞いて知ってた。
なので実はあんまりゆっくりは出来ない事に気付くw
まあなんとかなるかー。




Mapを辿り進んで行くと凄く分かりづらいとこに到達。




片側通行の場所のおっちゃんに、進む予定の方向で合っているか確認した。
そしたらおっちゃんが急に訳分かんない事言うんですよ。





「足の無い人に気をつけるんだよ(ニッコリ)」





いやいやいやいや。
会話成り立ってないからww




「こっちの道で合ってますか?」って聞いたの、オレは!




一応目的の道の駅の途中にですねー
チミケップ湖という場所があるんですよ。
だからそこに行きたいんだよーって言ったらおっちゃんが言うんだ。





「そこ出るって有名なとこだから気をつけて」
「イタズラに写真撮らない方がいい」





あー、心霊スポットでいらっしゃいますかw
その話聞いてから調べたらまあ結構有名な場所みたいですわw
とりあえず心霊写真目的では写真撮らないし、冷やかしじゃないよーと説明。




 
とりあえずマエダさん、俺両方とも霊感0という事を確認し進む事を決意。
とはいえあんな話聞いたらやっぱり怖い訳で。
とにかく怖い現象が起きない事を祈りつつ進む。





それがあんな目に遭うとはね…この時は知る由もない。









片側通行を進みー






徐々に峠道に差し掛かると…













What's!?





ナンダコノミチハ






ダートジャネエカ





コッチデアッテルラシイ





マエダさんと顔を見合わせる。











hina&マ「行くしかねー!!」






この時のテンションはちょっとおかしかったw
でも、なんだか少しワクワクもしていた。





まあ言っても小砂利のちょろいダートだ





積載してるとダートはキツいけどまあなんとかなるっしょ。
あまり行ってる話を聞いた事も無い場所だったしもしかしたら絶景が待ってるかも。
段々テンション上がって来たw




 


今にも倒れそうな木々に囲まれた砂利道を走る





今にも熊が出てきそうな道なので二人で手分けして左右を確認。
というか直感的にここは普通に熊いるような気がした。
やたらデカい糞に蝶々がいっぱい群がってやがる…。






この看板過ぎたあたりかなー










路面状況がさらに悪化





この粒のダートはちょっとマズくないか?ww





これで少し上り勾配だから余計にきっついww






いつの間にやらカントリーサイン





何気に看板やらミラーやら微妙に人の手が入ってるんだけど、
チミケップ湖に着くまでに車にすれ違ったのは1台だけでしたw






さらにさらにどんどん勾配はキツくなりなんか地面も緩くなる









これ自転車で通る道じゃねえ






色々と気付くの遅過ぎた。
もう後には引けないしもうヤケクソ。





しかし地獄は長く続かないもの。






やっとこさ抜け出したー!!




やったー!
二人して大声で歓喜の雄叫びいいいw
クッソダートがwwwww二度と通るかwwww




ここはwww天国wwwですか?wwwwwww












もうダメだここwwww




期待させんなやwww
もうこの後ずーっとチミケップ湖到着まで、
というより湖をグルっと取り囲むように延々ダートでした。




ほんでなんとか到着。





キャンプ場やら






野鳥公園やら





なんだか割と整備されてるっぽい?
湖沿いまで来れば人がチラホラと車も2台ほどすれ違いました。
観光地化されていないだけで、それなりに人は来るのかな。






もう一個キャンプ場発見




言われなくても水泳なんてしないよw
でもこんな看板があるって事は過去に誰かしたんだろうね…。
幽霊に引きずり込まれても知らねーぞ…。







安定の熊出没注意の看板




この周辺はなんか普通に出る気がする。
多少の人の手が入ってる感じはあるけど、
今にも出てきそうな雰囲気でしたね。




あ、もちろん熊の方ですよ?




