【道内弾丸ツアー】野付半島のトドマツ

広がる湿原。

そこに立つトドマツを見て。









どうも、hina8maです。





なんだかんでやり出すと手が止まらなくなる更新作業。

過去に3記事連続更新したことってあったけな。

写真多めで文章少なめの簡素な内容にはなってますけど、

本筋の自転車移動ではなく車移動も色々と、

普段見えてこないもんも見えて来ておもしろいもんです。






それでは道内弾丸ツアー最終日の様子をどうぞ。


知床国立公園羅臼温泉野営場にて起床

サクっと撤収作業。


車に乗り込みいざ出発!

本日もとても天気良好でいい感じ。







最初にやってきたのは羅臼国後展望塔


羅臼町が一望できる場所

そして北方領土の一つである国後島が見える場所ですね。

国家間の領土問題については色々問題として取り上げられてますが、

なんかいい解決方法とかないもんなんですかね。






羅臼の漁港脇で朝ご飯。


シェルターを越え進んでいくと


ひたすら真っすぐな道。

ここは野付半島へと続く道。

遮るものがないので結構風が強い事で有名みたい。







さあ見て行こうか野付半島

ここは経ち枯れたトドマツが湿原に広がる場所。

年々風化が進んでいていつかなくなってしまうんだってね。







トドワラがある場所まで道。

10月ですがススキに囲まれてます。








北海道はもう秋、なんですな。

内地から来た僕からすると不思議な感じでした。


しばらく歩くとトドワラの案内看板。


ここを歩いて行き奥まで進んで行きます。


歩いていて思ったのは想像以上に少ないですね。





 少しずつ経ち枯れてるのも見えてきましたが、

それ以上に倒れてしまっているトドマツが目立ちます。



しかし少ないながらもしっかりと立ってます。



この辺りが踏み込める場所で一番多く見えたかな。


アングル変えると荒涼とした大地と湿原って感じ。


枯れる前はどんな姿だったんでしょうね。





たくさんのトドマツが立ち枯れた場所。

それが野付半島というイメージでしたが、

想像以上に少なかったな、というのが本音です。





でも寂しかったとか、残念だったという気持ちは不思議とないです。

ここが”トドワラ”と呼ばれ続ける為に本数なんて関係ないのかなと。

都会なんていけば枯れた木がただ漠然とある場所なんて、

すぐに埋め立ててなんか建てたりしちゃいますし。

こうやってありのまま残せるのは北海道のいいとこかなと。






ファインダーを覗いてて僕が多く撮影したのは、

トドワラではなく、一本のトドマツばかりでした。

例え最後の一本になっても、残骸しか残らなくても、

ここをトドワラとして出来る限り残して欲しいなと思います。




 


道中道の駅おだいとうへ

ここマエダさんと泊まったなぁ、懐かしい。


そして気になってたこいつを注文!

別海の四角い太陽フロート




色々と名前へ突っ込みしたいとこだけど、

なによりこいつベースがリボンナポリンなんですよね!

そん中に四角いマンゴープリン入れて、アイスドーンってやつ。

まずい訳がないよね。最高でした。

ナポリン愛してる。








あぁっ、ガソリン切れちゃう///

って途中で本気で焦ってワロタ。


なんとか給油スポットを見つけて一安心。
 

そして続いてやってきたのがきりたっぷ岬。

ここもマエダさんとやってきて、そしていっちさんと再会した場所。


霧が多い事で霧多布、なんて言われてる場所ですが、

かなりの晴天で前回とは違った表情が見れそうでワクワク。

でもその前に腹越しらえ。


ここで食べれるいもだんごがめっちゃうまいんだって。


そしてご注文。

いもだんごと小松牛乳ね。






めちゃうまっ。






なんかタレが絶妙な甘さで芋のホクホク感がすごくいい。

ほんでこの濃厚な牛乳もまた合うのよね。

前回霧多布行った時に書いたと思うんだけど、

高級アイスとして有名なハーゲンダッツの原材料らしいんよね。

そらうまいわ。







岬と言えば灯台。

灯台の赤と空の青がまた良いコントラストなこって。


先端へ向かいます。


左右を見れば輝く海。

霧が多い場所などと微塵も思えんね。









この岩岩しさが岬のいいとこ。


そしてこの感じ。

岬の崖が見渡せるアングル好き。



そして近くにはアゼチ岬なる場所も。


小さな岬だったけど気持ちよかったな。




続いて厚岸の琵琶瀬展望台へ


ここもなかなかの絶景でござった。

湿原に目覚めそうな一日だな。







そして道中見かけた崖。

特に有名な場所じゃないけど、

気になった場所で車止めてくれるいっちさん神。






さてもうすぐこの青い空が夕暮れに染まる時間になってしまう。

その前に腹ごしらえです。


やってきたのは南蛮酊さん


クソ盛りのタレザンギで有名なお店!


うっはうめええwwwww

ザンギ北海道で初めて食ったんだよね、こん時。

未だに唐揚げとの違いは分からんがまあすげえ旨かった。








そして最後は釧路湿原で沈みゆく夕陽パシャリ。






こうして4日間に渡る道内弾丸ツアー終了となります。

その後、帯広で引き続き野菜の収穫バイトや、

長芋掘り、そして北海道移住へと続く訳ですね。






最後になりましたが、こじさん、いっちさん。

お二人とも忙しい休みの間時間を作ってもらって、

色んな所に連れていってくれてありがとうございました。

この時期は自分の旅が今後どうなるか全く分からない状態で、

すごくしんどかったんですけど、二人にはとても救われました。





写真を撮る楽しみや、色んな場所へ足を運ぶ大事さみたいな事を、

思い出させてもらえてすごく感謝しています。

こういう息抜きがあったからこそ、もっともっと、

いい旅にしたいと思えたのかなと思います。






車移動で色々観光したからこそまた自転車で走りたいな。

そんな感じで思えるようになった頃でした。





こうやってお礼をお伝えして締めくくっといてなんなんですが、

次回はこじさんと大雪山の紅葉リベンジでまた車移動のお話ですw






それではまた!





 <最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。

より多くの方に目を通して頂くために、

ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、

 1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. おー、あのフロート食べたんだ、いいなぁ……

    返信削除
    返信
    1. またおだいとう行って買いましょか?
      山梨に着いたころにはドロッドロですが…。
      はやくマエダさんからの適当な扱いを受けたいこの頃です。

      削除