【続・1日目】自転車?日本一周再スタート!

新たな旅の始まり始まり。

自転車…なのか?










どうも、hina8maです。



ついに日本一周再開致しました!
なんというか旅から離れて半年以上経つので色々上手くいかない事のほうが多いですけど、やっぱりいいですね〜。旅。なんか戻ってきたなーと徐々に実感しております。



旅中断に際して、住民票を北海道へ移動した為、現在わたくしは道民。…なので始まりの場所も北海道、終わりの場所も北海道。よって!再開というより、新たなスタートと思って頂けるとこれ幸い。もちろん今迄の旅がなかった事になる訳ではないけどね。



そういう感じなので今回から日数のカウントも一から始めてます。というかそもそも途中でバイトで中断したり、移住で中断したりなんかもうよく分からんので、今回の旅が終了した時に、初めの旅のスタートである2014年3月29日からのトータル日数で旅の総日数とさせて頂く予定です。まあ細かい数字とかぶっちゃけどうでもいいかなと笑



あと、出発前になんか書くとかほざいていたがあれは嘘だ!笑







洞爺でのラストショット



なんか最後の夜だしなんかいい写真撮れないかなぁと。
こじさんに夜オススメスポットとか連れていってもらっているうちに日付跨いでたっていうね。まあこういう無計画さも自分らしくていいんじゃないかと思ってます笑



まあ相変わらず行き当たりばったりで、たぶん更新頻度も以前同様に凄まじく遅い事が予想されますが、そんなんでもちょっと覗いてやろうかって優しい人いると嬉しいです。



前書きが長くなりましたが、再スタート初日の記事行きましょうか!
それではどーぞ!!









私が以前の職場から攫ってきた子猫ちゃん。
日に日にデカくなってきてこんな可愛らしい顔していながら、ただの意地汚いやつへと成長を遂げ始めた今、お別れとなります。寂しいなぁ。いい子にしといてね。俺が帰ってくる頃には立派なレディだね。




こじくん



今迄君に何度ため息をつかれた事か!笑
やまととはいっぱい遊んでくれてありがとうね。あらたにおてんば娘がやってきたから存分に可愛がってやってくれ。あと、ひなたとは遊ぶ時はお手柔らかにね笑




ひなた



ついに北海道の猫になったなぁ。色々振り回してごめんね。
俺がいなく間もこじさん、こじくん、咲と仲良くやるんだよ。でも神経質だからいつも逃げ回ってそうだな笑




と、とりあえず帰って来てこんな顔するのは辞めてね…?



やまと



なんて言ってやるのが一番いいのか分からないけど、やっぱりありがとうかな。でも病気で苦しんでる時にそばにいてやれなくてごめんね。 一緒に北海道に来てくれたからこれからまた旅に出れます。いい旅になるよう祈ってて下さい。改めてありがとう。



猫達とそれぞれ挨拶を交わしました。


龍ちゃんがくれたミサンガとこじさんがくれた…なんか腕に巻くの



これだけではなく頂いて身につけれるものは、出来る限り身につけました。 
前回の旅で頂いたもので、今回の旅に持って行かないものもいくつかありましたが、大切に保管させて頂いております。旅先でお渡し頂いた皆様ありがとうございます。



前日に食い過ぎて気持ち悪くなったカツカレーの余りを胃袋へぶちこむ。
荷造りはほぼ完了していたので、愛車と荷物を外へ出して、いざ積載しいよいよ出発間際。



ひなたと記念撮影



なんかやっぱり自分の写真って気持ちわりーな笑
すんげー猫背だし眠そうな顔してるし…。 もっと男前に撮ってくれよとこじさんに言うと、さもモデルの問題のような顔をしたので止む無くこの写真で了承致しました…。
旅が終わった時にどのぐらい変化があるか楽しみですね〜。とりあえずもうちょい痩せたい。



こじさんに見送られながら、いざ日本一周再スタート!





…つってもいきなり登り坂なんだけどな…



ここは冬場よく家と職場の往復でこじさんに送り迎えしてくれてた道で、雪溶けてから何度から自転車で通ってみたんだが、なかなか面倒な坂でね〜。ダラダラと緩い勾配が続きます。この峠を越えれば洞爺湖温泉街はすぐそこってとこです。





登りの道中見渡せる洞爺湖町



働く前はよくあっち側に用事で行ったっけかなぁ。
海が目の前にあっていい街だと思う。



ゼェハァいいながら坂を登り切れば、一気に下り!