そこからなかなか湖見れないなーと思ってたんですが、
しばらく走るとやっと湖畔が見れる場所へ到着。







”Chimikepp hotel”





チミケップ湖沿いにある唯一の宿泊施設。
オーベルジュと言われてるのでメインはレストランですね。
なんだかここの外観に心打たれました。落ち着いててなんともいい感じ。
後で調べた所、完全予約制で芸能人とかもお忍びで来る場所みたい。




これは後で調べた事だけど2日前に予約すればランチも頂けるらしい。
ちなみに一泊は余裕で一万円overなので軽々と旅中には泊まれないかなw
ただ、いつか泊まってみたいと思わせてくれる場所でした。
お金貯めて、一緒に来たいと思う人が出来たらまた来たいな。




もちろん今度は車でw




 さてさて肝心の湖ですが…








とても透明度が高く





静かな落ち着いた湖といった感じ




素晴らしい。





なかなか湖畔沿いに下りれる所がない…





それでも、やっと一箇所見つけました






うーん、綺麗だ




倒木やら石ころやらがくっきりと見えてます。
映り込んだ木の陰がゆらゆらと揺れております。
しかしあくまで静けさは保ちつつ。





多くの木々に囲まれて空気がとても澄んでます






いやー、正直いうとここに一泊したくなりましたw
この頃には心霊スポットであるとか頭から吹っ飛んでた。
これだけ静かに自然を感じられるキャンプ場もそうないだろうなー。
ただ団体行動で野営地の集合場所は決めてたので泣く泣く断念。




後ろ髪惹かれつつチミケップ湖とお別れ。
次は少し先にある滝を目指す事に。






それがこの "鹿鳴(ろくめい)の滝"




いざ。





滝のすぐそばに下りる道はなかなかの険しさ







下りてみるとそこには小さな段差の滝がありました







チミケップ湖同様に静まり返った中、滝の流れる音だけが聞こえます






倒木がなんともいい感じですわ






ところどころフキが生えています





何気なく生えている植物がなんともいい感じなんですよねー。





長い間流れる水によって削られて石段





最初人工的に削られたのかと思ってたけど、調べたら自然に出来たものらしい。





透き通って水もとっても綺麗






人の手が行き届いていない感じが逆に素晴らしい







あっぱれ




自分は落差があってド迫力!というよりも、
こういう身近に水の流れを感じられる場所がとても好きです。
滝、石段、木々、倒木、苔、色んな要素が絶妙に交わるそんな滝でした。
それら含めその場に立った時の感動は今でも忘れません。





上流の方が多少整備されているのが少しだけ残念でしたが、
ここが今まで見て来た滝の中で一番いいなと思えましたねー。





ちなみに紋別郡遠軽町に全く同名の滝があるので、
もし行きたい!と思ってくれた方がいたらご注意下さいませ。




鹿鳴の滝を越えてもしばらくはダートが続きましたが…








無事突破!!





なんだか謎の感動に包まれましたw
いやー、色んな意味で今日はキツかったけど楽しかった!





事前に調べていれば、ダートに捕まる事もなかったんだけどね。
ダートの総距離15kmほどあったみたいです。知ってたら行かないよね。
あ、 "チミケップ湖" と "鹿鳴の滝" を見るだけなら、
津別側から3kmほどダート進めばあるので楽です。




下調べをしていればこんなにしんどい想いはしなかっただろうけど、
下調べをしていなかったからこそ今日見た場所にはすごく感銘を受けました。
やはり自分はあまり他の人が行ってない場所の方が好きみたい。
せっかく旅するなら行き当たりばったりで行ってもいいじゃない。
それに対する苦労や感動も旅の一部になるよね。




計画的に進んで行けばより多くの自分の行きたい場所にも行けるんでしょうけど、
自分はこういうスタイルでいいのかなと思えた、そんな一日でした。




さて、予報の雨はどこへやら。
天気はよくなっていましたがすっかり時間を取られました。
先を急ぎましょうー!






やっと見つけた売店で補給を入れて道の駅を目指します!






が…









気付いたら空を見上げていたww





体力限界でもう漕げなくなったwww





オレに構わず先に行け!!!






