【続・2日目】行けるところまで

旅仕様になっていない身体。

二日目、さらに状況は悪く。










どうも、hina8maです。




えー、今現在なんですけど帯広の農家さん宅より更新作業でーす。なんで農家さんの家にいるの?って感じだと思いますが、それは後ほど詳しく伝えたいと思いまーす。昨年は農作業のバイトでかなり長く滞在した地でもあるので懐かしく感じつつ、初夏のまた違った十勝の雰囲気を楽しんでおります〜。




さて、今回は旅の2日目のお話。
初日に思いのほか脚がやられまくっていたせいでかなり疲労困憊。実は出来るだけ早く…というか6月3日中に帯広まで行きたい事情もあり、かなりこの日は内心焦ってました笑






朝起きるとこれが自転車に



もっと早起きすれば良かった…笑
昨晩は管理人の方が不在で、翌朝9時迄に支払うよう入り口に看板かかってたので、早めに撤収したいとこだったけど、どうせならゆっくりしよう的なノリで爆睡してました笑
めっちゃ疲れてたしね…。


 

 管理棟へお支払いに



まあ行ったら中に係員の人いなかったんだけどね…笑
なんかゴミ捨て場の清掃してた〜。でもよく考えると普通早めに出勤してくるだろうし、それを見越してもう少し早めの撤収作業しとけば良かったかも…。



ちなみに自力で起きてません笑




いっちさんからの差し入れ



どうせまだ寝てるだろうと見越して、差し入れ片手に起こしに来てくれました!旅人ならさっさと起きて飯作るなり、撤収するなりしろって感じなんすけどね〜!!正直こういうキャンプ場には前回の旅ではまともに宿泊した事なかったので、ちょっとゆっくりしてもいいかなって感じでした。道の駅は撤収早めが鉄則ですから。



でもさっきのイエローカードが起きてすぐ目についたので、こうしてすぐ食べれる朝ご飯を持って来てもらえたのはすごくありがたかったなぁ。サクっと頂いて、撤収作業へ。





いっちさんからの差し入れその2



補給食が毎回少なくて苦しんでいた自分としてはありがたいお品。以前の旅の反省を生かし、今回から補給食はちゃんと用意していかなダメですねー。






風邪薬



これは自分で持って来てたお薬です。
まずねー、丈夫そうな身体と顔してますけど、すぐ風邪引いちゃう体質なんですよね…。で、出発前日に「あー、これ来てるな」という喉のイガイガを感じたんですが、順調に悪化しておりました笑



体調を崩さないのが大前提ですけど、ある程度整えられるように、風邪薬の他に、湿布とか脚の痛め止めとか今回から常備しております。






撤収前の一枚



モラップキャンプ場はほんといいとこだった。
いっちさん初日二日目とお世話になりました!
また近いうち道内で再会できたら、遊びましょうね!!





いきなりの登り坂



漕いで登れなくもなさそうだったけど、この時点では無理せず。まだ身体が慣れてないのは十分分かったので、消耗が激しくなりそうなとこは手押しで進んで行きます。



緩やかな下りになっていき、そのまま苫小牧方面への分岐へ。
その道がねー、すごく気持ちよかったんですよ。





両サイド木々に囲まれて


ひたすらまっすぐ



ちょうど太陽の高さもいい感じで、暖かった。
ほんの少しだけ下り勾配だったので、ペダルを回す脚も軽快。






苫小牧の市街地入り


マクドで更新作業




まあ更新出来なかったんですけどね…笑
写真の整理と現像に手間取られて、「ああ、やっぱり更新頻度上がらないなー」って思いました。写真の取り込みに関しては、SDカードリーダーとか採用してだいぶ楽にはなってるんですけどなかなか早くならないですね(汗)




あと、やっぱり身体が怠かったのでちょっと休憩挟みたかった。
二時間弱更新作業と、身体を休めていざ出発!