下りの道中では温泉街が見えます



この位置からロングラン花火撮るといいらしい。
こことも今日でしばらくのお別れだね。





よく行ったセブンイレブン



職場のすぐ近くにあるセブン。ここでちょっと休憩を挟む。何度ここへ来たか覚えてないぐらいよく来たなぁ。温泉街で働いてる子達はだいたいここへくるんじゃないかなぁ。



その後は会社の寮へ行って、布団のシーツを回収。出発の時に持ち合わせた、制服関係一式と名札、そして寮の鍵を返却に会社へ。さっそくお目当ての副支配人へすべてお渡しし、帰ろうか…と思ったんですがせっかくなんでみんなに挨拶してました笑
最後になるからってちゃんとみんなに最終日挨拶したんだけど、また顔出しちゃうとこが俺のいまいち締まらないとこですわ笑




相方とトランペット吹いた場所で休憩



ここも職場からすぐのとこです笑
いいから早く進めよ!って自分でも内心ツッコミいれたくなるほどめっちゃダラダラしてんなぁ。なんとなく名残惜しい感じはあったかも。




中島の間から羊蹄がひょっこり顔出してます



洞爺湖の象徴というべき羊蹄山だね。
わざわざ欠けてる写真にする必要はあったのかとちょっと疑問が残るとこだけど、洞爺でいっぱい写真撮る時に一番多く被写体になったのがこの羊蹄かな。日によって全然表情が違うんだよね。洞爺を好きになれた要因の一つがこの山のおかげかも。バイバイ羊蹄。



湖畔沿いそのまま駆け抜ける。




そして壮瞥へ入り分岐



そのまま伊達に下りちゃっても良かったんだけど、せっかくならもう少し中を通って行った事ない所を行ってみたい。…てな感じで分岐を左へ。





ひさしぶりの田んぼ



なんか湖とか山とかばっかりだったからすごく新鮮に感じた笑
壮瞥は何度も通ってるはずなんだけど、ぶっちゃけ北海道って冬は雪に埋まっちまうからどんなとこかよく分からないんだよね。だから壮瞥ってこんなとこかーって走りながら思ってた。





緩やかな登りが続く



大滝って微妙に標高高いとこにあるから気付いたらビミョーに登ってるんですよね〜。思えばこの登り坂が後々に響いてきたんだと思うのよ。この辺りから既になんか脚が重いなーとは思ってたんですけどね笑






左を見ても


右を見ても



山!!



いつ熊出てもおかしくなさそうなんだよなぁ…。
凄まじく遅いスピードでノロノロ登ってると、水の音が聞こえる。




川?沢?



雪解け水なんかな?ザーっていい音がする。
ずーっと山道でちょっと飽きてきてたからちょっと嬉しかったー。





初夏って感じ



愛車ととも小休憩


登りはまだまだ続く


やっと登り切ったかと思えば…


路肩弱し



じゃあ強くしてくれねーかな?笑
道狭いし、交通量そこそこあったしですげえ怖かった。
ほんで坂はまだ続くよ★




初夏って感じ(二回目)


愛車愛でる



やっぱり浅葱さんは横から見るとキュート。
まあ休憩の名目に使ってる感は否めないね笑
ぶっちゃけこの辺りから少しでも上り勾配だと、ごめんなさい歩いてました。そこそこの勾配なら致し方ないけど、これ斜度2、3%ぐらいだと思うんよね…。





でもさ…


とにかくダラダラ長いんだっての!


そしてやってきた分岐



美笛。こんな字だったのね…笑
こじさんから「そっち方面ならビフエ峠だねー」って言われてたから、これみてああ納得。今日の第一関門ですね。





しばらく進むとなんか見た事あるやつだ…


そう、きのこ王国です



ここチャリダーのブログによく出てきますよねー。
なんか100円きのこ汁をやたらプッシュしてるきのこ王国。これ後からTwitterでゆーたくんから聞いたんだけど、本店支店と合わせて5店舗ぐらいあるらしいじゃない。どんだけきのこ推しなんだよ笑




中で食事出来ます


すべてきのこ料理



せっかくなんできのこ汁、ご注文です



肝心のお味はというと…



うん、きのこいっぱいだね笑


ごめんなさい、ほんとこういう感想なんですよ…。
だって俺、めっちゃキノコ嫌いだしさぁ。 なんかダシにきのこのヌメヌメが溶け出しててなんとも言えない感じで。じゃあなんで頼んだって話なんですけど、まぁ栄養素として、ね?笑



安いし、あんまり野菜食べる機会ないしね。
おにぎり食べるならみそ汁も欲しいじゃない。そんな感じです笑
きっときのこ好きにはたまらない一品だと思うのでお近く通ったら、是非是非。




個人的にはこっちのが嬉しかった湧き水


おもいっきり蛇口付いてますけどね…



まあ見た目はともかくちゃんと掘って沸いてきた水らしいです。
峠前に水が補給出来るのはありがたいねー。



しかし時刻は既に15時を回っております。
徐々に日が高くなってきたとはいえ、山に日差しが遮られ始めたのでちょっと肌寒くなってきた。さすがに半袖じゃー厳しいって事で…




mont-bell シャミースジャケット



前回の旅ではなかったミドルウェアですね。
以前は長いの入りした時にあまりにも寒くて、ユニクロで適当なジャージ素材の服買ってきてたけどあまりにも寒かったんで、今回はちゃんとしたの用意してみました。
薄手でかなり軽いんだけど、暖かくていい感じ。
さらっと羽織っていざ峠へ!



