【続・13日目】別れの時…そして一年越しの再会へ

さよならまた会う日まで。

そして、一年越しの再会へ。







どうも、hina8maです。



前回から引き続き、富良野より更新でーす。
珍しく午前中でバイト終わったし、雨降ってて写真も撮りに行けないのでやっと落ち着いてブログ更新する時間が取れました。そろそろ富良野を離れる時期が近づいて来ましたし、やれる時にやれる事を。ブログもぼちぼち頑張りまっす。



それでは13日目の様子をどうぞ!







見慣れた畑とお別れ



もうこの畑ともしばらくのお別れか。
初めて来た時は昨年11月。長い芋の収穫時期でした。
霜が降りて、早朝には一桁気温になるような寒い中、日本一周チャリダーのイデップと共に、ひたすら掘り続けて、大変な仕事だったけどとてもいい経験となりました。



そして春を迎えて、こうしてまた戻って来たんですよね。
あの時一緒に働いたイデップはもういないし、やってる仕事も全然違うものだったのですが、あの時と変わらない暖かな人達に囲まれて、最後までやり遂げる事が出来ました。



もっと早い段階から播種作業に携わってみたかったし、これから収穫時期に至るまでの経過もこの目で見てみたい気持ちもありましたが…出発の時です。





朝、手渡されたプレゼント



編み物が趣味のハナさんがくれました。
なんかあみあみしてんな〜って思ったら、まさか自分宛とは…。
可愛らしい配色で、とても丈夫なスマホカバー。今も大事に使わせてもらってます。





以前、制作を手伝ってもらった看板の取り付け


取り付け方にも思い出ぽろり



実はこれ、仕事で使っていた長芋用のバンドやロープで固定しています。
ロープは引っ張る時に、これでもか!ってほど手に食い込んで痛かったし、長芋バンドもぼっこに固定する時に、クルっと回して指を抜く時に締め付けられて痛かったり。
一つ一つの作業の思い出が詰まってて、見てると思い出す。笑






いよいよ出発


一緒に食べる最後のご飯



寳龍ラーメンをご馳走になりました。
帯広走ってるとよく見かける、黄色い看板のラーメン屋さんです。
どちらかというと、麺類の中でもラーメンが苦手な人間なんですけど、ここのラーメンはとても美味しかったです。美味しいお店いっぱい知ってるんだよね、堀内さん。



駒畠にいる間に十勝の美味しいもの、いっぱい食べさせてもらいました。
ハナさんの手料理も毎日毎日ご馳走ばかりでした。
ただ仕事をしてもらうだけなら、もっと手間もお金もかからない人手はいただろうなとは思うんですけど、僕を呼んでくれたのも何か意味があるのかな。






そして迎えに来てもらったポイントへ



当初約束していた通り、回収してもらった場所と寸分狂わぬ場所からの再スタート。結構天気が悪く、夕方から雨予報だったので先にある道の駅でも…と提案してくれてたんですけど、やっぱり自分で決めたルールは守りたかったので、相談して元の場所へ。





そしてお別れの時



思えば半年ぶりの感動の再会と思いきや…
ここで潰れたカエルみたいに地面にへばってて、ちょうど堀内さんが迎えに到着してくれた同じタイミングで、心配してパトカーが止まって、堀内さんの車も止まって…なんだかもの凄く異様な光景でしたね…笑



半年ぶりだったけど、以前と変わらない笑顔で駆け寄ってくれたお二人を見た時、本当に安心しました。



ナオヤさん、ハナさん。

旅を始めたからこそ、二人に会えたし、色々あったけど、旅を再開したからこそ、こうやってまた再会を果たす事が出来ました。
本当に旅に出て良かったです。



いつか無事北海道へ戻って来たら、必ず顔出します。
本当にありがとうございました!!





お二人と別れ、旅路へ



もうすぐ日高の道の駅。
過去2回宿泊した事のある道の駅、樹海ロード日高はもうすぐそこ。
これから雨予報だし、時間も遅いしで、これからどうするかなぁ…



いやーしかし寂しいね。
日本一周再スタートした直後は、旅がまた始まったなーっていうわくわく感があったんだけど、今日のこの時はちょっとしんみりしちゃってました。



「次に会えるのはいつだろう…」




そんな事をつぶやきながら、一人寂しく道の駅へ到着。














1時間ぶりの再会である。笑






道の駅着いたらいた!笑
どうやら自分が無事到着するか心配して待ってくれてたらしい。
うは、優しすぎる!!マジ神!!!!




今度こそホントにお別れ



いっぱい心配かけてすんません!
いっぱい世話になってすんません!!

