【132日目】過去への未練

回らない足。

落ちる気持ち。






どうも、hina8maです。





メリークリスマース!!

皆様いかがお過ごしでしょうかー??

全国のリア充どもはどうぞ爆発しちゃってクダサーイ!w

まさか今年のXmasを雨風凌げる屋根のある場所で、

しかも愛しの愛猫様と過ごせるとは…幸せの極みです。






そういえば年内にBlog完結するとか抜かしてましたが、

うーん、ちょっと厳しそうな気がしてきましたww

まあ旅も中断して結構日にち経ちますし、

いつかの再出発までまったりお付き合い下さいませ〜。





それでは132日目の様子をどうぞ。



道の駅YOU・遊・もりにて起床。


看板よく探したらありましたねw

昨日、いい感じに半生に仕上げたいかめしさんを、

腹にぶち込んでそそくさと準備し、出発です。


どうやら昨晩結構雨が降った様子。

水玉をまとった花が太陽に照らされていい感じ。








 下り基調の道で快調に走れます。


トンネルを区切り見えてきたのは


海!


今日は天気も良く気持ちいい!

今日は距離を稼ぐつもりなので気合い入ってますー。








途中休憩したポイントに鉄ちゃんの集い。

どうやらよい撮影ポイントだそうで群がってます。

しかし柵も全くないのに怖くないんかね…。








道中スーパーを発見し物資補充。


ご奉仕品の甘いものをチャージ。


休憩してるとおばちゃんがお赤飯くれた〜。

お昼に食べてみたんですが、これがすげーうまいの。

北海道の赤飯って小豆じゃないんですねー。

甘納豆使ってて、ご飯の塩っけと豆の甘みがいい感じ。

個人的には小豆のよりこっちの方が断然好きかなー。

ありがとうございました!








そこからひたすら


ただひたすら


もうひたすら


ひーたーすーらー漕ぎます。

つかこの道長過ぎなんだよww

いい加減バテるわーとへたり込んでたら








こたさん登場〜!

FTで別れて以来なので割と早い再会w

バイクはええのぉ。颯爽とちぎられましたw






結局その後もなんか調子上がらず。


バス亭の中で一休み。


してたら浅葱さん転倒。

どうやらスタンドがそろそろ限界のようですな…。

油断してると気付いたら道に横たわってます。

重いのか…?重すぎるのか?ごめんね。









空と海の青さに少しばかり心癒され足を止める。








少しずつ雲行きが怪しく。


長万部へ到着し、次は洞爺湖町方面へ。

ただ最短距離進むのもアレなんでちょっと寄り道。








北海道では既に見慣れたウミネコ大集合。


この道を真っすぐ進むと小さな漁港に着くみたい。

遠目に見えた岩肌がなんか気になったので行ってみた。








で、到着したんだけど


 近寄れない状態に肩を落とす。

まあ適当に進んでりゃこんな日もあるよね。

距離を稼ぐという目的を思い出し、とりあえず走る。


Map検索して一番近そうな道を選択!

あーこれいつものパターンっぽいな!!





















10パーきたああああああ








なんとなく嫌な予感はしていたが的中。

元々通る予定だった道はどーみても峠道だったので、

逸れた道から合流しようとすればこうなるのも必然。

近道しようとしたらそりゃ斜度もおかしな事に、ね?








いやー、二桁の斜度は体にくるねえ。

久しぶりの感覚に悶えました。


とりあえず既定ルートへ合流。

この時間既に日が入らなくなってたので焦る。








お察しください、もう体限界w

燃料になりそうなものをぶちこむ。

そして走る。


ただ走る。


そしてすぐ休む。


そして倒れる愛車。

なんかもう色々限界。


ご覧の通り思いっきりナイトラン…。

もうしないと決めてたのにいい。

6、7%の斜度の登り続けでノックダウン。

なんとかかんとか登り切っていざ下りになると、

いきなり自転車のライト切れやがって大パニックwww

 超低速の薄めで白線を目で辿りつつ下りました。








自炊などする気力もなく


セイコマで晩ご飯。

もうこの辺り完全に自炊への気持ち切れちゃってますね。

何のためのてんこ盛りの調味料&調理器具だよ、と。

こういう出来合いの物食べてると思っちゃう。







やっとの想いで道の駅とようらへ到着。





全然街灯もない峠道だったのでかなり精神的に参りました。

走ると決めての100kmちょい、んーなんだかなー。

写真意識した昨日とは違い、走る事意識しましたが、

どうにも足が回らずすぐに失速しちゃう。






今日は、関節や筋肉が痛いのではなくただただ怠い。

膝周りの筋に妙な違和感がずーっと取れない感じ。

膝を中心に度々おかしな状態になってたんですが、

ある程度休んだとしてもすぐこんな感じになるんですよね。





北海道に入ってから結構距離走れるようになってきて、

他の人と走る期間があったおかげで坂も登れるようになり、

自信ついたと思ったら、日勝峠で木っ端微塵。

膝の違和感は一時的なものではなかったようです。





こんなはずじゃないのに。





走る日はほぼそんな事を毎日思ってました。

とりあえず「お前荷物減らせや」って話になるんですけど、

まだこの時は積載量から来る負担が原因とは確信が持てず、

 一時は走れていた事に対する未練の気持ちでいっぱいでした。

道具を選別した理由も色々やりたい事があっての事ですし。





 早く帯広に着いて、頭も体もスッキリさせたい。





そんな気持ちを察してくれたのか、

明日はとある方からお誘いを受け、休養を取る事にします。

そしてその出会いが、今後の旅に大きく関わって来る事に。




それではまた!





