【続・17日目】さよならヤドカリさん

またもや峠を越え。

あの花の咲く町はもうすぐそこ。







どうも、hina8maです。



前回お伝えした通り沖縄県の小浜島からの更新です。
一緒に働く事になった修平さんのお家でまったり過ごしております。
バイト中に2015年分の記事をすべて更新するのが目標です(キリッ)ってほざいていましたが、いきなり雲行きが怪しくなって来ました(^ω^)
まあそれはまた次回の前書きにてお話しましょかね。



それでは17日目の様子をどうぞ!





もやしとニラの炒め煮〜。



たまには野菜も採らないとね。
サクッと朝食を済ませます。





なんでも物知りの更科さん。


みーさんのお気に入りくわまんさん。



ヤドカリ停滞メンバーイトウさん。



皆さんよい旅を。




ヤドカリにゃんこ達。


お前らも大きくなるんやで。




準備完了!





みーさんホント世話になりました!



洞爺で冬を越して、旅を再開する時に必ずまた来ると決めてました。
軽く観光して、インデアンだけ食べてる所を見ると分かると思いますが、帯広へまたやってきたのはヤドカリの家にまた来るのが一番の目的でした。

正直どのライハより設備が飛び抜けて良い訳でも、安い訳でもないと思ってます。
でもすごく居心地が良く、特別な場所だと思っています。



仲良しだったチャリダーライダーとみんなで騒いだ場所でもあるし、越冬するかどうか一人部屋に籠って悩んで苦しんだ場所でもあるし、堀内さんとの繋がりを作ってくれた場所でもあるし。ホントに色んな思い出の詰まったライハです。



また来れて良かったです。
この旅が終わる頃、顔出しますね。
それまで変わらずお元気で!



本当にありがとうございました!!




次なる目的地は富良野。



富良野と言えば、一度車で連れていってもらった事はありますが自転車ではまだ一度も行った事が無い場所。北海道の中でもラベンダーの町としてかなり有名な場所だと思いますが、昨年は内陸を攻め隊のメンバーと中に入っちゃって結局行かずじまい。
どうせ北海道から再スタートなら是非見てみたいなーと言う訳です。









こっち見んな。笑



馬とか牛とか北海道で見かけるとつい足止めちゃう。
通ってる時に目が合うとこっちに向かって来るんだよね、牛って。
あざと可愛くなくていいよね。素朴というか。

僕は素朴な女の子が好きなので、牛みたいな子がいいな。



ごめんなさい嘘です(^ω^)




特に見所もないのでひたすら走りまーす



ヘバって来たのでお弁当タイム



前日の夜におかずが作れると弁当作りやすいんですよね。
ただ、これから夏本番になってくると痛みやすくなるので弁当を作り続けるのは難しいかもなー。白米ですら危ないから梅干し入れろってよく勧められるんだけど、梅嫌いなんだよね!




進むべし


登るべし


そしてやってきました峠



富良野へ抜ける為の通る有名な狩勝峠ですね。
Twitterやらでチャリダーが富良野へ向かう時によくここの名前だけは聞いてました。
日勝峠はそれなりに登れたけど、果たしてここはどうでしょうかね…。





うーん、そこまででは無い感じ


すんなり6合目まで



日勝峠は使い回し目立ちましたけど、狩勝はちゃんとすべての看板で別の動物が描かれてるのでいいですね。それなりに愛くるしい表情なので許せます。日勝のキツネの絵とか割とマジでぶん殴りたくなりますね。笑




予報では大丈夫だったはずですが途中で雨、トンネルで凌ぎます



そして狩勝峠、制覇です!



標高700m未満ですし、楽勝ですね(^ω^)
今年の旅の再開したての頃はどうなる事かと思いましたが、日勝峠を越えた事で少しずつ自信を取り戻して来た感じですね。





せっかくの頂上もご覧の通りガスってますので一気に下りましょ。


本日の寝床、道の駅「南ふらの」に到着。





セイコマでレトルトカレー調達してお手軽晩ご飯。



ヤドカリさんでパックの白ご飯もらってたのでカレーと一緒にあっためるだけでとっても簡単ですねー。自炊自炊と言ってきましたけどこのお手軽さはとても魅力的です…。
洗い物しなくていいのがもうね…楽過ぎます(^ω^)



さあ富良野の代名詞とも言えるラベンダーちゃんは咲いてますかね〜。
開花状況などをネットで調べてたんですが…んー?
どうやらそう簡単にはいかなさそうです。



それではまた!



走行距離:ログ消失
累計距離:そのうちまとめます



<最後にお願い>
ご覧頂きありがとうございました。
遅筆で拙い文章のブログではありますが、より多くの方に目を通して頂けると嬉しいです。 このブログ内にあるカラフルな日本一周ロゴを、一日一回クリックして頂ければ励みになりますので宜しくお願い致します。

0 コメント:

コメントを投稿