【113日目】朽ちる前にこの目で

ついに到達

崩落寸前のあの橋へ








どうも、hina8maです






いよいよ長芋収穫本格化

今日からスタートと意気込んでましたが

大雨で肩すかし食らった微妙な朝でしたw

こんな時こそBlog更新ですよねー







それでは113日目の様子をどうぞ






いきなりここからスタートw



「ひがし大雪自然館」







今朝5時前に飛び起き車に飛び乗る

頭がふわふわした状態で気付けばここに

とりあえず目的地周辺の目印っぽいとこだったので

やってきたんですが特に得る物もなく










なんとも恐ろしいもの発見…


え…これネタだよな…?








トイレへ続く道に血痕が…

朝から血腥いのはカンベンしてくれよ…

用を足したらこことはオサラバ

特に迷う事もなく目的地への道を辿り着く










このゲートを越えた先にある


「タウシュベツ橋梁」への道です










また訳のわからん名前ですねw

簡単に説明するとですねー

「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」

 の一つです







だいたいなんとなく分かりました?w


まあ昔の鉄道の名残です

糠平ダムってのを建設したらさ

橋梁周辺が湖底に沈むようになったがな…

じゃあもう橋梁上の線路は撤去しちまおうぜ!

で、理由は分からないけど橋梁だけは残ってると

そんな感じですw








糠平湖は人工湖なので

季節や発電状況によって

水位が劇的に変化しちゃうんです

だから時期によって見せる姿が違うのです

それで別名「幻の橋」と呼ばれるように。









例年通りならそろそろ水に浸かってるらしく

水位がいい感じまで上がってくると

「めがね橋」のように見えるみたいなんですよね








この場所を利尻島で出会った

いっちさんに聞いてからというもの

ずーっと行きたいなと思ってたんです










それで情報を集めて行くとそこは

かなり熊が出没する場所だという話を聞いて

みんなで力を合わせて行きましょう

そんな感じになった訳ですね










ここは施錠されているので

昨日借りた鍵を使って道を拓きます

一般人がここを通るには鍵が必須です

まあ用もないのにホイホイと

ここ通行出来たらヤバイわな…











早速 ”クマ出没注意” の看板もありますね


厳重に警告されてます…







親子はヤバイ…

徒歩と自転車は危険と細かく注意されてるのが

妙にリアルでホントに怖かったです…








しかも鍵を開けるということは

一人車から降りないといけない訳ですよね

誰がやるかなんてもう分かってますよね











僕ですよ








いや、別にいいんだ

この2日間特に何もやってないし

これぐらいなんてことはないしね

でもね…





























爆笑しながら置き去りは辞めようぜ!








