【続・59日目】いざ雨竜沼湿原へ

歩いて歩いて。

待望の秘境へ。









どうも、hina8maです。



ひたすら続くダートと激坂を越えてゲートパークまで辿り着いた前回。
山小屋が利用できたおかげで余裕を持って雨竜沼湿原を目指す事が出来ました。
果たして思い描いた絶景を見る事が出来るのでしょうか…?




それでは59日目の様子をどうぞ!






サクっと朝食を済ませ、出発です。


ここまでは昨日通ったのでカット。

湿原への入り口までは、あと1800mですね。
平坦な道なら大した距離じゃないんですけどね〜。





薮まみれで足場が悪いのでゆっくりと進みます。



少しずつ視界が開けてきました。


綺麗な花ですね。
高原植物なんでしょうか?


湿原入り口はもうすぐそこ。
ここまで1時間強で来れたのでいいペースですね。





昨夜は雨が降っていたので靴がドロドロ。
環境保護の為、ここで靴底を綺麗に洗いましょう。



















丸ごと洗ってやったぜ!(^ω^)







それでは湿原を歩いていきましょう!

ここまででもう割り切ってましたけど、やっぱり天気がイマイチですね…。
霧で何も見えないよりマシですけど、綺麗な青空の下を歩いてみたかったです。





木道は基本すべて一方通行。
道なりに進んで、展望台から湿原を眺めてから戻って来るルートにします。




遥か遠くには先攻組の方々。

分かります?写真中央から左下辺りに5人組の方がいます。
200m望遠でめいっぱい寄ってもこれだけ小さくしか映りません。笑
東西4km、南北2kmほどの広さがあるので展望台まで結構歩く事になります。







しばらくすると池塘が見えて来ました!
コレ見ると湿原に来たなって感じがしますよね。





細長いものや丸いものまで形、大小も様々です。



池塘に浮いてるこの花はウリュウコウホネ。

コウホネの種類はいくつかあるみたい。
日本の湿原と言えば尾瀬が一番知名度が高いと思うんですけど、当初はこの尾瀬に咲いているオゼコウホネという花だと思われていたそうです。

ただ、一応ウリュウコウホネという固有種扱いされていますけど、個体によって成長の具合などもバラつきがあるみたいなので、やっぱりオゼコウホネじゃ…?という意見もあるらしく専門家の中では意見が別れてるらしいです。




この花はシナノキンバイソウ。

なんか知った風に書いてますけど、現地では何の花か全く分かってません(^ω^)

綺麗な花だなぁと思ったものを適当に写真撮って歩いてます。
エゾカンゾウやワタスゲなどもたくさん咲いているものだと思ってたんですけど、今年はどうやら外れの年だったみたいでほとんど枯れてしまってました。

うーん…シーズンに来たはずですが残念です。




展望台まで後少しですね。


南暑寒岳への登山道だけあって勾配ついてます。


てな訳で展望台へ到着でっす。

ここまでゆっくり写真を撮りながらで3時間弱。
歩き慣れてないのでまあこんなもんでしょう。笑




そして展望台からの眺めがコチラ。

うーん、正直手前の木が邪魔ですね…。
一面見渡せると思ったんですけど、ちょっとイメージと違いました。
そしてそれ以上にやっぱり天気がイマイチなのが痛いです。
 


あの池塘が太陽に照らされた所が見たかったな。

日が射していれば湿原の緑ももっと青々としていたと思うんですよ。
望遠で寄る時、木が入らないように構図を考えればいいんですけど僕の中で「あ、ここがいい」って思ったとこに悉く木が入り込んでしまうのが残念でした…。
もちろんそれで邪魔だから切り倒して欲しいとは思いませんけどね。





目的は達成しました。

正直ここまで来る労力を考えた時、満足のいく景色ではなかったです。
しかし高層湿原のもつ雰囲気というか空気感はいいなと思いました。
天気やロケーションに恵まれなかっただけで、他に気になる湿原があれば条件が整えば行ってみる価値はありそうですね。



山小屋に帰ってご飯。

前日一泊分の宿泊料金しか払っていませんでしたが、管理人のおっちゃんがシャワー入っていいよーって言ってくれたので身を清めて少しゆっくりしました(^ω^)



なんか昼飯で持って来たピラフ頂いちゃいました。
色々親切におっちゃんありがとうございます。







行きはダート+坂でかなり苦戦しましたが、
帰りはほとんど下りだったので結局1時間もかからずに戻って来れましたね!
その後は雨竜の道の駅に戻り、おっちゃんピラフ食べてサクっと就寝です。




しかし、浅葱さんよく頑張ってくれました。
ダートとはいえ下りだと結構スピードが出るので、かなり衝撃来るだろうなーと思ってたんですけど、フレームがよく撓るからでしょうか?あまり疲労感無く乗ったまま走れました。

計画的に無理のないよう進んだとしても自転車への負担は軽減されませんからね…。
未だパンクは一度もせずよく走ってくれてます。
悪路を走る度に思いますが、無理させてごめんね。



さて、今回の記事を見て頂いた方はどういう印象を持ったでしょうか?

雨竜沼湿原、綺麗でしたか?それともそうでもなかったですか?
批判するつもりは全くありませんが、僕は今回あまり感動しませんでした。
本当に美しい場所だろうなと感じたからこそ、より美しく見る事が出来る状況ではなかったのがとても残念だな〜と思いました。



毎度報われるのが旅ではありませんしね。
ここは切り替えて明日からまた頑張っていきましょう!




それではまた!




走行距離:29.10km
累計距離:7416km




<最後にお願い>
ご覧頂きありがとうございました。
遅筆で拙い文章のブログではありますが、より多くの方に目を通して頂けると嬉しいです。 このブログ内にあるカラフルな日本一周ロゴを、一日一回クリックして頂ければ励みになりますので宜しくお願い致します。

2 コメント:

  1. 自分が湿原に行く時は、それなりに期待するんですが
    結局まぁボチボチかなっていつも思います(笑)
    陸や展望台だと、なんか定型的というか紋切り型の構図になるんですよね。
    ドローンとか川の中から(カヌーやカヤック)だとまた違ってくるのかもしれません。

    それはともかく、人の表情を撮るのも、これまた凄いですねぇ。
    風景と違って短時間で少ない枚数でイイ表情を撮れるのが素晴らしいです。
    よほど乗せるのがうまいと見た(笑) 失礼。
    少しイメージが変わりました。

    返信削除
    返信
    1. 僕も今回構図選びがすごく難しい印象を受けましたね…。笑
      もっとアクティビティな状況で撮ってみると面白い写真になるとは思うので同意です(^ω^)

      うーん、僕人撮りはすごく苦手なんですけど、たまに写真を褒められる時は人の写真が多かったりするのは面白いなと思います!人と会話をするのは楽しいのでそういうのが写真に出てるのなら嬉しいですね〜。

      削除