【番外編】じゃが芋な日々

いよいよバイトスタート

ひたすら芋、掘ります







どうも、hina8maです。






いよいよバイトまとめ記事始まっちゃいます。

僕の旅、今の所バイト成分が非常に多いですねw

帯広という土地は農作業がとても盛んな地域。






収穫の時期になればとてもたくさんのバイトがあります。

今回はヤドカリさんの紹介の派遣会社に登録して、

農家さんで体験したお仕事について語って行きます。




たしか8月も下旬に差し掛かろうとした時期。

やっとの想いで帯広に到着し、派遣会社へと登録。

簡単な履歴書用意してという話だったけど、

派遣の担当さんの車で雑談して、「はい、採用」






話が早すぎるwwこの時期は常に人で不足らしく、

面接といっても形式上そう呼んでるだけみたい。

とりあえずしばらくジャガイモの収穫のお仕事との事。

…で、翌日から早速現場へGo!!





朝6時に起きて、車での送迎を待ちます。

事前に用意したヤッケ、手袋、長靴に身を包み、

「どんな仕事なのかなー」とちょっとドキドキ。

脳内では泥まみれになりながら手でぼこぼこ掘ってく。

そんな感じをイメージしていたんですが…









大変立派な機械がお待ちになられてましたw

赤色の眩しいこの子はハーベスターと呼ばれる収穫機。

自走式と牽引式があり、これは牽引式ですね。








対照的な青色のこちらがトラクター。

この機械で牽引しながら畑をガシガシ掘って行きます。



このコンベアを伝ってじゃが芋が上がってきます。

要するに掘るのはすべて機械作業となっております。





じゃあ僕は何をすれば良いのか?





じゃが芋の周りについた泥を手で取り除く。

泥の固まりや岩も上がって来るのでぶん投げる。

小さいじゃが芋や青いじゃが芋を別の場所へ避ける。
 (デンプンに変える為、別で集めます)





 こんな感じですね。要するに選別作業です。

だいたい農家さんはご家族でやってらっしゃいます。

運転手→父、選別A→母、選別B→息子、選別C→俺

こんな感じがあるあるな構成になります。





手掘りじゃなければ楽なのかなと最初思ったんですが、

現実は甘くなく、機械の性能が大きく関係してきます。

 初日お世話になったこの農家さんの機械はすごく良かった。

なので正直初日はかなーり楽だったのが本音ですw






しかし年式が古かったり、安価な機械の農家さんだと…





ぶっちゃけキツいですwww





俺はいつから北斗神拳の使い手を目指していたのかと、

錯覚してしまうほど脳内でアタタタタタタタタタタ

ひたすら目の前の芋や泥に手を伸ばしておりました。

意外に難しいのがその守備範囲だったりね。

向かい合って誰かいるので、人によって違うんですよ。






同じ農家さんにずーっとお世話になると楽なんですけど、

派遣だと翌日には別の農家さんへ…なんてのがしょっちゅう。

仕事内容は似たようなものなのですぐ対応出来ますけど、

 どこまでやればいいのか探り探りな日々でしたねー。









そんな感じでみっちり8時間選別した芋達。

一日の作業終わりにシート被せて終了って感じです。



初日の仕事終了後、送迎待ちで見た空。

時給は1000円。一日で8000円か。

なんだか仕事したって実感が妙に沸きました。

ここでしっかり稼げばまた旅続けれるなー。

ちょっとだけホっとしたの覚えてます。






続いて別の農家さんでの出来事。


このなんだかとんがった石。

この石は「十勝石」と呼ばれています。

「黒曜石」というと本州の方でも分かる人いますかね?





