【続・81日目】クラゲの楽園

目の前に広がる非日常。

光輝くクラゲ達。







どうも、hina8maです。



山形に入り、秋田も目前に迫って参りました。
ギリギリなんとかなりそうな進捗にはなってきましたが、特に観光もせずトラブルの対処と距離を伸ばすため走り続けるだけの毎日がちょっとイケてませんね。
…ということで今日は見たかったあの場所へ。



それでは81日目の様子をどうぞ!





道の駅『あつみ』の情報館にて起床。

畳での雑魚寝はかなりリフレッシュ出来てありがたかったですね〜。
なんか手持ちの適当な食料を突っ込んで足早に出発準備です。

 


海沿いを少し進んで…



『クラゲドリーム館』へ到着です。


山形県唯一の水族館で、クラゲの展示の数は世界一でギネスブックにも認定されているらしいです。


ここは昨年どうしても行きたかったのに、たまたまリニューアル前で見る事が出来なかったんですよね。縁がなかったんだと諦めようと思っていたんですけどこうして同じ道を走り秋田を目指す事になったからには行くしか無いでしょう!


今回かなり写真多いのでサラっと流しめでいきましょう(^ω^)







いきなり魚うじゃうじゃー。


亀スイスイ〜。





…てか、クラゲは?(^ω^)



はい、最初はこんな感じでした。笑
ここから一気にクラゲ写真いきまーす。
展示されていたクラゲはほぼすべて載せますので、
今後自分の目でしっかり見たいんだ!って方はネタバレ注意です!!





































こんな感じでめちゃくちゃたくさんのクラゲが展示されてました!

最初、名前とかも全部写真に収めてて全部紹介していこうかと思ったんですけど、そんなのクラゲマニアぐらいしか喜ばないだろうし、そういう人は既に自分で行ってると思うのでバッサリとカットです(^ω^)



みなさんはどのクラゲちゃんが好みでしたか?

僕のお気に入りは写真10枚目の『コティロリーザ・ツベルクラータ』ちゃん!
英名で『Fried Egg Jellyfish』と呼ばれていて、目玉焼きみたいなビジュアルがなんとも可愛いらしいです!


 




終盤、目に飛び込んで来たのがコチラの水槽。
この七色に輝く水槽ですが、中にふわふわ漂っている物体はすべてクラゲです (;´Д`)

その名も『レインボークラゲ』です。
まんまですね。笑
 




一体何匹のクラゲがいるんでしょうか…。


少し大きめのクラゲと先ほどの小さいクラゲの水槽と二種類用意されています。





とても幻想的且つ、非日常的な光景。




最後は超巨大な水槽!

どこもかしこもクラゲだらけでしたね〜。
クラゲの飼育ってとても難しいらしんですけど、
これだけの種類と数だと管理がホントに大変そうですね…。
でも普通の水族館では見る事が出来ないこの光景はとても素敵な空間だと思いました。

今後もたくさんの方をクラゲ萌えにする為にも頑張って下さい!(^ω^)





さあ、ここからはしばらくはひたすら走ります!


海沿いから〜。


市街地を走り〜。



適当に補給して〜。


一旦、寄り道のため山の方へ。


遊佐方面へ。
既に案内看板でネタバレくらってますね。笑



ゆるーい坂を登り切って…


『玉簾の滝』へ到着!



周辺には杉の大木があり、パワースポットとしても有名らしいです。


素晴らしい滝です。

落差63mで山形県では随一の高さだそうです。
周りの青々とした感じと岩肌の質感がとてもいい感じです。




こういう森の中にひっそりとした佇まいが涼を感じます。
まあ今日は気温も高くないので、普通に涼しいんですけどね。笑


ひさしぶりに滝成分を補充出来て、大満足です(^ω^)





最短ルートで海沿いに出る為通った道がまたおかしなとこでした。

残念ながらこの辺りから徐々に小雨にやられ出します。
そして、ここ遊佐町には『丸池様』という素晴らしい池があるんですよ…。
とても神秘的な青い池で、北海道の『神の子池』に似た雰囲気らしいんですけど、過去にその存在は知っていたのに急ぐあまり、この辺りにあるのに気付かずスルーしてしまいました。池、湖フェチのhina8ma的には完全にやらかしてしまいました。

ここはいつか必ずリベンジしたい…。





軽く補給いれときます。
既に100km目前とかなりのハイペースで飛ばして来ましたが、不思議と身体が軽いです。



道の駅『鳥海フラット』を華麗にスルー。
ここでカレー作ったり、職質されたりと色々とまあ思い返されますね。笑

去年はここで一泊しましたが、まだまだ走ります。




もう一つ気になっていた『十六羅漢岩』へ。


遊歩道沿いに歩いていくと…


たくさんの仏様が岩に彫られていました。

これだけたくさんの羅漢像を岩に彫刻するのってすごいですよねー。
ここの岩は鳥海山の噴火により流れ出た安山岩という少し柔らかめの岩なのでこういう事が出来るそうです。ちなみに十六羅漢というぐらいなので磨崖仏は16体だと思いきや、実は22体いるそうです(^ω^)




是非、22体すべてコンプリートしてみましょう!(適当)

ちなみにパっと見であまり興味が沸かなかったので、すぐにその場を立ち去りました。笑
奇岩、巨岩、岩肌なども好物ですがここはちょっと人工的過ぎでしたね… (;´Д`)



ひたすら走(ry


そしてついに秋田入りいいい!

しかし大仙市まではまだまだ距離があるのでもう少し距離を縮めたい。
まだ止まれないぜ!!




道中に道の駅を発見しましたがペダルを回し続け…


道の駅『にしめ』へ

まだ…もう少し…と思ってたけど、雨足が強くなったのでここでギブです(^ω^)
そこそこ観光や寄り道をして走行距離142kmなら合格ラインでしょう…。





アベレージは20kmオーバー

個人的にはかなり頑張ったんじゃないかと思います。
信号待ちでの停車やその前後では速度落としますし、走って時の巡航速度はだいたい23、4kmぐらいずっと出てたんじゃないかな…そのせいですごく疲れました (;´Д`)


そしてこの道の駅で久しぶりに旅人との出会いがあります。


彼はじゅんちゃん。

旗に書いてあるように旅する先生です。笑
教員免許を持ってるとかだっけかな?まあ先生らしいんですけど、色んな学校で講演をしながら日本一周してるチャリダーさんです!久しぶりに誰かと過ごす夜はなんだかすごく久しぶりな気がしました。




じゅんちゃんってホント愉快ですね!(^ω^)
もうヘトヘトなので夜も適当に済ませちゃいます。



そんな訳で目的の大仙市まで残り60kmほど。
一時は本当に間に合わないんじゃないかと思いましたがなんとか間に合いそうで一安心。当日に撮影場所へ行く事になるので出来るだけ早く辿り着いていい場所を確保したいところですが、そううまく行くかな…。

あと、もう一つ気がかりなのが…天気です。
今日もパラパラと降っていましたが、明日もどうやら降りそうな感じ…。
ここまで来て中止とは正直シャレにならないんですが…(^ω^)

まあ出たとこ勝負、行くしかありませんね。
果たして日本一の呼び声の高い『大曲の花火』は無事打ち上がるのでしょうか?




それではまた!




走行距離:142.86km
累計距離:8597km




<最後にお願い>
ご覧頂きありがとうございました。
遅筆で拙い文章のブログではありますが、より多くの方に目を通して頂けると嬉しいです。 このブログ内にあるカラフルな日本一周ロゴを、一日一回クリックして頂ければ励みになりますので宜しくお願い致します。

0 コメント:

コメントを投稿