【117日目】打ち砕かれた自信

自信を打ち砕かれ、目標を見失う。

そんな一日でした。







どうも、hina8maです。








少しずつ長芋掘りにも慣れ、余裕出てきました。

仕事終わりにもBlog更新出来そうな感じだぜ。

よしやろうと思ったら調子乗って晩飯食い過ぎた。

腹ちぎれるヤバイ何もやる気が起きない。

腹八分、これ大事。






それでは117日目の様子をどうぞ。



今日はいよいよヤドカリの家を出る日。


峠越えが待っているので朝はガッツリ卵かけご飯。


みーさん(オーナーの奥さん)に奨めてもらった、

のりたま混ぜ混ぜが非常にうまし。


みそ汁まで出してもらったもう万全。

至れり尽くせりありがとうございます。



ヤドカリ's ガールズ

手前のうつむき気味の子がizuちゃん


Z250に乗って日本一周へ☆+その後 


Blogやってます。

更新はよって言うつもりが完結してたww

「+その後」ってついてるけどその後ないよwww

大阪スタートのバイクで日本一周中のおにゃのこです。

前回の記事で目ん玉おかしなってた子です。

つまりそういう子です。






で、後ろでキャッピってらっしゃるのが、

ヤドカリのオーナーさんの奥様のみーさんです。

オーナーが長期不在の間ヤドカリを見守る守護神。

優しくおっとり、たまに吐く毒が癖になる。

そして、きょn(ry






7日間本当にお世話になりました。

いつも笑い声の絶えない素敵なライダーハウスでした。

またいつか来ますね!(フラグ)










そして久しぶりの戦闘体勢の浅葱さん。


何コレ重過ぎだろ…。

久しぶりに見るとやっぱりおかしいよね。

 久しぶりという状況がプラスされるともうヒドイ。

しかし行くしかないのだ。

今日は峠越え込みの180kmほど走り、

苫小牧まで行き、一気に明日には青森上陸を目指す。







今日は単独ではなく仲間がおります。


笑えよみやっちくん






このBlogに何度登場したか分からない。

笑えない子で知名度、人気ともに急上昇中。

とりあえず笑えよ、みやっち。

な?







かなくん






服装を見ればもうお分かりだと思いますが、

本年度チャリダーの中でも指折りのガチ勢ですww

1日の最長走行距離がなんと


270km!!







つまり人外です。

宇宙人です。








ヘタレ過積載、笑えない子、宇宙人。

今日はそんな異色なメンツでお送り致します。













おい、赤いの待てやww

普通に漕いでたら宇宙人がドンドン先に行きやがる。

ガチ勢をヘタレと笑えないっちで追っていく形です。









道中でホクレン発見!


サラっとフラッグを入手(写真未撮影)