徐々に曇り空に



こんな感じで空を見上げてると…



虹を発見




これ以前、内陸を攻め隊を結成して名寄辺りだったかな?で見た「環水平アーク」って種類の虹だと思います。アーチ状にならずに水平に広がるんだよね。


 


市街地を進み


勇払方面へ


適度に補給を挟むためのかりんとう



これ結構チャリダーさんで補給食として採用してる人多かったので食べてみた。実は物心ついてからほとんど食べた記憶なかったのですごく新鮮でしたねー。こんな甘いんだ。





海が見えて来る


 また真っすぐな道


 むかわ町入り



もうこの時点でヘロヘロ。全然脚回らないし、サドルに座った状態だとまともに前に進まない状態になってしまったので、禁断の立ち漕ぎを発動。立つとすげえフラつくんすよねー。両手とお尻の三点で固定してないと、ただでさえ普段から両腕で押えつけてるのにハンドルの制御にもっと腕の力を使わないといけなくなるんすよね。



あと、この日ひたすら向かい風でめっちゃ体調持ってかれた…。
正直峠より、一番嫌なの向かい風だわ…。 峠は登った後、達成感もあるし、下りというご褒美(自分にとっては違うけど)があるからいいけど、向かい風はただただ侵攻の妨げにしかならんからマジで嫌いだ笑




遅めの昼食



昼飯らしい昼飯がまだだったのがよくなかったのかな。
そんな事考えながらセブンでうどんすすってると、とある方から着信アリ。
昨年長芋掘りでお世話になった農家さんですね。



実は前職である洞爺湖のホテルを退職した理由の一部になるのですが、5月中旬から末にかけて長芋の播種作業が始まるらしく、その仕事を手伝ってみないかー?とお誘い頂いていたんですよね。で、最初は出発前に公共交通機関かなんかで帯広入りしてから仕事手伝わせてもらおうかなーと思ってました。




でも旅を優先して欲しいと農家さんから言って頂いていたので、長芋のポール立てやその他雑用の仕事もあるよーって言ってもらえたので、予定通り6/1出発し、自走で出来るだけ帯広を目指すけど無理そうなら迎えにいくよーってのが、出発前からの約束になっておりました。どうしても旅を再開したら、再会したかった人達だし。



「旅慣れしてなくて疲労もあるだろうし、体調も悪そうだから迎えに行こうか?」というお話でした。



明日は夕方から雨予報だということもあり、旅優先、体調優先で動いて欲しいという事も付け加えて頂いて、最終的な判断は僕に任すとの事でした。
んー、自走で帯広入りしたかったけど脚も体調も良くないし…
でもわざわざ迎えに来てもらって、自分の旅の行程を車で通過しちゃうのもなぁ…



 そんな事を見透かされたのか


「じゃあ明日出来るだけ進んでもらって、もし雨が降ったら迎えにいく。体調優先なら雨に濡れるのはやっぱりダメ。で、チート臭くなるのが嫌なら仕事終わったら、中断した場所からまたコンテニューでどう?」


そう言って頂きました。







正直めちゃくちゃありがたかったですね。
旅に出るにあたり、「無理するな」「無茶するな」「無事帰って来い」的な事はたくさんの人に言われてましたし、前回の旅ではそういうとこの考えが足りなかったのは僕自身すごく反省すべき点だと思ってましたし。



行ける所までとにかく進む。
そんな感じで進んでましたが、本日は最早限界。
今日は早めの休息をし、明日ベストを尽くす事に。

 



むかわ四季の館へ



ここ妙な盆踊り大会してたの思い出すなぁ笑

以前は風呂は身体を綺麗にする意味だけに入ってましたが、今回は疲労を少しでも抜く目的で入浴する事にしました。水風呂と暖かいお風呂を交互に入ってみたり、ゆっくり湯船に使ってみたり、過去に出会ったチャリダーから教えてもらった方法を色々試す。





