【112日目】日本最後の湖へ

突然に情報を入手し

一向は日本最後の湖へ










どうも、hina8maです







いやー寒い

北海道はとんでもなく寒い

なんで真っ昼間なのに10℃いかねーんだYO!






それでは112日目の様子をどうぞ



ポテトパイうんめえええええ


そんな感じの朝をYHヤドカリの家で迎えますw









なんだ結局レビューする事になるんじゃねーか

まあ肝心の感想なんですけどすげー旨いですw






帯広に来て思ったのは量より質なんだなーって感じ

そしてそれで大満足できるクオリティてのがすごい

帯広にどっぷり浸かりそうな予感だぜ…









今日はヒロくんの出発の日


笑顔弾けてんなおいw








あまりたくさん絡む事が出来なかったけど

ねぶた祭りでの再開を約束しバイバイ






あ、後ろにいるのはただの893ですw







にゃんこ萌ええええ


ヤドカリの家には親子の猫が住み着いてます









エサ貰ってる癖に全然懐かないニクいやつ

いつか振り向かせて見せるぜ?







 それなりにまったりとした朝を過ごし

いよいよ我々は動き出します


内陸を攻め隊(仮)、最終章始動!








男は後ろ姿で語るぜ…



こうやって見るとやっぱリーダーはそっぴーさんかな

マエダさんはお笑い担当で間違いないかな

katsuさんは司令塔だ

俺は調理担当







こう考えるとバランスのいいパーティーでしたね

ドラクエでいえば



そっぴーさん=勇者

katsuさん=証人

マエダさん=踊り子

俺=遊び人



そんなイメージ








そんな僕らも最後の冒険もいよいよ大詰め






まずはセイコマで食材調達



この光景も見慣れたもんだなー









そしてすぐ様スイーツを食らう作業へ


うまうまー






こういうとこが、我々らしいっちゃらしいw






ね?マエダさん?w


ほんとバリエーション豊富

な顔








まあスイーツ巡りが本命な訳もなく…







参謀katsuさんを中心に作戦会議


Google先生に聞いてます







だいたい行く所は目星つけていたのですが

どうにも不明確な場所が一つあったんですよね

一応地図上に表示はされますが…









その場所の名は…





















シュンクシタカラ湖










相変わらず訳のわからん名前ですw


語源はアイヌ語で「シュンク」はエゾマツ

「シタカラ」は鳥の鳴き声を表すそうです













ちなみにこの湖知ってた人いますか?

俺は全く知りませんでした







前日にヤドカリの家のオーナーさんと

ゆっくりお話する時間が会った時にたまたま

自分が好きそうな場所だと教えてもらう事が出来ました








人が行きまくってる場所にあまり行きたくない

すごく天の邪鬼な性格なんですよね、俺

ならぴったりじゃん!って事で紹介してくれました

しかし当のご本人は行った事がないというww

だから代わりに行って来てよーって

お任せあれ、行ってご覧に見せましょう








前日教えてもらった段階で鼻息荒く

みんなに相談し急遽行く事になった訳です






















結局場所は分からんけどな!


当たって砕けろだ










さあ、その場所へ向かう前に

一行はとある場所へ立ち寄ります


レンタカー屋



















いや、お前らチャリダーだろが

何楽してんだよボケがとか思ったそこのあなた?

最後まで見てから言って頂こう!









RPGでも最後はなんか異世界やら

魔界やらマジキチな場所まで行く時

乗り物乗るでしょ?












 飛行船とかペガサスとか











つまりそんぐらいヤバイ場所な訳だ!

 でレンタカーの車種はRav4というRV車を選択

この選択には後々凄まじく助けられる事になります







ではいざ出発


いい感じの空と雲だああ









そっぴーさんの運転で快調に進んできます

で、また寄り道する事にしますw


十勝西部森林管理署 東大雪支署へ










つか今度は名前なげーよww

順序めちゃくちゃですが

ここで重要アイテムをGetします








この書類へ必要事項明記して


鍵を入手







まさにキーアイテムGet

 そして分かりづらくて申し訳ない

実はこれ今日使わないことになりました

本来は今日中にこの鍵を使う場所へ行くつもりでしたが、

シュンクシタカラ湖へ行くのに相当苦労しまして…





阿寒湖方面へ






到着したら


で、観光協会へHelp we!!