確か緑色だったと思われ。

残りは道南の黄色のみ。

でもルート的に道南は通らないから諦める所でしたが、

とある方へお願いをしております。

それはまたいつかのお話。







青々とした畑を眺めつつ





気付けば清水町入り。


キツネの看板久しぶりに見た。

なんて思ってると…


いつの間にか笑えよみやっちが遠くに…

 お前は俺サイドの人間だろうがちょっと待てや。

 誰も見ていないのをいい事に必死になって追いすがる。

そして追いつくと涼しい顔を作ってみたり。









畑+防風林

これぞ十勝って感じの風景だよね。

この時には防風林って気付いてなくて、

なんでどの畑もこんな感じなのかなーって思ってた。









安心のセイコマ発見。


補給食を調達。



昨日買っておいたスイーツを口に含む。

帯広ラストスイーツ染みるぜ。


そして気合いのサイクルグローブ装着。

これで臨戦態勢に入る。

いよいよ峠だ。


ゆるーくながーい坂が続きだす。

悪名名高いクソ峠である日勝峠アタック。

だが聞いていたほど勾配もキツくなくいけそうだ。

前二人との差はあまり気にしないで頂きたい。









路肩のエゾニュウを眺めつつ

いい天気だなーなんてまったりとペダルを回す…










などという事は一切出来ない。


トラック多過ぎなんだよ。

クソだと言われる由縁はこれだったか。









おまけにこれだ。


中央分離帯うっぜw

これのせいで車が避けてくれず怖すぎる。







そして極めつけはコレだ。


路肩に沿うように凸凹加工

だだだだだだだだだだだだだだだだだ…

ってやかましいわ。









そして当然の如く登坂車線

もうこの時点でクソ峠決定だわww

悪条件続き過ぎて逆に笑える。

もう前二人見えなくて笑えない。









勾配は大した事のが唯一の救い

でもなんか進まない。

やっぱり身体が鈍ってるなー。









そして道中にドライブイン発見。

写真には映ってないけどここで笑えない子発見。

笑えよみやっちくんだ。






彼に手招かれるまま中に入ると



売店のおばちゃんがお菓子と水くれた。

おばちゃんキラーの異名を持つ彼は伊達ではない。

なんか店員さん総出で持て成してくれて、

身の心もすごく癒された。






笑えない人「奥に面白いものがありますよ!」

笑えよみやっちがそう指差す先を見てみると…





お、おう…

先を急ぐ事にした。











だいぶ標高上がった気がする。

結構登って来たし、もう5合目ぐらいかな。

Twitterでかなくんの動向を伺うと、

5合目なう的なツイートしてらっしゃった。

何いってんだ、ここ5合目だろうが。









まあ近くにいるのだろうと進むが…


絶望スタート★


うぇーいwwwwww

今までのは一体なんだったんだよwww

あのトラップの数々は序章に過ぎなかった様子。

なんだろう既に体力はクライマックスなのだが。









2合目★

うっせーよwwww

いちいちカウントすんなやwww








1、2と続く時点で分かってた。



3合目★

おうおうそうか今日はそんな感じだな。

この時点で諦めがついた。

もう言う事ねーわ。








てかあの宇宙人はこの道程を既に越えてたのかよ。

「先に行って待っておくよ^^」

じゃねーよwwwwwwww

待たせるの悪いと思うぐらい待たせ過ぎだわwww

実は今日は苫小牧まで一気に走り抜ける予定とか、

調子こいて宣言してたけど取り下げるわwww

先に行って下さいまし、かな様。









笑えないっち、一緒に頑張ろうな。








4合目★

みやっちにちぎられた。







屈辱だった。

思えば浜松祭りで初対面し、

富士山周辺を一緒に回ったのが旅の序盤。

俺がみやっちを追いかける形で走っていたが、

あいつは坂に苦しみ俺にすぐに追いつかれたんだ。







若いのにしょうがねえなwwww

 そんな事をドヤ顔で言ってたのを思い出す。

どこでこんな差がついたのだろうか。

絶対に許さない。






 

屈辱にまみれ、気付けば目眩がする。

あれなんか俺身体おかしくね?