ありがたい事に休憩スペース



ここでしっかりストレッチ。
かなり太腿の筋肉が張ってたから、湿布も張りまくって、ひたすらもみもみ。





そしてブログの更新作業



宿泊施設も併設している道の駅だったので、さっさとテント建てて〜ってのはちょっとやりづらい雰囲気だったのは知っていたし、ありがたい事にフロントにお預けしてバッテリーの充電等もお願い出来たのもあるので、少し時間をつぶします。





今晩の晩ご飯



前述した通り野営行為がやりづらい場所だったので、自炊もなし。というか帯広入りしてしばらく仕事する関係もあって、そもそも最初の3日間は自炊する気はなかったりします。なのでこういう自炊が出来ないケースも考えて食材の選定もしてました。
開けるだけのフルーツ缶に、食パンに缶詰の中身+マヨネーズを挟むだけのサンドイッチ。



自炊は拘りたい気持ちは今でも強いんだけど、無理な状況で何も食べるものがないってのが一番自分の身体や精神衛生上良くないですしね。ここも教訓を生かす感じです。




とにかく「無理しない」「無茶しない」を頭にいれて、その中で出来るだけ充実した旅に出来るよう初日、二日目と行動しました。帯広まであと180kmほど。明日はどれぐらい進めるのか不安になりながらも、飲んだら一発で風邪が治ると噂のエゾエースを体内にぶちこみ、近場のバス亭で寝袋マットで就寝です。



それではまた!



使用金額:620円
走行距離:52.36km
累計距離:6237km




<最後にお願い>

ご覧頂きましてありがとうございました。より多くの方に目を通して頂くために、 ページ内のカラフルな日本一周ロゴを、 1日1回クリックして頂けるととても嬉しいです。

2 コメント:

  1. hina8maさんこんにちは、最近僕のライハ(様は自分の家なのですがw)にチャリダーさんが来る機会も多くてよくhina8maさんの話題になるのですが今回の記事にもあるとおり少々無茶が過ぎるのかなと言う所もあるかもしれないですね、まあこればっかりはご自身の判断ですし人がどうこう言う話でも無いのですが無茶をして結局人の手を借りることになることばかりになってしまってはご自身でも納得いかないでしょうし結果的に人の力を借りる前提の旅になってしまう結果になる懸念も出てくるかもしれないです。

    旅には人それぞれスタイルがありますし他の旅人がどうこう言う話では無いですがあくまで自分の考えを言うと旅というものは資金的な面や色々な面も含めて基本的には「独力でやるもの」と言う思いがあってそれを達成するためには「自分の力量を見極めてそれに沿った旅をする」と言う事も重要になってくるかと思います。

    なんか長ったらしくて説教くさいコメントになってしまって非常に恐縮なのですが旅仲間としてこれだけは言っておきたいなと思ったので勘弁してくださいw

    僕は十月頭に帯広に渡り越冬する予定ですしそれまでは茨城で自宅を利用したライダーハウス活動も続けていく予定です、もしそれまでに茨城にお立ち寄りの際は是非寄っていただきたいですし旅人同士として再会する可能性も十分すぎるほどにあると思います、とにかくいろんな方がhina8maさんの旅に注目していると思いますので楽しい旅をしていただきたいと思います。

    返信削除
    返信
    1. トミーさんお久しぶりです!

      自分なりに今回の旅のスタイルはあるっちゃあるので、今後どうしていけるかが大事なのかなーと思ってますね〜。今回に関しては予め農家さんと打ち合わせした通りの結果ですし、僕も自分の旅と体調を優先、農家さんも仕事に影響が出なければ良しという話だったので、いい選択だったかなーと思ってますよー。

      最終的に自分が納得出来ればいいと思ってますし、農家さんも快く協力してくれましたし問題はないかなと思います。負担かけた分は仕事できっちりお返し出来るように今頑張っております^^

      またどこかでお会い出来る日を楽しみにしておりますね♪

      削除