【続・95日目】希望を胸に岩手へ

希望を胸に。

岩手へと進みます。




 

どうも、hina8maです。



ついに岩手編の開始ですね…。
ちょうど今屋久島で滞在している理由も気分がいい理由ではありませんので、それも相まってなかなか書くのがしんどい (;´Д`) ですがそれも旅の一部です。
しっかりとすべて書き綴りたいと思います。



それでは95日目の様子をどうぞ!




今までの曇り空が嘘のような快晴です。
予報では雨マークもついている感じでしたが、この後はどうなんでしょうね…。



mikamiさんが朝食を準備してくださいました。
奥様のお料理ホント美味しいです。。



今履いてる靴がボロボロだったのでアウトドアショップへ
生憎サイズがなかったので保留です。どのみちどこかで用意しないとなぁ…


出発前にmikamiさんからグローブを頂いてしまいました。

今使っていたものを無くしてしまったので、買い替える迄にと渡して下さいました。
旅の初期使っていたrin projectのグローブをすごい気に入って使っていたんですけど、「あれかっこよかったよー」って言ってもらえてなんか嬉しかったです。笑

気が向いたらまた新しいの買うかもなのでそれまで大切に使わせて頂きますm(_ _)m



何度も繰り返しになりますが、ホントお世話になりっぱなしでした。
mikamiさん、ホントにありがとうございました!



市街地を抜けて


海沿いをひたすら南下、岩手方面へ。 


徐々に雲行きが怪しくなってきました…。

うーん、降りそう…ここから数十m戻った先に雨を凌げそうな場所があります。
ここで少し待機する事に。




そしたら猛烈な通り雨。
ちょうど通りがかりに公衆トイレがあり助かりました…。



10分後には驚くほど晴れました。

うーん、今日は降ったり止んだりな気がしますね…。
iphoneの雨雲レーダーのアプリで数十分おきにに雲の動きをチェックしながら進んで行く事にしましょうか。



ちょうど同じく雨宿りされている方から差し入れを頂きました!

いやぁ嬉しいなぁ。少し早めのお昼として頂きました。
最近落ち込み気味でしたがよく考えれば八戸でも色んな方にすごく優しくしてもらいましたし、前を向いて行かなにゃならんですね!日々の楽しみも積極的に見つけて楽しい旅路にして行かねば。




先ほどと同じアングルです。
同じ景色とは思えないぐらい晴れました!



こうして晴れ間が出ると岩肌も立体感が出て素敵だー!


しかし数十分後には…(;´Д`)

ちょうど進行方向から後ろに振り返ったらこんな感じで雲が迫ってました。
雨雲と追いかけっことかちょっとカンベンですよー。



なんたってアップダウンきっついですもん。

東北太平洋側といえば鬼畜で有名なリアス式海岸です。
国道でいえば45号ですね。確か青森の場合はまだ若干内陸気味だったのでここは45号線ではなくもっと海沿いを走っていたのですが逆にそれがしんどかった…。
 


また雨宿りー


急に虹が見えた!


そして晴れ間がやってくる。
これほど天気がコロコロ変わるのは久しぶりです。



そしてこの「津波浸水区間」の看板。

この看板を見て初めて岩手県に入った事を知りました。
変な道通ってたからか、カントリーサインは見つかりませんでした。
なんというか岩手に入ったと分かった途端、ちょっと緊張した事をよく覚えています。




繰り返しのアップダウンを越えて




市街地で明日の準備をします。



それは写真です。

手紙で予約した宿ですが、ここから30kmほどの距離。

宿泊するのは明日になるんですけど、前回の記事で書いた通り、懇意にしているアーティストに渡すプレゼント持参するようにと言われていたので、写真を用意してみました。
印刷するだけで写真と呼べるかも知れませんが、僕は飾ってくれて初めて写真になると考えていたので安いながらもフレームに入れたいと思っていました。




そして本日の寝床、道の駅「くじ」へ




まだ完全に暗くなる前に辿り着けて良かった。
24時間開放の休憩所があるのでそこで一泊…と思っていたのですが…。
ここでとある建設会社で専務をやっているという方に話かけて頂きました。


「よかったらうちで少し働いていかないか?」


思いがけないお誘いでした。

東日本大震災から既に4年以上経過していましたが、もし何か人出が必要な事があれば手伝いたいなと思っていました。ボランティアという形ではなくちゃんとした仕事として紹介して頂けるというのです。ちょうど人出が欲しい時期で短期間でもOKとの事でした。

特に頼る宛があった訳でもなく、こうして誘って頂いたのは何かの縁だと思いました。青森でもたくさんの方にお世話になりましたし、今日ここに来る迄も差し入れを頂いたりして、やっぱり人との繋がりは大事にしなきゃなと思いました。

ここでお世話になりたいと返事をしました。




道の駅ではなく、寝床も提供して頂けました。




近くに以前の建設現場の宿舎があったそうで車で誘導してくれました。
お酒や食事迄出して頂き、これから自分なりに岩手での復興支援を考えているのに申し訳ないなと思いましたが、ご厚意に甘えさせてもらいました。



このままずっと南下していくと大槌町という町があります。
仕事内容としては、防潮堤の建設作業があるのでそこで補助として働くと事になると紹介して頂き、1週間以内にそちらに向かう約束をしてお別れをしました。



正直に言うと、期待に胸いっぱい…という訳ではなかったです。
でも新しい出会いがあり、そこからまた別の経験が出来ると思うと、今のもやもやしていた気持ちも何か晴れるんじゃないかと思う所が結構あったんですよね。

それに明日は色々調整に苦労して、この旅で言えば初の宿での宿泊!
これは素直に楽しみでしたし明日はきっといい日になるでしょう!!



…と思っていました。詳しくは次回。



それではまた!




走行距離:74.20km
累計距離:9144km





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ



ブログランキング登録中です。
1日1回クリック頂けると嬉しいです。

0 コメント:

コメントを投稿