【続・108日目】とにかく前を向いて

色々あったけれど。

前を向いて進むしかありません。







どうも、hina8maです。



今回は、大槌町でのバイトを終えて再出発するお話です。
前回の記事でもお話した通り、色々と残念な感じで終わってしまった事により、相変わらず気分の乗らない一日だった事を良く覚えています。この時期が一番気持ち的にはどん底だったので、後は上がる一方だし気持ち切り替えようと思って走ってました。

まあ、そううまくいかないのが僕の旅なんですよね…。




それでは108日目の様子をどうぞ!




大槌の宿舎を離れしばらくすると…

津波の爪痕を見る事となります。フェンスがぐにゃぐにゃに曲がってますね…。
ちょうど大槌の滞在中に商店へ買い物に行った時に通ってるので、ここは既に目にしていたんですけど最初見た時はゾっとしたもんです。

こういった震災を連想させる風景を今日走っていて何度も見かける事になりました。



今日もアップダウンとトンネルの連続。


この日も多くのトラックが走っていました。

東日本大震災のことを頭がぐるぐると駆け巡る中、すれ違うトラックに巻き込まれないよう神経すり減らしながら走ってました。走り出しから気付いていたんですけど、どうにもブレーキの効きが悪くこのままでは危ないと判断。



予備のブレーキパットと交換です。

こうしてみるとかなりすり減ってて危ないですね…。
大槌町にいる時にメンテナンスしておけば良かったんですけどね…ホント何もする気力は起きなかったので今こうなってる訳です。



よく見るとスポークも折れちゃってました…。


ニップルの根元から折れたので代用できず。

ただ、こんな事もあろうかと予備のニップルも常備しているので、なんとか切り抜ける事に成功。スポークもニップルもホント常備しといて良かったなと痛感です。



色々ついでにリムテープも交換。


よし、バッチリ。

道の狭さや交通量の多さを考えると、いつにも増してメンテナンスはしっかりとしないといけないですね。



釜石市入り。



アップダウンにトンネルに登坂車線。
ひたすらこの連続です。


森の中から物音が聞こえたと思ったら…鹿でした。

この旅で鹿は珍しくもなんともないんですけど、 今年内地では初めて見かけたのでなんだか懐かしくなりました。北海道が懐かしい。




今日も路側帯がほぼ皆無→対向車線側の歩道激狭のコンボです。

積載した自転車だとホントギリギリで走りにくかったです…。
柵があるので車道に投げ出される可能性がないだけマシですが、向かい側から誰か歩いて来てたらすれ違う事できないぐらいの幅でした。



こんな感じで突然歩道がなくなるので注意。


トンネルがどこも結構長いのも辛いとこでした。

すぐ横を大型トラックが何台も掠めるので、そういった意味でも精神的にヤられてたと思います。こんなに走るの怖い道もなかなかないと思う。



そして大船渡市入りです。


ちょうどここからの展望がなかなか良かった。
晴れていれば…とも思いましたが、もはや岩手入ってからは初日以外ほとんど青空を見ていなかったのでもう慣れてしまいました。




その後も何度も何度も繰り返される登坂車線にペースを掴めず。


道の駅「さんりく」へ到着。

道中のメンテやこの区間の走りづらさから全然距離稼げず。
予報では明日は一日雨予報なので停滞しやすい場所にしたかったんだけど、これだけ暗くなってしまってはここでストップせざるを得ないですね。
少し広めの軒下が隣にあったのでそこにテント張って就寝です。



んー…やっぱテンション低いですね…(;´Д`)

大槌町からの流れと天気の悪さ、走りにくさに、震災後の景観を見ながら…となると、これで気分が上がるほうが難しいんじゃないかなと思います。こればっかりはもう素直に気分が乗らないので仕方がありません。ほんの少し何か歯車が噛み合い出せば、途端に気分が晴れやかになったりするもんなんですけどねー。

今はそういうタイミングだと言い聞かし、ひたすら我慢だと思いました。

さて次回は大雨予報なので道の駅に停滞するだけとなります。
でもそれだけではなく、明け方に恐ろしい経験をする事になったのでした…。




それではまた!



走行距離:46.29km
累計距離:9358km




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

ブログランキング登録中です。
1日1回クリック頂けると嬉しいです。

0 コメント:

コメントを投稿