なんとなく分かってたし

こういうのはお約束だと思ったけど

やっぱ怖いわwwwwww







はい、なんやかんやで到着


今日のkatsuさん








こんな感じの道を下りていきます


ご覧の通り水はほとんどありませぬ








という事はめがね橋は見る事は出来ないな…

残念という気持ちは少しだけあったけど

水位上がってたらまともに近づけない事に気付き

これで良かったんだろうと思った









 なによりも…


この景色を見たらこれでいいんだと思えたよね








なんだろう

月並みだけど日本じゃないみたい








ここに立つと不思議な感じがしました



憧れの地へ辿り着いた感動なのか









これはそっぴーさんもはしゃぐわw


切り株の妖精かな?w









水が枯れた大地を踏みしめる


そしていよいよ見えてきました…


タウシュベツ橋梁








どうやらツアー客に先を越されていた模様

実はツアーも企画されているので

自力で行く以外の方法も用意されてます

確か3000円ぐらいで行けたはず

一通りツアー客が落ち着くのを待って

橋へと近づいて行きます










近づけば近づくほどに気付く


建築されてからかなりの年数が経ってます









橋梁の上部はこのような状態…


かなり老朽化が進んでます…











このタウシュベツ橋梁なんですが

冬は水位が上がった水が凍ってしまいます

真冬以外は溶けては凍りを繰り返すそうです

それで年々老朽化が進んでおりこのような状態に

実は本年度の新聞記事でいよいよ崩れるのではないかと

言われておりましたがなんとか保ってくれました










もう何年この状態を保てるか…

悔いのないように色んな角度で見ていきます


アーチ状の美しい橋です


こうやって穴から見渡せる景色を見ると

めがね橋になってなこの時期に来たからこそ

良かったのかなと思いましたねー








この角度から見るとしっかりとしたイメージですが


一部分はまさに崩落寸前です…


確かに今年中に崩れるのでは…

そう言われるのも納得する感じでした











しかし大きな橋です


18mmでは収まり切らないので


10mm魚眼の引きで撮る

本当にデカイ…











アーチ状でなければ

ここまでの存在感は出なかったのかも









時期と水位によって見せる姿が違う

そういう意味で「幻の橋」

そう呼ばれていますが


実際に目にすると

近い将来本当に朽ちて見れなくなってしまう

そういう意味での幻になってしまうような気がします











剝き出しになった鉄が痛々しい


廃線となった今

この橋梁を保存していくかそのままにすべきか

そういう議論がなされているそうです








この橋は本来人間が造ったものです

保存するもしないも人間の心持ち一つです

自分は歴史ある造形物として美しいこの橋を

この目で見てとても感動しました






そしてそれでも保存すべきではない

そう思いました







本来の役目を果たさなくなったものですし

なにより人工物ですが、朽ちていったからこその

今の美しさがあると思いました







矛盾しているように感じるかも知れませんが

それでも少しでも永く、少しずつ朽ちながらも

永くその姿を保って欲しいなと思います








僕らの最後を飾るにふさわしい


素晴らしい橋でした


さよならタウシュベツ

またいつか








この後は


ひっそりと裏口に鍵を返し

レンタカー屋へ車を返し

僕らの車を使った旅は終わりました








なんだか夢から冷めるのは早いもんです



























腹減ったわ







という事で昼食


そしてなぜかラーメン屋で豚丼を頼むというw

前々からそっぴーさんが気になってたみたい

いつも「とん田」の行列が店の前まで続き

とても可哀想なイメージのお店でしたが…











いただきます
 

うんうん









うまいじゃないか

タレの香ばしい感じもいいし

肉の味もしっかりしてクドくない

米もふっくらでGood!!

みんなにも好評価でしたねー

欲を言えば量だけもう少しなんとかして欲しいかなw

 まあラーメンも美味しかったし良いお店だと思います

ごちそうさまでした







ヤドカリの家に戻れば



にゃんこに萌える

そんなまったりした時間を過ごし

気付けば夜

つまり何もしてないですww








そんな夜には「インデアン」


インデアン愛してる


やたら人気な野菜カレーはまたもや売り切れ

どんだけ人気なんだよ…










結局インデアンカレーを注文


うん、愛してる

インデアン好きすぎるwww









そして夜は恒例の変態ターイム



































こ れ は ヒ ド イ








それではまた!





使用金額:1699円
走行距離:未計測
累計距離:未計測






<最後にお願い>
ご覧頂きましてありがとうございました。
より多くの方に目を通して頂くため、最後にページ内にあるカラフルな
日本一周ロゴを1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

4 コメント:

  1. 利尻島で出会ったいっちさん、無茶言いますね(笑
    崩落寸前のタウシュベツ橋。例年だと6月ぐらいから水没し始めるのに
    今年は特別に2か月くらい遅れていたようです。
    水草やコケが乾燥している状態は今までにない風景だと
    新聞でも取り上げられていました。
    もしかしたら、建造物にも魂が宿っていて
    別れを、名残惜しんでいたのかも知れませんね・・・

    北海道で冬を越すということなので
    チャンスがあれば、厳冬期の糠平湖行きましょうか~~
    マイナス25℃の世界・・・楽しいですよ♪

    てか、前田君のこれ・・・マジ・・・ヒドイ(笑

    返信削除
    返信
    1. >いっちさん

      いやーホント無茶いいますよ〜でも本当に感謝っすw
      色々と調べるにつれて例年より遅れが出ていると知りいいのか悪いのか分からなかったけど、実際目の前で見るとあれで良かったのかなーと思えましたよ!

      物に魂が宿るという話がありますけど、建物にもそれに近いものがあるのかもですね〜
      たくさんの人がそう望んでいるのが伝わっているのかもしれないですね^^

      マイナス25℃とか普通にヤバイ気がしますねwww覚悟しときますwww

      マエダさんにはホント身体張ってもらってますww

      削除
  2. 日々、更新を楽しみにしています。
    見知らぬ土地の情景に、いつか行ってみたい、
    不思議な食レポに、きっと食べてみたい、
    と思いを馳せながらスクロールしています。

    必ず、気持ちが油断したところに、マエダ氏の多彩な技にやられます。
    ・・・感動が、吹き飛ぶんですよ(笑)

    こんな、素敵で危険なブログがあるんですね・・

    返信削除
    返信
    1. >あとらすさん 

      いつもご覧頂いてありがとうございます!
      自分の所感を好き勝手書きなぐってるだけのBlogですが、
      そう言って下さるとアレコレ頭を悩ませながら更新したかいがあるってもんです^^

      感動→マエダさんで落とす流れが最近のトレンドになっております。
      そろそろ別のネタを探さないとなーと模索中です♪

      削除