的な事をマエダさんにお伝え。
俺はしばらく休んでから進む事に。




ぶっちゃけホント限界に近かったのですよー。
綺麗な景色見て脳汁出まくってて麻痺してたけどだいぶ消耗してました。
ダート+何気に勾配7、8%ぐらいの坂押してたりしてましたし。






路肩にへばり込みながらマエダさんがくれた補給食をぶちこむ






そしてヤケクソラストスパート





最後の力を振り絞れば意外となんとかなるというね。
限界だと思っても少し休めば、力を振り絞れる。
人間の身体って不思議な作りしてますよねー。





仲間の待つ道の駅を目指しぶっ飛ばします。





ここは天国ですか…?





katsuさん寝転がってるww
みんな荷物運び込んでまったりしとらした。





ここは道の駅 "あいおい" という場所で、
SLを改装して中で寝れるようになっております。
有名なとこだと "おこっぺ" とかがSLで寝れますねー。
暗くてうまく撮れないので明日また紹介しますねー!





到着してから適当にダベってると…






「hina8maさんですか?」






まさかの声かけw
最近ふいに声かけられる事が多いのでビックリ。
こもやしさんという日本一周チャリダーのお母様でした。
まだお会いした事はないのですが、先にお母様に会う事になるとはw





自分の同行を気にして下さってたみたいで嬉しい限り。
ただ僕のBlogの更新がクッソ遅いからそっぴーさんの見て分かったらしいw
なんというかサーセンwww誠心誠意を更新致します。




そこから色々と話に花を咲かせまして差し入れまで!
えーと、何かというとなんとも珍しい一味唐辛子を頂きました!
えーと確か ”羅帝(仮)" という名前だったと思う。
(仮)になってるのは確かまだ名前は決まってなかったのかな。





写真撮ってたのにアップロードの時になぜか消滅したっぽい…。
ちゃんとご紹介出来ず申し訳ないです…。
 



その後、僕が好きそうな施設が近くにあるから是非!と教えて頂きました。






夜なのに車で下見に連れていってくれました!





”シゲチャンランド” という立体作家さんの私設美術館。
まあ次の記事で紹介しますが、色々とカオスですww
芸術は奥深い。




ぶっちゃけすごく面白そうで興味があったし、
なにより知り合いのつてで無料で行けるようにしてくれるという話だったんですが…
明日の走行予定を考えると開館時間まで時間を持て余す事になってしますので、
申し訳なかったのですが今回はお断りさせて頂きました。




それでも笑顔でいいよいいよと言ってくれたのはとても嬉しかったな。




こもやしさんのお母様とお別れし、晩飯作りー





今日は他人丼にしましたー





まあ普通に親子丼みたいなで安定してますわw





ちなみに写真じゃ分かりにくいのですが、
頂いた一味唐辛子をかけて頂きましたが大変マッチしとりました。
またうどんとか作った時にぶっかけたいなー。





そんなこんなで腹を満たし、みんな仲良く列車でおやすみなさーい。
明日は北海道でも随一のお気に入りとなったあの場所へ行く事に。





それではまた!





使用金額:200円
走行距離:82.22km
累計距離:4230km






<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. hina8maさんこんにちは、なんかツイッター見てたらバイトが決まったみたいでおめでとうございます。
    そういえば僕もアイヌコタンでhina8maさんと初めて会った時もふいに声をかけたなあとあの時の事を思い出しましたw。
    他の人のブログで動向が分かってしまうのは結構旅人あるあるかもですねw。
    月並みですがお仕事がんばってください、ブログも楽しみにしてますよw(俗な世の中に戻ってしまった今旅仲間のブログを見るのが最高の楽しみです)

    返信削除
    返信
    1. >トミーさん

      こんばんはー!
      無事バイトが決まってホッと一息ついておりますw
      僕もアイヌコタンでまさかトミーさんに会う事になるとは想像もしていなかったです!w


      旅の真っ最中はなかなか他の方のブログ巡回出来なかったのですが、
      今になってトミーさんの気持ちがよく分かるような気がします^^

      削除