昔からナイフや矢尻など加工されてたらしい。

北海道ではアイヌ民族達が狩猟に使ってたんだってね。

磨くととても綺麗になるのですよ。







こんな風に。

農家さんの知り合いが趣味で作ったらしい。

すごいですよね。これ。一個下さいw







畑の周り走ってるとよく見かけるコレ。

この木は防風林なんだよって、農家さんに教えてもらいました。

よくよく考えれば分かるんだけど、実際自分が関わると、

なんだかしっくりくる不思議。







農家さんあるあるその1

かならず10時と15時のおやつタイムがありますw

大人になるとこのおやつの時間意識しなくなりますよね。

食べるとしても好きな時に食べるぐらいだし。





農家さんはゆるーい印象があったんですけど、

時間管理はどこの農家さんもすごくきっちりしてます。

決めた時間に必ず休憩に入って、仕事再開します。





あと、これちょっと失礼な話なんですけどね…






お菓子がいい農家はいい農家。





こういう言葉をよく耳にするようになるんですが、

これはマジです。 なんでなんでしょうね?w






基本的に農家さんはみーんな穏やかでいい人です。

でも、どこか内向的な部分を感じる農家さんが多いです。

おそらく家族のみで基本的やってるからなのかなと。






奥さんはおしゃべりで和やかに接してくれる人多いけど、

ご主人と息子さんは寡黙な人が不思議と多かったです。

まあ奥様は噂話が好きなのは全国共通なんでしょうか…w

内地の人に興味津々な人が多かったですねー。


農家さんあるあるその2



めちゃくちゃ野菜がもらえる。




これも本当に聞いていた通りでしたw

遠回しに「野菜が好き」「これおいしそうですね」

単刀直入に「欲しいです」「食べてみたい」

 お好きなアプローチでどうぞw

これでだいぶ食費が浮いて助かりましたねー。

それに採れたての野菜なんだもん、とても美味しい。

これだけでも農家さんでバイトして良かったと思う。

いくつかの農家さんを点々としてましたが、

徐々に一つの農家さんにお世話になる事も多くなり、

徐々にお仕事に慣れてきた辺りからだいぶ楽に。






気持ちよく晴れた日に畑へ向かう車の中。

早起きしてとても気持ちがいいもんです。








途中嫌な事も色々あったけど、とても楽しかった。

些細な手伝いしか出来なかったけど、自分が手にした芋が、

誰かの食卓に届いていると思うと胸が熱くなります。

そんな感じで1ヶ月強のじゃが芋な日々でした。






ちなみにヤドカリの家は個室が用意されてまして、

長期滞在者はマンションのワンルームに寝泊まりできます。

このタイミングから部屋と仕事の往復ばかりだったので、

ほとんど下に顔を出さない生活が続いておりました。

自分に会いにきて下さった方も何人かいたんですけど、

あまり時間を取る事ができず申し訳ありませんでした。

この場でお詫び申し上げます。






親しい旅人とかには話はしたんですが、

常に誰かと行動していた時期が長くあったりとか、

先行きの不安とかで頭の整理がしたかったりとで、

この時期はものすごーく一人になりたかった時期でして…。

私生活が充実していたかというと微妙だったりします。






時系列がまた前後しちゃいますが、

このじゃが芋生活の合間に色々と観光に連れ出してもらって、

純粋に写真の楽しさを思い出す事が出来てなんとか復活しましたw

 旅ではたくさんとの出会いがあり、それが醍醐味でもあります。

それを楽しめる余裕ぐらいは持ち合わせていないと、

旅を楽しむ事って難しいなーとこの時期に痛感しました。

 そういう背景がありBlogとSNSも1ヶ月ほどお休みしてました。

重ねて更新が滞った事をお詫び申し上げます。





まあ休養期間とでも申しましょうか、

何か一つ二つ手を止めてみるのはやはり良かったみたい。

徐々にまた人と接する楽しみを見出せました。



 あ、前回この人紹介し忘れてたのでこの場でw

日本一周女性チャリダーのまおちゃんです。






以前利尻にいた時に会えるかなーと思ってたけど、

タイミングが会わずこりゃ会えないなと踏んでいたんですが、

縁がある人には会えるもんですねー。





みなさん貴重な女子の風呂上がり姿ですよー。

僕が1ヶ月ほどの水風呂生活(節約)に絶え切れなくなり、

風呂屋に行き出した頃、「連れていってやるぜ!」と

ドヤ顔で連れ出して、迷った挙げ句案内してもらったのは、

今ではとってもいい思い出ですね(白目)






 まあざっくりと紹介すると…
 
訳あってブログ村撤退したあのカレーライスの人ですw

この子がブログ村から去った理由を聞いていたので、

是非直接一度会って話をしてみたかったんですよね。

とりあえず復帰しなよと言っておきながらも、

なんだか共感出来る部分もあって、Blogの方針も

もう一度見直す良いきっかけとなりました。

また来年日本のどこかで!








みんなと線香花火やってみたりもして。

北海道の短い夏はあっという間に過ぎて行きました。






次回は天候不良時や、じゃが芋の収穫が終わった頃に、

働いてみたいくつかのお仕事を紹介致します。

帯広にやってきたあのチャリダーも登場致します。






それではまた!





 <最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。

より多くの方に目を通して頂くために、

ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、

1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

4 コメント:

  1. こんばんわ。そして初めまして。
    タリジの地元の知り合いで、飛んできました。
    写真が非常に素晴らしく尊敬します!
    終わった後の展覧会、楽しみにしてますね。

    この時期の北海道は、より節々に響きやすいと思いますので
    くれぐれもお身体にはお気をつけください。
    おそらく同じ年代だと思いますので、陰ながら応援させてください。
    また、ニアミスしそうな時は宜しくお願いします。

    1週間、頭から今日までぶっ通しで
    楽しませていただいたので目が痛い……w

    追伸:
    愛知で作成してもらったフラッグや、
    まゆちゃんからの羽は無事でしょうか?

    長文失礼いたしました。

    返信削除
    返信
    1. >ugridyさん

      こんばんわ。こちらこそ初めましてです。

      あのタリジさんのご友人でしたか〜。
      旅では何度か一緒に行動を共にさせて頂きましたが、
      Blogの人気も頷けるとても人当たりの良い素敵な人だったなと記憶しています。

      出会った旅人のご友人からもこうやってコメント頂ける事、とても嬉しく思います。
      頭から読むの…とても大変だったでしょう…www
      更新遅いくせに分量だけはいっちょまえなBlogなので(汗)

      追伸への御答えですが、みぽりんに作成してもらったフラッグは最北端付近の強風にやられて括り付けていた二箇所の片方がちぎれてしまったので、紛失を恐れて大事に仕舞い込んで今家で大事に補完しています。

      まゆちゃんの羽は残念ながら数日したら羽がすべてなくなってしまい、それから日記のしおり代わりに使っていましたがバッキバッキになってしまいました…。それでも部屋に置いてある気持ち悪いおっさんですwww

      削除
  2. 稚内在住の者です。今日の稚内は雪がドカドカ降っています。先ほど札幌ドラッグストアに行くと荷物を積んだ旅人の自転車がとまってました。香港から来たていう若者でした。キャラメルコーンをラッパ食いしてる彼の顔は日に焼けていました。ジャンパーくらい来てくれ若者よ、、、

    返信削除
  3. >稚内太郎さん

    春先に一度稚内へ行きましたが、かなーり寒かった記憶があります…。
    ましてやこの時期に稚内へ、しかも上着なしとは…おもしろい人ですねw
    海外の自転車乗りの方とも何度か旅中に会いましたが、自転車で旅しようだなんて人はやっぱりどこかネジがぶっ飛んでいるものだと改めて思いました^^

    返信削除