シュンクシタカラ湖が阿寒地区にあるので、

観光協会へ聞けばバッチリーって訳ですわ








受付の可愛いお嬢さんに…


か、可愛らしい受付さんですね…(困惑)









おいおいこんなとこまで萌えの手が…

脇prprとか言えばいいかね??

てかこの子まりもイメージしてんだよな

せめて名前に毬藻って入れた方が良いのでは








てことで改めて優しそうなおじさまに

シュンクシタカラ湖への道をお聞きした所

観光案内所じゃ分かりませんとの返答が






そして案内された営林署へ電話した所

なんだか曖昧な御答えがww

どうやらご親切な案内看板などもなく

正規ルートが崩落して通れないらしい

で、実はそれはもう知ってたw








事前にネットで下調べをしておいた

北陽ヘルフナイ林道を通るルートは

現在も通行可能と確約してもらい

とりあえずその道への目印を聞く








有力な情報として曲がる道の目印は



国道沿いにアイスクリーム屋がある



らしい






















そんだけかよwwwww



















う、うん当たって砕けようね…?







紙媒体でも最終チェック


なるほどよくわからん










 道の事は仲間に任すぜ!

料理しなきゃ俺なんてただの置物だな






katsuさんはここ阿寒湖で一旦お別れ



どうやら昼過ぎからお仕事があるらしい








これから絶対電波が不安定になるだろうと

予測されるのでここで待機されるとの事

これから行く場所がすごく綺麗な場所という

保証もないのでそうでもない事に賭けるって!









こりゃ負けられないんだぜ!






 順調に国道なんとか号を進んで行き

アイスクリーム屋の看板発見〜















お、それっぽい道発見


そして突入!








激しい道を予想していましたが

割と穏やかな感じで安心







赤い橋を渡る








地図見る限りやたら山奥だったが

こりゃ肩すかしかー?








案外すんなりいけそうだと思ってたら…


なんか道狭くなって来たぞ…








心無しか砂利の粒も大きくなってる気がw

徐々に車の縦揺れもひどく…うっ









でもなかなかやって来れる場所でもないので

 助手席からぼちぼち撮影していく感じ


車から降りる余裕はないものの



なかなかによい感じ






なんか不思議とファインダー覗いてるほうが

酔いがマシな気がするなぁ







少し進むと分岐があったけど残念

どうやら間違った方を進んだみたいで元へ戻り











北陽ヘルフナイ林道を発見!







まだMapを見る限り距離はあるけど

確実に近づいている感じはいいね〜






ただここからが問題だった…


なんだこの道は…


おいおい地面抉られてるじゃねーかw






しかしここで気付いた

車が通った痕跡があるというのはいい材料

この道が確かにシュンクシタカラ湖へ続いてる

そんな感じの話をみんなとして、士気が上がるのを感じた。

 そんな矢先…









とんでもないものが目に飛び込む


おいおいおいおいおいおい








ガードレールないってもんじゃねーよw

ふ ざ け ん な よ







でもそう言いたいのはそっぴーさんだよね

明らかに険しい表情になる

怒ってるとか嫌とかじゃなく

自分も含め3人分の命背負ってる訳で

運転する姿は真剣そのものです。






なんとかクリアして目の前に広がったのは…


絶望だった







これはぶっちゃけかなりキツい

でもここまで来たらやるしかねー。






しかたなく元来た道へ戻りもう一つの分岐へ



岩肌が見えて来たと思ったら…


崩落の後を発見


これはひどい…


重機が入れないのか放置されたままだ








そのせいで車一台通れるかどうかギリギリ

もうカンベンしてくださいまし。







そしてまた赤い橋


まるで同じ景色の繰り返しで哀しくなる







それでも諦めず進むと…


なんだなんだこの茂みは…


なんだなんだその木の棒は…?


