【103日目】神秘の湖へ

美しき湖面。
愛しきオンネトー。








どうも、hina8maです。





毎度毎度のRHヤドカリの家から更新作業でーす。
今日は仕事始めの予定だったけど、先日の雨でお休みになる。
で、なぜか昼過ぎからピーカン(死後)になったのでちょっとお出かけしてみた。
目的地にも到着せずおめおめと逃げ帰ってきましたがねwwww
もう…脚はよ治ってくれや。





 それでは103日目の様子をどうぞ。




道の駅 "あいおい" にて起床




はい、ご覧の通りの電車の中で就寝致しましたー。
あのー、前回の記事で思いっきりSLで寝たとか書きましたがありゃ間違いだ。
修正するので面倒なので、こっちで訂正しときますww
だってSLで寝たかったんだもんww暗かったんだもんwwSLだと思ったんだもんww




サーセンしたーww




朝ご飯の準備をしていると、とあるおばさまからお声かけ頂く。




「◯◯さん(こもやしさんのお母様)から聞いてるよ!」




おお、なんとこもやしさんのお母様が道の駅のスタッフさんに、
お話してくれていたみたいで、開店前に差し入れを下さる事に!






”TOUFU”





ジャパニーズ、ナイスデリシャスフードですわ。
しかも作り立てと来たら美味しくない訳がないよねー。
なんで豆からあんなうまいものが生成されるのが謎だわ。
あ、僕、豆は全般そんなに好きじゃないですが、豆腐は好物ですw







"TOUFU"






"ONIGIRI"







"MATSUMAEDUKE"






デリイイイイイイイイイシャス!!!!!






朝からてんこもりの差し入れ朝ご飯頂きマジありがとうございます!!
もう作り立ての豆腐に握りたてのおにぎりに生まれたての松前漬けで最高でした!!





あ、ちなみに松前漬けって初めて食べましたけどすごい旨いんですね…。
松前漬けって一体何者?海藻?海苔?なんかよく分からんけどとにかく旨かった。




ちなmにこの外人かぶれキャラに特に意味はない。
和食の良さを表現しようとしたら勝手に言語が不自由になってた。






オレの申し訳程度のカレーうどんが霞むぜ…





カレーうどんってなんだよ。
インドか日本かはっきりしろよな。






物珍しくもなくなったクワガタと遊ぶ





水分補給もしてー






TOMATOマデサシイレイタダイタ!!!





イタレリツクセリ!!!





いや、ホントにありがとうございます…。
頭上がらんですわ…。



全力でお礼をお伝えし出発!







ほどなくして昨夜連れていってもらった ”シゲチャンランド” へ到着〜








んー、とても前衛的なオブジェですねー




早く時代が追いつくといいですねー。
いや、時代は既に追いついてて俺が追いついてないだけなのかもしれない…。
奥に行くともっとカオスな何かが待ってそうな予感がプンプンしますねー。
ここはホントおもしろい場所らしいので興味がある方は是非是非ー!







安定の片側通行を通過し






今日もいつも通り峠道ですわー…





今日も中間の目的地で集合を約束しそれぞれ別で行動ー。
なぜかマエダさんとペアになる事が多いんですがね。





俺ケツ狙われてんのかなぁ…。






それなりにいい調子で釧路市入りー!






快調に下りながら空を見上げるといい雲ー!!






二人に追いつくぞーってな感じでぶっ飛ばしてると…






そっぴーさんが路肩に座り込んでた





なにやら事情を聞くと走行中にパニアバッグを固定してた金具が外れたらしく、
あわや転倒事故という状態だったらしい…。無事で良かった…。






便乗して僕らも休憩





オレに構わず先へ行け!という事だったので、
遠慮なく先に行く鬼畜なオレとマエダさんなのでした。
俺が同じ立場なら待ってて待っててとゴネゴネしちゃうわw
とりあえず阿寒湖のコンビニを目指す事にー。







で、一旦ローソンで昼飯ターイム






なんと焼きそば弁当にたらこ味なるものが…





はい、これ最強です。







もうかれこれ2年ほど前になるかなー。
"俺の塩" たらこ味というカップ焼きそばがありましてねー
それが大好きで大好きでもうハマりにハマって箱買いした事あるんですよ。





1箱(44個入り)で。




もうなくなってしまうってもんだから、
どうしてもお別れがつらくて箱買いしちゃったんですよねー。
まあどれだけ好きでも毎日食ってたら飽きちゃってもういいやってなったんですがねw