そんな事思ったがもう遅かった。








頭がズキズキして身体に力が入らない。


既に自転車を押して歩いていた。

4合目の途中から徐々に勾配が上がっていた。










5合目★

★とかもう辞めよ。5合目だ5合目。

先についたドヤっちが待っていた。

ドヤっち先生に症状を訴える。











診断結果:熱中症










oh…確かに言われればそんな気がする。

この日すごく熱かったし、昔なった時と症状一緒だ。

先生の仰せのままに水を頭からぶっかける。

濡れタオルで冷やし、日陰で体育座りをして少し休む。

塩分と糖分摂れっていうからそれっぽいの口に含む。

なんだこの子頼りになるなwww

なんか妙に知識あるんだよな。







とりあえず休憩がてら展望台へ


ここから十勝平野が一望出来るらしい。











ふむ。ちょっとガスってるな。

しかし眺めはいいなー。

ちょっと元気でたかも。







みやっち様と共に再スタート。


出鼻くじかれた。

勾配6%頂きました…。

もうペダルを回す事は出来なかった。






そんなヘタれてる中、颯爽と登場。
 

パンチラアングルの名手。



まっきーである。

ヤドカリでずーっと一緒だった彼。

独特の京都弁のイントネーションが懐かしい。










飴だかガムをくれて去って行った…w

途中izuちゃんにも会って声かけてくれたけど、

既に白目向いてたからちゃんと話が出来なかった。

ごめんね、izuちゃん。







ともあれヤドカリメンバーとの再会に

癒され少しだけ元気をもらえた。








まだまだ続く坂道。


 
ここで一つおさらいをしておきましょう。







僕は峠が大嫌いです。


どんな峠もほぼ歩いて来た残念な人です。

ですが、内陸を攻め隊(仮)を結成した事で、

マエダさん監修の元、楽な走行方法を模索し、

そしてなによりみんなについていきたい。

そう思った事によりだいぶ登れるようになってきました。









以前越えた石北峠は後半5%ぐらいの勾配でしたが、

遅れながらも一度も足を着かず登り切り、成長を感じた。

そして今回の峠も走り切れると思ってました。

 でもやっぱりダメだったみたい。






膝の少し上辺りがかなり痛むようになりました。

少しずつ違和感は感じていたのですが、

ここを走ってるときにはっきりと認識しました。

多少の距離なら急勾配が続いても登れるんだけど、

長く続いて行くと足が持たない様子。





みんなと一緒に越えて来た事でついた自信が、

ここで完全に砕かれました。








やっとの想いで8合目



後半はトンネルが続く



途中ちぎりっちと合流。

二人して震えながらトンネルへin


精神肉体ともに疲労困憊だったが、

道中で見た景色が次の一歩へ繋がる。










そしてようやく頂上到達…

渋峠ほどではないにしろ本当に疲れた。

路面状況の悪さ、トラックの多さ、

そしてなまじ乗ったまま登れそうな坂だったから、

漕いで結構な距離を走ったのがいけなかった。









2台並べての記念撮影。

誰かの峠の苦しさを分かち合えるのはいい。

よし、許そう。








トンネルに描かれたUMA

後は馬の如く、颯爽と下るだけだ!











出没注意なら分かるが熊は飛び出すのか?w

ふざけた事言いながら楽しく下るww








峠越えの後の下りはやっぱりいいなー。

先ほどと打って変わりみやっちをちぎる。

ざまあwww







しかし目の前に異様な光景が飛び込む。


トラック大渋滞


みやっちとともに様子を伺うが進まない…

やっと動き出したと思ったら











トンネルの中に閉じ込められた。

爽快なはずの下りが微妙な感じに…。






察しがよい方は分かると思うが、

実は渋滞の原因は交通事故でした。

渋滞の合間を抜け、前に進むと、

大きくボンネットが凹んだ車がありました。

あまり言いたくはありませんが、

おそらくほぼ即死だったのかなと思います。






この日勝峠をあまりオススメされないのは、

本当にトラックが多く事故の可能性があるからです。

実際に目にしてしまうと恐ろしくなります。

亡くなられた方、ご冥福をお祈りします。





こういった光景を目の当たりにした事もあり、

かなり疲れた状態で寝床を目指します。


シートベルト着用を促す熊

本来なら色々と突っ込み所満載ですが、

本当に大事な事ですよね。











そして陽が落ちる前になんとか寝床へ

道の駅「樹海ロード日高」








今日なんとか登り切ったご褒美。


愛してる、ナポリン。


道の駅の中で陽が暮れるのを待ち、

人気が少なくなったのでテント設営。







そして到着した時点で気付いてたんですが、

どうやらまた風邪を引いたっぽい。

なんですぐ体調悪化するんだろう。

身体の中に免疫っぽいもんがなくなってんのか?







夜ご飯。



ヤドカリさんを思い出すレーションです。

ちゃんとした自炊する余力もなく、

みやっちにもらった風邪薬を飲んで横になる。

テントの中で今日の結果を思い出してました。








予想以上に登坂能力が低下していた事。

そして北海道編で大きな目標だった、

タウシュベツ橋梁を始めとした絶景を巡った事。

色んな意味でモチベーションが低下していました。







そして今、青森のねぶた祭りを目指しています。

実は旅前は絶対行きたいと思っていたねぶたですが、

旅中に思う事があり、一時は行かないつもりでした。

それでも… 「またねぶたで!」






そう約束した人達との再会を果たしたい。

その為だけに青森を目指していました。

そんな状態でねぶた祭りを楽しめるのだろうか。

この先、自分の満足出来る旅に出来るのだろうか。







本当にこの辺りは頭の中ごっちゃごちゃでした。

しばらくはそんな気持ちを払拭する旅となります。







それではまた!





使用金額:計算忘れ
走行距離:99.04km
累計距離:4997km





<最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。

より多くの方に目を通して頂くために、

ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、

1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. 以前の渋峠の激闘とは、また大きく違った
    絶景にそぐわないくらい恐怖感のある峠ですね。

    写真がクリアなぶんだけ、日差しや熱感と走行車両の
    搾り出すような怖さが伝わります。

    いや緊張感ハンパない。

    返信削除
    返信
    1. >あとらすさん

      返信が遅くなりまして申し訳ありませんでした!
      この峠はなんと言っていいのか、とても精神的にキツい峠でしたねー。
      とにかくこの峠は走りにくさは相当なものでしたよ…w

      自分の感じた事がちゃんと読者さんに伝わっていて安心しました^^

      削除