 

で、気付けば頂上だったここ



なんかねー、〇〇峠!何合目!とかないから、意外とすんなり終わったよね。ここまでと同じようにダラダラと登りだったから、既に脚ボロボロだったし変わらず歩いてたら「あれ?ここもしかして頂上??」「いやいや、油断してたらどうせ登るんでしょう?」 って少し拍子抜けしちゃったぜ。



あ…あそこ頂上だったんだ!って分かりやすくガンガン下ってきます笑





この山々しさ


 ビューンと下ってきます



そしてひとまずの目的地であるとある湖の近くまで。
もう少しってところで気になる場所があった。




変わった色した川



下りの勢い使ったガンガン漕いでた時に見えて来たから、思わず「おっ」と思って立ち止まっちゃった。こういう手前と奥みたいに色が違う変わって面白くないです?深さが違うだけなのかなぁ。私気になります!





これなんだろうね…



なんかすぐそばまで近づく為に、道路から反れて薮ん中入って行ったんだけど、これ見た時ちょっとビクッとして辺り見渡しちゃった。何かの糞だよね?ただの土の固まりが崩れただけ?んー、糞見るとすぐ熊じゃねーかなってビクビクせなアカンのが北海道って感じする笑



そんなこんなでお目当ての湖の湖畔へ!










見えねえよ!!



ぶわーって一面木が生い茂って話になんねーよ笑
ちなみにこの向こう側に薄ら見えるのが、支笏湖でございます。今迄いくつもの北海道の湖へ見てきましたが、ここは意外にも一度も行った事なかったんですよね。





苔の洞門



ちなみに道中、苔の洞門もあります。ここは以前行った樽前ガローと似たような場所らしく、当初はここが本命としてリサーチしてましたけど、崩落してて入れないまま結構経ってます。北海道は気付けばドンドン崩落して入れなくなる場所があるから残念だよね。
だからと言って、人の手を加えて欲しいって訳でもないし…んー、難しいね!





しばらく進むと湖畔へ下りれそうな道発見


 木々が光に照らされた先に
 

やっと見えた支笏湖



 絶妙な高さの太陽



太陽と呼ぶべきか夕陽と呼ぶべきか微妙な位置だけど、なんかそれが余計良く感じたかなぁ。うーんと、なんかシャンパンゴールド的な色。iphoneの色であるやつ。キラキラ湖面が光ってすげー綺麗だった。



誰もいない湖畔沿い


雲、山、湖



短い滞在だったけど、この場所良かったなぁ。





 シルエットが美しい



後ろ髪引かれつつ、先を急ぐ。
実は少し前から以前から交友のある方から連絡を取り合っていて、「支笏湖着いたら連絡してー」と言われてたんですよねー。





それがいっちさん(顔出しNGなので差し入れドリンクで笑)



出会いは利尻、そして道内弾丸ツアーに連れていってもらったりね。
越冬中にも何度かお誘い頂いていたんですが、やまとの事があったり、仕事が忙しかったりでなかなかお会いする事が出来なかったんですけど、再出発の日がちょうどタイミングがあったのでわざわざ来て下さいました!



そんなこんなで再会を果たして喜んでおりましたが、私の脚がもう限界。理想はむかわの道の駅、最低でも道の駅ウトナイ湖を目指していたけど、思った以上に脚やられてもうヘットヘト。 もう移動したくなかったんで、すぐ近くのキャンプ場へ。





モラップキャンプ場



着いた時には既に管理人さんがいなくて焦ったけど、どうやら翌朝9時に支払ってくれればいいよってシステムみたい。正直ちょっとそれじゃ遅過ぎるなーと思ったけど、本当に疲れていたのでどうせ起きれないだろ!って事でここでキャンプ決定笑





荷物はリアカーへ



ここのおもしろいシステムの一つ。
なぜリアカーがあるかというと…





テントは砂浜へ



芝生の場所もあるんだけど、大部分は砂浜なんですよね。
ここがまたスゲー綺麗で。砂浜にテント立てる経験は初めてだったので新鮮で嬉しかった。ちなみに本当は自転車ここまで持ってきちゃダメだったみたいで、翌日管理人さんにチクっとご注意を受けました笑
みなさん真似しないようにね!



そしてしばらくすると夕陽は沈み




この景色である


 贅沢な野宿




ここ正直ちょっと高い(1泊720円)んですけど、この景色見てたらそんぐらいいいやーって思わせてくれましたねー。旅再スタートとしては最高の野宿になったように思います。欲を言えば、支笏湖は星が綺麗らしいので星撮りもしたかったんですけど、生憎この日の夜は、ほぼ満月で月明かりガンガン注いでましたね〜笑




まあ旅なんてなんでも思うようにいかないもんですよ。
なるようになる。そこは再スタート後も変わらずですね。
その時その時を大事にしていきたいと思います。




それではまた!




使用金額:820円
走行距離:サイコン不良の為未計測(実際は70kmぐらい)
累計距離:6◯◯◯km(サイコン見に行くの面倒なんでまた今度)



<最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。より多くの方に目を通して頂くために、 ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、 1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. 自分のスタイルを貫け~
    生温かく見守っていくぞw

    返信削除
    返信
    1. ありがとー!!
      自分なりにいい旅に出来るよう頑張るわー!

      削除