それでもたまに食べたいなーと思う味だったのですが、
もうそれにソックリな味な訳ですよ。しかも中華スープ付きという。
ということで個人的北海道最強焼きそばに認定させて頂きました。




そんな懐かしい味を楽しみつつみんなと合流。






阿寒湖温泉街にはたくさんのお店が並んでいます








こちらの雑貨屋にみんなで立ち寄ってみました




綺麗なお姉様に迎えられみんなで雑貨を物色。
僕は超絶金欠だったのでここでお金は使わず指を咥えて見ておりましたw
みんななんか買ってたと思うけどこの辺りの事はよく覚えていない。
お姉さん可愛いなー、二の腕たまんねーなーとか思ってただけです。








新妻…







阿寒湖といえばアイヌ





という事で ”アイヌコタン” に寄って見る事に。
ここは面白そうだなーと事前に行きたいと思っていたので楽しみ!




しかしですねー…





こいつらがやたらいるんですわ、ここ
 





見てくれよこの顔…




ほんと忌々しいぜ…。





利尻も大概でしたがここも相当手癖悪いやつばっかりでしたw




katsuさんのチャリ襲撃されてらっしゃる。
俺は前籠の入れてた飴をかっ攫われたww
適当に追い払いビニール類はしまって対策。







気を取り直しご入場〜





とりあえず飯にするかーって事で、
事前に調べておいた喫茶店に入りランチを頂く事に。







”ポロンノ”








可愛らしい雑貨や小物に囲まれていい感じの店内






各々注文を頼む






俺はさっきローソンで食べたので "ポッチェイモ" にしました







説明は面倒なのでコレ見てくださいw





味はというと…
うーん、なんかボソボソしてそんなに唸るほどのものでもなかったかな。
良く言えば自然の優しい味。悪く言えば味がないww





そっぴーさん、katsuさんは”ユック丼” をオーダー




これ、鹿のお肉らしいんですよねー。
食べてみたかったんですがそんなにお腹空いてなかったし、
なによりこれ1000円するんですよね…。ぶっちゃけ高い。





でもそっぴーさんがちょっと分けてくれたw




しかもいい感じに盛りつけまでww
そっぴーたん優しい…。





お味はまあ普通に肉でしたw
うん、美味しいんだけどね。
みんな高いねって思ってた。
こ洒落たとこはやはりチャリダーには似合わないらしい。





マエダさんはなんかそれっぽい定食頼んでた。
鹿肉がスープに入ってたっぽくて特にコメントもなかったですw


 


ちなみにここが良さそうと下調べした犯人は俺だ。
ちょっと調べると地雷ばっかり踏むので俺は何も知らない方が幸せになれそうだね。








通りの中央にはなにやらデカい柱がたくさん立ってた





これが噂に聞くトーテムポールなのかな。
まあ僕の知識はシャーマンキングで培ったものなので、
ぶっちゃけ詳しくどういうもんなのか知らないけどね。
とりあえずマンキンではホロホロが一番好きです。






シャケブター





ご冥福をお祈り致します。





アイヌ民族にとってフクロウとはなんなのでしょうか





神様みたいなもんなのかな。
と思って調べたら、最高神扱いの神様でしたww
明らかにクマとかのが強そうなんだけどなぁ。
入り口もそうだったけど目立つ所、至る所にフクロウさんがいます。






色々と観て回り楽しめました!





入った時からずーっとアイヌっぽい音楽が流れてて、
周りの景色も他の観光地とひと味もふた味も違い面白かったですねー。
思ったより規模も小さくすぐに見終わるので近くに寄った際はいいかもね。






ここでアイヌ舞踊が見れるらしかったんですがねー




めっさ高かった(1000円ぐらい)ので却下w
あまり舞踊とかにも興味もなかったしww
マエダさんはなんかアイヌにハマってて見て来たらしいw






時間を持て余しプラプラと





そうこうしながら浅葱(あさぎ)さんの元へ戻ろうとしていると…





「hina8maさんですか!?」




ガチムチなお兄さんに声をかけられる。




なんで自転車のそばにいないのに分かったんだろうなーと
不思議に思いながら返事をすると、なんとトミーさんだったww





トミーさんと言えばブログ村の日本一周カテゴリでずーっと一位の方!
以前に何度かブログでやり取りしていたかだったのですぐ合点が行きましたw
それと同じくブログ村に登録しているバイカーさんのmakiさんもご一緒に。
ちょうどお二人でアイヌコタンに来てたら浅葱(あさぎ)さんを見て、
こりゃいるなーと話かけてくれたみたいですw







こちらがトミーさんのバイク




スーパーカブ110で行く日本一周の旅





今日は普通の紹介ですが、帯広の記事まで楽しみはとっておきますねー。
D○M、クレイジー○イ○ルノ○ング、落書きetc…いろいろありますなww






こちらがmakiさんのバイク





紅のカブ 〜 CUB ROSSO




真っ赤な郵便局のカブを彷彿とさせるカラーリングで目立つ色ですねー。
人と違うこだわりの見える愛車にはすごく共感しちゃいますw





ここでお二人とは帯広での再会を約束しお別れ。
またお会いしましょうー!