使用金額:806円
走行距離:113.51km
累計距離:5446km





<最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。

より多くの方に目を通して頂くために、

ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、

1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

4 コメント:

  1. 自炊はキャンプ場でするものだと思いますが・・・(^_^;)

    道の駅やコンビニのゴミ箱に「家庭用ごみの持ち込み禁止」と書いてありますので、ゴミが出る自炊はやっぱり駄目だと思います。

    お金がない、経費節減のための自炊や野宿だと思うのですが、そもそもお金がなければ旅行できないんじゃないかな・・・って思います。

    ワタシは貧乏学生で、奨学金借りて学校言ってますが、スマホはおろか携帯も持っていません。旅行は普通、お金をためて自分へのご褒美で行くものだと思います。

    キャンプ場や安い宿に泊まったり、食費もなかったり、充電も出来ない、時間と経費がかかる普通の自転車にかわいそうなぐらい荷物を積んで旅をするほどお金がなかったら、お金をためてから旅行すれば良いと思います。

    お金がなくて、路上で生活をする人はホームレスで、お金がなくて自転車で旅をする人は旅人と呼ばれる、私にはこの違いがわかりません。

    返信削除
    返信
    1. そうですね。あなたが仰る事はすごく正論だと思います。

      しかし実際に道の駅に泊まってみると、暖かくお声をかけて頂ける方がいたり、
      24時間開放の休憩所まで誘導してくれる方々や、旅人の来訪を歓迎してくれる道の駅まである事をどこか頭の片隅にでも置いておいて頂ければ嬉しいです。

      そういった場所は、そこで働く人や利用されるかたの暖かさや、
      先に旅をした旅人達の行いによって築かれた環境だと思っています。

      だからといって当然のように宿泊計画を立てているのはやはり良くない事ですし、
      それについては批判を受けても仕方がないかなとも思います。だからあなたが正論です。

      今後の利用の際に迷惑のかからぬよう配慮する、としか僕は言えません。

      これから一切、人の迷惑にならぬよう施設利用しながら、自転車で日本一周をされる方が出て来たとして、それが万人に共感を得ることが出来るものになるとは僕は思えません。
      なぜそうなるのかはきっと説明してもあなたの理解を得ることは出来ないでしょうね。

      僕をどのような存在と認識するか、それは読者さんにお任せしております。

      あなたが自分の感性に何の疑いもないのなら、旅人と呼ばれる存在を、
      ホームレスに一括りでいいんじゃないでしょうか?旅人で自称ホームレスって多いし。
      ただその違いが分からないことをここに書かれても、自分で決めろとしか…。

      昼間から酒呑んで、身なりの小汚いおっちゃん見て羨ましいとかすごいとか思いませんけど、きっと事情がありますよ。ホームレスだって一生懸命生きてるし、旅人と呼ばれている人間の批判の引き合いに出すのは良くないので控えた方がいいと思います。

      時間と経費がかかる自転車にあれだけの荷物を積載している理由が、
      「お金がないから」としかあなたに伝わらなかったこと、それが一番残念でした。

      あなたがこれだけの長文を書いて下さったので真面目なご指摘と捉えてのご返信です。
      またお越しになることがあれば、ご一読下さいね。

      削除
  2. お金がなくて、路上で生活をする人はホームレスで、お金がなくて自転車で旅をする人は旅人と呼ばれる、私にはこの違いがわかりません。旅行は普通、お金をためて自分へのご褒美で行くものだと思います。

    全く違う!&他の意味もある! (特に人間との繋がり:自分の考え方の向上も含む)
    コメントとかしてる暇があったら勉強するかさっさと働け!!!!

    初コメントさせていただきます。いつも面白く拝見させて頂いてますが、こんな↑コメントにまで真摯に返信されていることに非常に感心させられました。奨学金をもらって、ネットして・・・旅行記のブログを見て・・・コメントを長文で書いて・・・ガラケーもないと・・・。あなたのような人間が、奨学金を返さないので今日本の問題の一つになっているのですよ(笑)。勉学に勤しみなさい!!

    話は変わりますが、旅行記が終わっても北海道移住記なるものを、ぜひ書いて欲しいですね^^
    上記コメント者は、他のブログも荒らしているので気にしないで続けてくださいね!

    おっさんからの一言・・・・お前も一回貧乏旅行してみろ!!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!

      何か自分の伝え切れない事の一部を代弁して頂いたような感じで申し訳ないです…。
      実はこの文面と一部分以外、そっくりなコメントを誰かのBlogで見かけた事はあるので、おそらく同一人物だとは思っていました〜。

      なんというかこの人、別に間違った事は言ってない気はするんですよね。
      正しい事を自分の偏った主観でぶしつけに書いているだけなので対応が難しいなと。

      北海道移住記!
      誰にも求められずとも書くつもりでしたけどそう言ってもらえると嬉しいです!!

      実際はかなりバタバタだったので写真もかなり少なく読み応えの部分は?な感じですが、
      帯広での仕事編、中断期間までの間の観光した場所等は簡素ながらも記事にするつもりなのでもう少しお付き合い頂けると幸いです^^

      削除