【続・78日目】懐かしき道

この道を進めば。

蘇る当時の記憶。








どうも、hina8maです。




かれこれ1年以上旅をしているので、当然色々と思い入れのある場所やそうでない場所もあるのですが、同じ道を走るとより鮮明に当時の記憶が蘇って来ます。
あれからどれぐらい成長出来たのかなぁと懐かしみながらの一日でした。




それでは78日目の様子をどうぞ!




千曲市にあるなんかよく分かんない公園で起床。(適当)
真っ暗だったので公園の名前とかよく分かんなかった。笑

しかしホントテント建てなくなったなぁ。



the レトルト(^ω^)
お弁当に入ってて嬉しいおかずNo.1ですよね!



梅干し入りおにぎり…。

ああ、見てるだけで顎がじわっっとしますねぇ…。
腐りにくくする為には致し方なし。



はい、そんなこんなで出発致します!
ご覧の通り、陽が差して気持ちいいです。



空も青いです!


しばらくして長野市入り。


















もうね、ひたすら走ってるだけなんですよこの日。笑
特に見所もありませんし夕方から天気が崩れる予報だったので、ちゃっちゃと進んでしまおうという魂胆でした。



そしてこの辺りで気付いたんですよねー。

ここ、昨年渋峠を越えて麓の道の駅で一泊しようとした所、ホモのおっさんに執拗に絡まれて疲れ果てた身体に鞭を打ちナイトランで走った道なんですよ。笑




懐かしの道の駅『花の駅千曲川』へ


とても綺麗な道の駅です。

渋峠から下った翌日、疲労がかなり蓄積されていたのでここで停滞したのをよく覚えています。愛知でお会いした方との再会を果たして、色々と提案頂いたご厚意にどのぐらい甘えて良いのか悩んだり、楽しくお酒を酌み交わしてお話したり、このブログタイトルが刻印されたボールペンを頂いたり。


色々と思い出しますね。
こうして同じ道を走る事になるとは一年前には思ってもいませんでした。




ここから新潟を目指して進みます。

道中車で走っていた方が、先に待っていて話かけてくれました。
そこから「旅の話を聞かせて欲しいから泊まっていかないか?」とお誘い頂いたんですけど…誠に勝手ながらお断りさせて頂きました。

明日みたいとこを色々計画もしていましたし、少し進行方向からずれる事もありましたので。

今思えばここでご厚意に甘えていれば、明日の朝に起こる悲劇も回避出来たかもしれません。それはまた次回のお話です。





去年はあれだけ苦労した坂も軽ーく越えて下りスイスイ。
当時は結構しんどかったアップダウンのはずですが、なんて事のない道に感じました。



予報通り天気崩れて来ました。


このトンネルを越えた辺りでパラパラと雨が。


本日の寝床、道の駅『信越さかえ』に到着。
ギリギリセーフですねー。



大きな軒にベンチがありますので雨を凌ぐには問題なしですね。



…ということで今日はここまで!

この日も思うほど距離が伸びずぶっちゃけかなり焦ってますが、雨の中無理に進んでも状況は悪化するだけですので大人しくここで一泊する事に。

ホント走るだけの一日でしたけど、色々と思い返して懐かしく感じた一日でしたね。
こうやって同じ道を走ると少しは成長したのかなと感じましたね〜。



しかし、人間はそうそう根本は変わらないものです。
秋田の『大曲の花火』へ間に合うかかなり微妙な進捗の中、”あの時”と同じ過ちを繰り返してしまう事をこの日の僕は知る由もありませんでした。




それではまた!




走行距離:80.00km
累計距離:8228km




<最後にお願い>
ご覧頂きありがとうございました。
遅筆で拙い文章のブログではありますが、より多くの方に目を通して頂けると嬉しいです。 このブログ内にあるカラフルな日本一周ロゴを、一日一回クリックして頂ければ励みになりますので宜しくお願い致します。

0 コメント:

コメントを投稿