とある雑貨屋の看板犬に萌える





未だにブルドッグとパグの違いがよー分からん。
完全に猫派の僕ですが、なんだかこのワンコがすごく可愛かったww






名前は "プンキ" くんというらしい





かの有名なムツゴロウ動物王国出身だそうな。
看板犬を目指すと書いてるが既に看板犬だと思うのだが。
そして、今ムツゴロウさん何やってんすかねww





てな感じで売店前でグダグダ時間をつぶしていると…






とても満足げな顔をして現れるマエダさん





どうやら気に入ったものが見つかったようです。
そのアイテムのご紹介はまあ次回の記事にてw





せっかくなので阿寒湖の湖畔沿いへ行ってみる。





 
んー、個人的にはすごく微妙…





湖は好きなんだけどなんせ真正面にデカデカとホテル見えるからなー…。
ここら辺りは観光地化され過ぎて自然を楽しむにはイマイチかなと思った。
さ、次の目的地へと向かうとしましょう。






クソが









またもや食材を漁られ、憤怒。
朝、道の駅のおばちゃんにもらったトマトもほとんどやられちまった。
ゴメン、おばちゃん…。結局katsuさんしか食べれなかったの。
とりあえず阿寒湖のカラスシネ。





気を取り直し再出発。
なんと行ってもこの後がメインディッシュな訳ですわ。





 
まあ予想以上にしんどい峠でした…





結構最近は脚付かずに峠越えして来れましたけど、
ここは途中から下りざるを得ないとこでしたねー。
普通に7〜8%とか途中あったし、割と長かったし。






まあそれでも頑張っちゃう訳です





ホントずっと前から楽しみにしてた場所なので、
ヘトヘトだったけど早く明るいうちにこの目で見たかった。







だけどこんなのが飛び込んで来たからには寄るしかないじゃない






ちょうど滝を見た帰りの人達が車で横切ったので





「ここどうでしたかー?」なんて聞いてみた。





そしたら…





「んもうっ、最高よ!!早く行かなきゃ!!今なら虹が見えるわよ!!」










大袈裟な表現じゃなくホントこんな感じだったんですからね?
ちんたら歩いてたら間に合わないからそのまま自転車で行けとも言われた。






 
 この道を…






いや、ダートなのはすぐ入り口から見えてたから知ってし、
冷静に考えたら歩いて行くべきなのは明白なんだけどね。
あんなクッソ高いテンションで虹がどうの〜とか言われたついね。





割と長いし地面悪くて、 泣きながら滝を目指しました。
だからダートはもうダメだって…チミケップ湖で学んだのに…。
ついね。






アヘアヘ言いながらやっと滝への降り口





滝の流れる音が聞こえ期待が高まる。














ええやん





ごっつええやん。
思わず関西弁が出るほどにええやん。
めっちゃええやん。






滝をとても近くに感じられる






高低差はあまりないけどなかなかの迫力






フキに囲まれ静かな空間





聞こえるのは滝の流れる音のみ。
くぅ、ええやん。





あの滝の裏側から見てみたらもっと楽しいかも。
もっと…もっと近くで感じたい。






もっと…







もっと…!





もっと!!








近くで!!





ついに滝の裏側!!




謎の達成感!!ドヤァ!
なかなか滝の後ろ行ける事ないで!!
ほら、みんな見てーや!!こんなとこまで来たで!!
俺はここや!!ここにおるで!!?

































誰もいなかった。















虹も見えなかった。






木々の合間から見える景色に震えつつ、脚も震える





残念ながらさらに目的地方面へ曲がった所からの坂がエグかった。
なにあれ、夕方の日が傾きかけた時間帯であの勾配はないわ。
ダラダラ押して歩く。







はい、目的地付近へ到着





これ見たらもうお分かりですね?