でもなんていうか…二人には申し訳ないっていうより、嬉しいとか、ありがとうとかそんな言葉ばっかり真っ先に頭に浮かんじゃいます。図々しく、厚かましいかもしれないけど、やっぱり…






ありがとうございました!!

また会う日まで!お元気で!!




今度こそ一人きり



協力して取り付けた看板をみて、またしみじみ。
とりあえず、日はそんなに落ちてなくてまだ明るいけど…





この天気じゃあなぁ…



この樹海ロード日高にいる時点で、分かる人には分かると思いますが、明日いきなりの峠越えが待っております。もう何度目になるんだ…



明日は日勝峠越えが待っております。



一度目は熱中症になりながら、みやっちと。二度目は猛烈な雨と、寒さに震えながら単独で。思い出のいっぱい詰まった峠ですねー。畜生めが。まあ今回は二度目同様に、日高側からのアタックなので比較的緩やかだと記憶しているので、今の状態でもなんとかなるでしょう。



少しでも前に進み、明日の行程を楽にしときたい気持ちもありましたが、無理は禁物ですね。





休憩室で更新作業



日没までの時間を有効活用。
もうだいぶ日が暮れるの遅くなってたし、ここで出来るだけ作業を進めておこうとPCをカタカタやっていると…僕の顔を覗き込む人、現る。





「僕の事、覚えてますか?」 




40歳前後の男性だった。
んー、確かに見た事のある顔だ。
うん、必ずこの旅中にお会いした事ある人だ。




「以前、静岡の道の駅で…」



この言葉でピンと来た!

旅を初めて、1ヶ月ぐらいの時だったかな。
道の駅「富士」ってとこに夜遅めに到着して、さっさと寝なきゃーって寝ようと準備していた時に話かけて、差し入れをくれた方でした。



車で日本各地を回ってる同じく旅をしてる人だったんだけど、自転車に荷物たくさん積んで、野宿しようとしてる姿見てすごく興味津々に話かけてくれたんだよね。お名前は吉田さんという方でした。「すげーすげー」って連呼して、目をキラキラさせていっぱい質問してくれてたんで、話す度にドンドン記憶が鮮明に蘇りました。



静岡と北海道。

遠く離れた土地で、1年以上も経ってるのに、こうやって再会するなんてものすごいよねーって二人でめっちゃテンション上がっちゃいました!
今はSNSがかなり普及してるので、今どこにいるとか、何してるとか、なにかしら情報を確認出来るようになってますけど、そういうのじゃないですしね。本当に偶然。




ただ一つ言える事は、
浅葱さんはめっちゃ目立つらしいです。



自転車を見て、「絶対これそうだよなー」って思ったらしい。
たぶんこの自転車じゃない、普通の?(って言うのもおかしいけど)積載した自転車だったらスルーしてたと思うって言ってました。この浅葱色でロングテールの荷台がデカい小径車なんて、たぶん日本中探してもこの一台だしねー。妙に納得しました。



浅葱さんに乗って旅をしてる僕自身が一番それを感じてるところもあるんですが、自転車のデザインも変わってるし、積載量も多めなので、かなり目立つんですよ。看板のデザインを一新したのもそういう部分が関係してたりします。




再会を祝し、一緒に晩ご飯へ


カンパーイ!





今日から質素な生活を…と思っていましたがなんとも贅沢な




吉田さんは今、車で北海道を回っているらしく、明日はトマムの雲海テラスを見に行くんだって。


「一人で行くの寂しいし一緒に行かない?」って言ってくれ、少し悩みましたがせっかくなので同行する事に。この日の食事もそうですが、「ゴンドラ代も気にしなくていいから僕に任せて!」となんとも豪快な方でした…笑





僕はテント、吉田さんは車とそれぞれ床へ



堀内さんとお別れしてすぐ、一年越しに奇跡的な再会を果たし、人との巡り合わせってなんかすごいなーっと感じました。これぞ、旅の醍醐味ですね。
ちょっとしんみりもしましたが、旅の日々へ戻って来たなと実感するそんな夜でした。



それではまた!



使用金額:0円
走行距離:不明(iphone交換時にメモ消失)
累計距離:不明(iphone交換時にメモ消失)




<最後にお願い>

ご覧頂きありがとうございました。
遅筆で拙い文章のブログではありますが、より多くの方に目を通して頂けると嬉しいです。
このブログ内にあるカラフルな日本一周ロゴを、一日一回クリックして頂ければ励みになりますので宜しくお願い致します。

0 コメント:

コメントを投稿