はいアウトー

もうカンベンしてくださいよ…









ナビを確認しつつその遠さに少し萎える


画面上部すこし左が目指す湖






もう残された道はわずか

ゴールには徐々に近づいてるはずなんだよな…









落石まじ消えろww








しかしやがて視界が広がって来た…

これは期待せざるを得ない























その先に見えたものは?


まさか…?






















ま た か よ









これはダメだって

落ちたら普通に即死だって…


すぐそこは崖








この時点ではっきりした事

ここは徒歩、自転車、車ではダメだ…

オフロードバイク一択だ…

そして噂では熊も普通にいるらしい

そりゃこんな山奥だし当然だよね…









もう崖なんだか道なんだかわかんねー








そしてこれだけの道のり

必ずいつかは辿り着けるんだ…






















ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ










分岐はすべてミスった

もう残された道はあと一つ












進むのみ…






Mapを確認…





もう間違いないでしょう…


そして…


ついに…



到着






やっと辿り着いた…

そして何よりそっぴーさんお疲れさまでした

いやホントマジでお疲れさまでした

あんなに疲れたの見た事ないっす







そしてビックリした事に先客あり


やはりオフロードバイクですな






冷静になって考えたら

対向車が来てたら詰んでたよなぁ…







そしていよいよ突入


アーミーマエダさんが先に突撃







湖畔へ下りるのも一苦労

当然整備されておらずかなり急斜面

 脚を取られぬよう注意しつつ…

目の前に広がるのは…
















美しい湖だった



これはすごい…



畝りに畝った木




当然のような透明度はさすが







周りの木々が反射して少し緑っぽく見える

オンネトーが青ならここは緑のイメージ







光の当たり具合によっては鏡にもなる


空を反射するのは良い湖の条件なのか






 

こうやって見返すとオンネトーとよく似てる

あそこが個人的に北海道では一番かなと

そう思っていたんですが甲乙つけがたい…







違う所を上げるとしたら



とにかく静か







音がするかどうかという意味でも

ものすごく静かではあるんですけど

 オンネトーはキャンプ場もあるし

観光地なんで人の匂いがするんですよね







車で休憩していたそっぴーさんと合流し

引き続き散策をしていきます


北海道に来て

朽ちた木に癒される自分がいる


この木もいずれ枯れ木になるのかな


引きで見るとやっぱ青いねw


湖の良さは一見しただけでは見えてこない


色んな角度から撮影する


そうすると色んな表情があるのが分かる








正直そこまで湖フェチでもなかったんですが

北海道へやって来てから実感しました

やっぱり湖が大好きです






 



木に光を遮られた遊歩道を歩く



そしてもう一つ湖畔沿いへ下りる場所を発見


下りてみると…


美しい…







うーんここの倒木といい

陽の当たり具合といい最高だわ…


奥には白い倒木を発見

こちらはなんとも神秘的な感じです








そして一通りみんなで撮影し終わったので


シュンクシタカラ湖とお別れの時間です








1時間ほどの時間はあっという間に…

もっと見てみたいもっと撮りたい

そう思ってたけど忘れてはいけないのが

帰り道なんですよね…

あの道をまた帰る訳だし

なにより日没時間が迫ってます…








真っ暗の中あの道はさすがにヤバすぎる…

ということで日本最後の湖とお別れです

また来たいと思わせてくれる素敵な湖

そしてもう来れないとも思わせてくれた

凄まじく鬼畜な道程でしたとさw







そして阿寒湖でkatsuさんと合流した後は

みんなぐったりした状態でヤドカリの家へ戻ります

日中借りた鍵を使うのは明日の早朝へ予定変更

いよいよ明日最後の目的地へ向かいます






それではまた!





使用金額:367円
走行距離:未計測
累計距離:未計測






<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな
日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. 素晴らしい写真だ!
    頑張って運転したかいがあったよ( ̄ー ̄)ノ
    ハラショーひなやん

    by謎のそっぴーより

    返信削除
    返信
    1. >匿名の謎のそっぴーさん

      そっぴーさんとマエダさんに早く見せたかったのですが遅くなってすんませんww
      本当にあの時の応援はお疲れさまでした…マジ感謝してます!!


      そっぴーたんprprマジ神

      削除