僕、 ”オンネトー” へ行きたかったのですよ。
北海道三大秘湖の一つに数えられるこのオンネトー。
なんとも美しい湖とHYさんから以前から聞いていたので絶対に行きたかった場所。
北海道の綺麗な湖と言えば、神の子池やら白金の青い池など色々ありますが、
どうもピンと来なかったんですよね。




上記の例として挙げた湖は直接見ていない以上なんとも言い難いのですが、
個人的に写真撮るにはオンネトーの方が面白そうだなーと思えたのが決め手でした。
果たしてその予想は正しかったのだろうか…。




そしていよいよ湖畔沿いへ。






目に飛び込んで来たのは透き通る"緑"








そして空をそのまま映し出す "青"





一体なんだこの湖は。
俺の好きな色がこれでもかというぐらい目に飛び込んでくる。






そして視界には雌阿寒岳と阿寒富士の双岳がそびえる








いくつも見かけられる倒木は湖面へと静かに寄り添う
 






まるで世界が逆転したかのような景色が湖面へ広がる





なんだここは。






まさに "神秘の湖" と呼ぶにふさわしい





五色沼とも呼ばれており、
見る角度や天候によって湖水の色が美しく変化するらしい。
たった小一時間の間でもこれほどの変化を楽しめた。





内陸ルートの中核を担うスポットであったこのオンネトー。
この目で見たいと願い、そして想像以上の景色を見せてくれたオンネトー。
いい仕事してくれました。最高です。




いい知れぬ幸福感に包まれつつ、そして惜しまれつつキャンプ場へ移動。




このオンネトーは有料ですが、キャンプ場も併設しています。
朝目が覚めるとすぐそばにオンネトーがあるのか…
それだけでもう最高のキャンプ場じゃないか。





各々テントを設営し、晩ご飯のお時間。









適当にジャーマンポテトっぽいの作ってみた






みんなで飯食いながら明日以降の予定を話す。
これからは東へ向けて走って行く。
明日にはオンネトーを出る予定。





が、ホントに申し訳なく思ったが…。









嫌だ。





まだオンネトーを堪能し尽くしてない。
明日一日ちゃんとこの目に焼き付けたい。
このまま出ては後悔が残ってしまう。
これが俺の本当の気持ちだった。




これまで最終的には全員寝床を同じくして来たが、
ここに来て一旦それぞれ完全な別行動にし、1週間後に最終目的地で集まる事に。
そこに僕らが最後に見ると決めた場所がある。





 内陸を攻め隊(仮)

1週間後、帯広での再会を約束し、別行動決定。
果たして全員無事、帯広へ辿り着く事が出来るのだろうか。





乞うご期待!





それではまた!






使用金額:523円
走行距離:46.42km
累計距離:4277km






<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

4 コメント:

  1. hina8maさんこんにちは、わざわざ文中にリンクまで張っていただいて恐縮ですw(あとコメ辺がお忙しい中で連続コメサーセンです(爆))
    一応言い訳と言うか弁明を先にしてしまいますがw、あの時のオイタはあくまでも特殊な状況が導いた結果でありいつもああいうことをしているわけではないと言う事を先にお断りしておきます(爆)
    とは言え去年も旅仲間のブログで僕の醜態をさらされたのでw、良識の範囲内で僕のオイタを書いていただければと思いますw

    話は変わりますがツイッターを見るとじゃがいもの収穫のバイトに従事されているみたいですね、僕も前職は野菜の卸売りをやっていたのでジャガイモの収穫は結構縁があるので興味深く見ております。

    返信削除
    返信
    1. >トミーさん

      返信遅れがちでサーセン(爆
      あの時のオイタは既にヤドカリで伝説になりつつあるようですよw
      クレイジーナイト楽しかったですな〜。

      今までのトミーさんのイメージもあるでしょうし、慎重に写真を餞別しながら存分にいじり倒そうと思っておりますのでお楽しみを♪

      ジャガイモの収穫は今、ほとんど機械でするんですよねー。これが一番意外でした。
      誰も彼も北斗神拳ばりの手さばきで泥や石を排除しつつ、机上選別するところが非常にかっこ良く見よう見真似で頑張っておりますww

      削除
  2. 口出し読者2014年8月26日 16:48

    さすがはhina8maさん、マジパネッス!
    オンネトーに別れを惜しまれるなんて、ね!!

    返信削除
    返信
    1. >口出し読者さん

      お褒め頂きありがとうございます!
      やはり僕ほどになれば湖に感情を持たせ、そして別れを惜しませるなど朝飯前な訳で!
      これほどオンネトーを愛してるチャリダーなかなかいないですしね!!

      仕方が無いのでまた数年後に逢いに行ってやろうと思いますー^^

      削除