【138日目】ずぶ濡れで帯広へ

蘇るトラウマ

畜生峠、日勝峠







どうも、hina8maです。






おそらくこの記事は連続更新出来ているはず。

…が、中身がスッカスカでなんかほんと申し訳ない。

もう気分が最底辺まで暴落してたのであまり記憶がないw

日勝峠が一番嫌いな峠かも知れないです。






それでは138日目の様子をどうぞ。





道の駅「樹海ロード日高」より出発。


なにこのどんより感MAXな空。

…というか既にもう雨降ってるし…。

正直進むのは良くないだろうなーと思いつつも…


もう行くって決めてたから逝く訳ですよ。

時間帯も悪くない。まだ早朝の部類だ。


目の前にはセイコマ。

個人的に一番好きな「ネギ塩なんとか弁当」

うまい。これで勝つる。もうなんでもいい。

さっさとヤドカリに行きたい。早く休みたかった。

とりあえず最後だと思えば頑張れる気がした。






い ざ


出 陣





走り出すと共に雨がひたひたと降ってきた。

この程度の雨、俺にとっては雨ではない…。

沸き上がる感情ととも上がる体温。

それを沈めてくれるかのような雨。







早速1合目の案内看板が現れる。

このわざわざご丁寧に進捗を刻むクソ看板。

しかし今日は勝利へのカウントダウンに見えた。

























  
カウントしてる余裕などなかった。







以下回想


雨やべえ。雨当たらないトンネルで距離稼ぐぜ!









暗い。怖い。やっぱりトンネルはダメだ。









雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨







ひたひたとかポロポロとかそんなレベルじゃなかった。

粒。大粒。痛かったわ。ただの拷問。

6合目ぐらいからひたすら歩いてたけど、

工事現場のおっちゃん達にすごい目で見られた。








本当の地獄はまあ下り。デスヨネー。

霧で前何も見えない。体動かさない。気温16℃て。

なんで真夏で凍えてるんだろうか俺は。





「あ、このままだと俺ヤバイ…」




どう考えてもこれで下り切るまで保つ気がしない。

坂が終わっても何もない畑突っ切るだけだから、

どこかで体勢を立て直さないと非常にマズイ。






そんな時に見えて来た。




 「清水ドライブイン 十勝亭」




ここ、みやっちと行きで通った場所だ。

すぐさま中へ。とにかく雨に当たりたくなかった。

 そしてここの人の優しさはたぶん生涯忘れないと思う。

売場のおっちゃんおばちゃんに一斉に囲まれて、

あったかいお茶飲め、お菓子食え、いらない服くれて、

レインコートくれて、とにかくあったまっていけーって。





自分の顔見てないけど、真っ白だったみたい。

本当ご心配おかけしてすいませんでした…。

優しくしてくれてありがとうございました。








少しでもお金落とそうとどら焼き買ってみた。

やっぱり疲れた時は甘いものだね。なんか元気出た。

予報では今日いっぱい雨は止まないみたい。

皆さんに精一杯のお礼を申し上げ、お別れ。

雨の日勝峠へと戻りました。





 またその後がもっとひどかった。






また道に迷ったんですよね…。






うーん、正直普通の感覚だと迷いようがないんですけど、






気付いたら真逆走ってたんですよね…。





真逆ってなんだよwwって感じだと思うんですけど、

日勝峠下り切って、10kmぐらい帯広方面へ進んでたんですが、

なぜか逆走してまた日勝峠へ向かってたんですよね。

これが日勝マジックか。皆さん気をつけて下さい。

危うく三度目の畜生突入するところでしたよ。





この間ザーザー降りだったのでもやは水と同化。

ドライブインで脱ぎ捨てた水着やら手袋。

ずっと僕が身につけていた衣類関係をまとめたビニール袋。

このだだっ広い畑のどこかに落とした事が発覚。







大雨の十勝平野に響く渾身の一言






「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」




もはや一言なのか疑わしいけど、

誰も聞いていない事を切に願います。

ヤドカリの家まで残り20kmほどの距離。

もう何もよく覚えていませんでした。




「ぅんぱぁ」
「ぶっへ」




顔面に雨が降り注ぐ時に呼吸行為を行おうとすると、

出るんですよ。こんな声が。帯広市民の目が痛い。

その視線の痛さが目的地の近さを感じさせてくれました。





そしてやっとRHヤドカリの家へ到着。

事前に「今日絶対に行く」そう伝えていた。







暖かく迎えてくれたオーナーの奥様みーさん。


シチュー作ってくれてた。泣きそうだった。


みっちゃん


ひろどんさん



たいがさん


…君誰だ?w

うん、この子はまた別の機会に紹介しようw

なんかよく思い出せないけどいっぱい他にもいたと思う。

相変わらず騒がしくも落ち着くそんな場所でした。







みんなでみーさんの作ったうどんつつく。





 そんなこんなで無事帯広へ到着。

この数日後から本格的にバイトを始めて行く訳です。

結局バイトも安定して供給された訳ではないので、

ズルズルと期間が伸びて、資金、期間ともに厳しくなって、

時系列ごっちゃですが、 この記事の流れとなった訳です。




今後のBlogですが、バイトをいくつかの記事に分けてご紹介、

あとは車で色々連れってってもらったまとめ記事をいくつか。

…んで最後の反省&懺悔会と、今後の方針のお話かな。

そんな感じで書いていこうかなと思っています。

拙いBlogですがもうしばらくお付き合い頂けると幸いです。





それではまた!





使用金額:計算忘れ(記憶にございません)
走行距離:109.77km
累計距離:5817km




 
<最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。

より多くの方に目を通して頂くために、

ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、

1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. ブログ更新ありがとうございます。

    久しぶりでも記事のボリュームが少なくても、
    いつもながらの写真に重なる感情の濃さに、引き込まれます。

    スピード感のある1枚に、こちらも心臓が、ギュッとなります。

    Twitterとblogを並行して拝見していますが、
    こういう記事の中での時間の流れ、状況や気持ちの変化に、
    blog記事ならではを感じています。

    hina8maさんの記事は、このTwitterのリアルとblogの過去との時間差が
    最大の魅力だと思っていますので、マイペース更新お願いします。

    返信削除
    返信
    1. >あとらすさん

      こちらこそ毎度暖かいコメントありがとうございます。

      いつも写真に対しての感想を述べて頂き、その言葉を拝見する度に胸が熱くなります。

      TwitterとBlogそれぞれに違う役割を保たせているつもりでやっていましたが、
      見て頂いている方にこれほど理解頂いている方がいる事にすごく驚いていますw
      どちらかしか見ていない方も、両方見て頂いてる方、皆様に何か感じて頂けるようこれからもマイペースで更新頑張っていきますね!

      削除